2歳新馬直後

 

2019年9月29日 2歳新馬 芝1800m 中山競馬場

1着:ポタジェ 牡2 (川田将雅)
2着:ハーレムシャドウ 牡2 (福永祐一)
3着:ドリームメッセージ 牡2 (丸山元気)

レースタイム:1:50.1(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
大きく立ち遅れてしまったポタジェは1~2コーナーまで最後方からレースを進めて行った。途中で外めに持ち出すと、向こう正面で一気に前へ押し上げ好位まで。4コーナーでジワッとエンジンをかけ出すと、直線では豪快に突き抜けてデビュー戦を危なげなく初白星を飾っている。さすがの良血馬という走りで、まだまだ子供っぽさが残っており馬体面含めて心身の成長が伴ってくればかなりの競走馬になる可能性は十二分だ。
 

2歳新馬直前

 
エタリオウと併せて先着して見せたポタジェ(左)

エタリオウと併せて先着して見せたポタジェ(左)

via google imghp
 
さすがにこの血統、厩舎、オーナー、鞍上という事になれば初戦から度肝を抜くパフォーマンスを期待しても良いだろう。マンハッタンカフェで重賞クラスを輩出した母ジンジャーパンチにディープインパクトを掛け合わせたポタジェ。全兄姉もしっかりと勝ち上がっており、これでデビュー戦惨敗を喫する様な産駒は出ない筈だ。後は友道厩舎の腕の見せ所だが、金子オーナーのお眼鏡にかなっているのだから夢見るはGⅠタイトルか。
 

ポタジェ

 
ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
2018年のセレクトセールにおいて金子真人氏が1億9000万円で落札したポタジェ。半姉に重賞4勝、怪物と謳われたルージュバックがいる血統である。父がディープインパクトになって上位互換された様なイメージだが、3つ上の全姉が余り走っていないのは気掛かりな点。とは言え、神馬眼を持つ金子氏のお眼鏡に適った本馬だけにそれ以上の期待値が掛かってくるのは無理もない。馬体重は春の段階で480kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ジンジャーパンチ Awesome Again Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Primal Force Blushing Groom
Prime Prospect
Nappelon Bold Revenue Bold Ruckus
More Revenue
Sally Go Gray Wise Exchange
Surreptitious


 

兄弟馬

 
ルージュバック(ジンジャーパンチ2012)

ルージュバック(ジンジャーパンチ2012)

牝馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:18戦6勝(6-2-0-10)
主な戦績:毎日王冠、オールカマーなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.5pt

 
母は米G1馬で、当馬の兄弟はほぼ全馬勝ち上がっているものの活躍馬はルージュバックのみ。特に当馬と同じディープインパクト産駒はふるっていない結果が続いているだけにここも半信半疑。ファミリーに日本実績馬もいないので強調材料としては弱い。
 

前評判

 
姉ルージュバックも余り使い込めなかった様に、一族的に体質の弱さが少しネックにはなって来そうな雰囲気もある。特にその点、金子氏がクラシックに向けて躍起になるタイプでも無いだけに、じっくり使われると使い出しが遅くなるか、もしくは1戦毎の感覚が異様に開くという可能性も否定は出来ないだろう。それでも馬自身のポテンシャルは非常に高そうで、育成スタッフも隠された“ギア”があるとコメントしていた。金子-友道の黄金ラインがまたしてもタイトル獲得なるか。
 

馬名の意味

 

家庭菜園(フランス語)

 
金子氏らしいネーミング、遂に流行りはハワイからフランス語へ?

関連記事

関連タグ

著者