2歳新馬直前

 
半兄ブラックスピネルは重賞戦線で活躍する現役馬

半兄ブラックスピネルは重賞戦線で活躍する現役馬

via google imghp
 
母系を辿れば曾祖母に繁栄を誇るキャサリーンパーがいる優秀な一族の出自ベスビアナイト。母モルガナイトも数々の実績馬を輩出している様に、さすがにこのファミリーは代々その遺伝能力をしっかりと伝えている。アグネスデジタルの肌は融通性に富み、父の良い所を引き出す良い繁殖の母体。ルーラーシップ産駒だけに中長距離向きの1頭と判断した上での2000mデビューとなったのだろう。国枝厩舎のエースとなるか、鞍上は三浦皇成騎手がスタンバイ。
 

ベスビアナイト

 
ベスビアナイト(モルガナイト2017)

ベスビアナイト(モルガナイト2017)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:モルガナイト
母父:アグネスデジタル
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
如何にもルーラーシップ産駒らしい筋肉量が豊富で丸みを帯びた馬体。本格化はまだ先で、これから徐々に作りも出来上がって行くのだろう。そもそもモルガナイト産駒が晩成傾向なだけに、9月にデビューが出来る事自体が順調な証拠。間に合えば来春のクラシック戦線、遅くとも来秋の頃には同世代のトップ集団に名を連ねていてもおかしくない素材である。
 

血統構成

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
モルガナイト アグネスデジタル Crafty Prospector Mr. Prospector
Real Crafty Lady
Chancey Squaw Chief's Crown
Allicance
タンザナイト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャサリーンパー Riverman
Regal Exception


 

兄弟馬

 
ブラックスピネル(モルガナイト2013)

ブラックスピネル(モルガナイト2013)

牡馬

父馬:タニノギムレット
母馬:モルガナイト
母父:アグネスデジタル
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:28戦5勝(5-4-1-18)
主な戦績:東京新聞杯など
via google imghp
 
モーヴサファイア(モルガナイト2014)

モーヴサファイア(モルガナイト2014)

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:モルガナイト
母父:アグネスデジタル
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田和美

通算成績:14戦5勝(5-4-0-6)
主な戦績:但馬ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
アロンダイト(キャサリーンパー2003)

アロンダイト(キャサリーンパー2003)

牡馬

父馬:エルコンドルパサー
母馬:キャサリーンパー
母父:Riverman
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦5勝(5-1-2-8)
主な戦績:ジャパンカップダートなど
via google imghp
 
マリアライト(クリソプレーズ2011)

マリアライト(クリソプレーズ2011)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:久保田貴士厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:20戦6勝(6-2-5-7)
主な戦績:宝塚記念、エリザベス女王杯など
via google imghp
 
ダンビュライト(タンザナイト2014)

ダンビュライト(タンザナイト2014)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:19戦4勝(4-1-4-10)
主な戦績:AJCC、京都記念など
via google imghp
 

血統評価:3.6pt

 
キャサリーンパーの一族で2代系統のひとつタンザナイトのファミリー、当馬の母父はアグネスデジタルと少し見劣るがそれでも重賞馬を出しているように今以上の産駒成績が出てくる雰囲気もあり日本有数の血統だろう。
 

前評判

 
最終追い切りでも馬也のまま、強い負荷を掛けずに一度競馬を使う形となったベスビアナイト。国枝栄調教師も、『良くなるのはまだ先。走る気持ちはもっと欲しいが馬っぷりは悪くない』とある程度、長期的なスパンで考えているのが良く分かる。とは言え、良血馬で一族はどれも優秀な馬ばかり。発展途上でもある程度の内容で初戦を終えてくれるのではないだろうか。いずれは頭角を現す筈だ。
 

馬名の意味

 

宝石名

 
この一族特有の宝石シリーズによるネーミング。

関連記事

関連タグ

著者