叩き合いこそこの馬の真骨頂

 

2018年07月21日 2歳新馬 芝2000m 福島競馬場

1着:ボスジラ 牡2 (田辺裕信)
2着:コルク 牡2 (丸田恭介)
3着:ゲインスプレマシー 牡2 (内田博幸)

レースタイム:2:04.6(良)
レース上がり3ハロン:36.7
勝ち馬上がり3ハロン:36.6
 
好発から逃げ馬の直後を追走したボスジラ。向正面では外目に進路を確保すると、4コーナー時点で持ったまま進出。直線早めに先頭へ立つと、外からコルクが並びかけ一旦は抜かれそうな勢いで追い出しに掛かった。しかし、この一族はキレこそ無いが並ばれると抜かせない根性の塊。そこから更にギアを入れて加速すると、やはりキッチリとリードは保って堂々と1着でゴールを切った。ズブさもあり、使われてこその馬でここからどんどんパフォーマンスが上がって行くだろう。
 

ディープ産駒らしさの無いタイプ

 
管理する国枝栄氏も『ディープインパクトだけど、むしろスタミナがあって持続型だね』とのコメントを残している。仰せの通り、上の兄弟も全てが厳しい競馬でタフさ勝負となった時に力を発揮して来た。これはやはり叔父にクロフネを持つ母系の血が色濃く出ているのだろう。そういう意味でも新馬に福島コースを使うというのは大正解。稽古は目立たないが実戦に行って良いタイプ、これも一族共通の傾向である。
 

ボスジラ

 
ボスジラ(ミスパスカリ2016)

ボスジラ(ミスパスカリ2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスパスカリ
母父:Mr. Greeley
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ミスパスカリ Mr.Greeley Gone West Mr.Prospector
Secrettame
Long Legend Reviewer
Lianga
ブルーアヴェニュー Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
コレラ


 

兄弟馬

 
マウントロブソン(ミスパスカリ2013)

マウントロブソン(ミスパスカリ2013)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスパスカリ
母父:Mr.Greeley
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:13戦5勝(5-2-0-6)
主な戦績:スプリングステークスなど
via google imghp
 
ポポカテペトル(ミスパスカリ2014)

ポポカテペトル(ミスパスカリ2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスパスカリ
母父:Mr.Greeley
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:14戦4勝(4-1-1-8)
主な戦績:菊花賞3着など
via google imghp
 

近親馬

 
クロフネ(ブルーアヴェニュー1998)

クロフネ(ブルーアヴェニュー1998)

牡馬

父馬:フレンチデピュティ
母馬:ブルーアヴェニュー
母父:Classic Go Go
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:Nicholas M.Lotz(米)
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:10戦6勝(6-1-2-1)
主な戦績:NHKマイルカップ、ジャパンカップダートなど
via google imghp
 

血統評価:2.5pt

 
クロフネの半妹である母の産駒としては、父がディープインパクトの牡馬だと全馬勝ち上がっており半分がクラシックにのっているのである程度信用していいだろう。ただそれ以外の強調材料はない。
 

前評判

 
デビュー前ではあるが、モッサリとした大跳びのフットワークで走る姿が容易に想像できる。スピードに乗るまでの時間が長そうで最初の内は押し気味の追走になるかもしれないだろう。とは言え、スタミナは豊富でとにかくバテないのが強み。少々の強引な競馬は許容範囲内で、ガンガン走っても使い減りしない一族なので開花前から早めにデビューするのは得策と言える。
 

馬名の意味

 

石灰で出来た白亜の大地(カザフスタン)

 
金子真人氏お得意の海外地名シリーズ。最初は『?』と思う馬名でも、不思議な事に走って来ると耳馴染みが良くなって来るのである。

関連記事

関連タグ

著者