カシオペアステークス直前

 
国枝厩舎の看板馬で古参クラスとなるプロディガルサン

国枝厩舎の看板馬で古参クラスとなるプロディガルサン

via google imghp
 
どのクラスにおいても掲示板に乗る堅実な走りを見せているプロディガルサン。特に前走の京成杯オータムハンデキャップは終始大外を回らされる競馬でも、直線では眼を見張る追込みで5着入線と気を吐いた内容だった。重賞クラスでこの競馬なら、オープンクラスに戻れば頭まで想定できる1戦となるだろう。鞍上には新人騎手で腕に定評のある斎藤新騎手がスタンバイ。フレッシュな騎乗で良血馬を上手くエスコートして欲しい。
 

京成杯オータムハンデ直後

 

2019年9月8日 京成杯オータムハンデキャップ 芝1600m 中山競馬場

1着:トロワゼトワル 牝4 (横山典弘騎手)
2着:ディメンシオン 牝5 (北村宏司)
3着:ジャンダルム 牡4 (藤井勘一郎)

レースタイム:1:30.3R(良)※日本レコード
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
1番枠から行き脚の付かなかったプロディガルサンは道中後方からの競馬。縦長の隊列となって馬群は捌きやすくなった事が幸い。スムーズに4コーナーも外へ持ち出すと、大外かわグングン追い込み順位を上げて行く。それでも勝負どころから長く脚を使っていた為、坂を駆け上がった所で勢いが止まり5着に敗れる結果。それでも全体的には強い競馬を見せていたのは間違いない。
 

京成杯オータムハンデ直前

 
警戒な足捌きで坂路を駆け上がるプロディガルサン(右)

警戒な足捌きで坂路を駆け上がるプロディガルサン(右)

via google imghp
 
プロディガルサンが重賞制覇を達成するには絶好の条件と言っても過言ではない中山マイルの舞台。過去中山では馬券圏外を外した事が無く、しかも東京スポーツ杯2歳ステークス以来となる55kgでの出走と後押しも強い。前走のエプソムカップは想定外の超スローペースに泣いただけで、自身の走りは出来ていただろう。今回、三浦皇成騎手が初騎乗となるも調子の良さで本馬を悲願の初重賞制覇へエスコートしてくれる筈だ。
 

エプソムカップ直前

 
レーン騎手を背に併せ馬で追い切るプロディガルサン

レーン騎手を背に併せ馬で追い切るプロディガルサン

via google imghp
 
気性面での難しさは魅せるも、やはり折々で魅せる動きは一流レベル。全兄リアルスティールに加え、全妹ラヴズオンリーユーが先のオークスで無敗のGⅠ馬に輝いている。やはりこのファミリーのポテンシャルは底知れず、まともに走ってくれさえすればプロディガルサンも重賞の1つや2つは勝っておかないと行けない。ここはD.レーン騎手を背に必勝態勢で初の重賞タイトルを目指す。
 

プロディガルサン

 
プロディガルサン(ラヴズオンリーミー2013)

プロディガルサン(ラヴズオンリーミー2013)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:24戦3勝(3-8-4-9)
主な戦績:東京新聞杯2着など
via google imghp
 
あの金子真人氏がセレクトセールにおいて約2億円もの大金を叩いて落札したプロディガルサン。リアルスティールの全弟として鳴り物入りでデビューしたが、新馬から連勝を飾った所までは良かった。レースを重ねる毎に気性難が徐々に表面化し、能力はあるもののやはり安定して走れないという状態が続いている。それでも、丈夫で長くタフに活躍している事からもそういう意味では兄より馬主孝行なのかもしれない。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ラヴズオンリーミー Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Monevassia Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble


 

兄弟馬

 
リアルスティール(ラヴズオンリーミー2012)

リアルスティール(ラヴズオンリーミー2012)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:17戦4勝(4-5-2-6)
主な戦績:ドバイターフなど
via google imghp
 
ラヴズオンリーユー(ラヴズオンリーミー2016)

ラヴズオンリーユー(ラヴズオンリーミー2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ

通算成績:4戦4勝(4-0-0-0)
主な戦績:オークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
Kingmambo(Miesque1990)

Kingmambo(Miesque1990)

牡馬

父馬:Mr.Prospector
母馬:Miesque
母父:Nureyev
所属:Francois Boutin(仏)
生産:Flaxman Holdings Limited(米)
馬主:Stavros Spyros Niarchos

通算成績:13戦5勝(5-4-2-2)
主な戦績:仏2000ギニー、ムーランドロンシャン賞など
via google imghp
 

血統評価:2.9pt

 
説明不要のミエスク一族、ミエスクにミスプロ、ストームキャット、ディープインパクトと全く無駄がない掛け合わせ、これ以上ない超良血だろう。兄弟も2頭目のG1馬が登場し今後ますますの発展が期待される世界的な良血馬だろう。
 

前評判

 
世界的名牝のMiesqueにMr.Prospector→Storm Catという代重ねは美しさでしかない。血統構成そのものが芸術の域に達しており、そこに日本競馬の結晶とも言えるディープインパクトを配合しているのだから、リアルスティールやラヴズオンリーユーの様な名馬が現れるのはブラッド・スポーツとしては当然の話だろう。かく言うプロディガルサンも本来ならタイトルを獲っておかなくてはいけないレベルなのだが、如何せん性格に難があるのは大きな欠点。
 

馬名の意味

 

放蕩息子

 
馬名からして、既に購入時に気性的な粗さは目についていたのだろうか。

関連記事

関連タグ

著者