池添『不利で後ろからの競馬に…』

 

2019年3月31日 大阪杯 芝2000m 阪神競馬場

1着:アルアイン 牡5 (北村友一)
2着:キセキ 牡5 (川田将雅)
3着:ワグネリアン 牡4 (福永祐一)

レースタイム:2:01.0(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:35.2
 
スタートして直後、勢いを付け出した所で横から挟まれる不利を受け後方に下がってしまったブラストワンピース。そのビハインドが響いて道中は後方からの競馬を余儀なくされた。不幸にも、エポカドーロが逃げて超スローペースを展開。4コーナーまで大きな動きもなく、ブラストワンピースは外を回らざるを得なくなってしまう。直線では懸命に伸びてはいるものの、全てが噛み合わずそのまま流れ込んで6着。池添騎手もさすがに肩を落として検量室に戻って来ていた。
 

最高評価を叩き出す抜群の追い切り

 
馬なりで併走馬を置き去りにするブラストワンピース

馬なりで併走馬を置き去りにするブラストワンピース

via google imghp
 
いよいよブラストワンピースが覚醒の時を迎える。大阪杯の最終追い切りではWコースで惚れ惚れする様な動きを見せ、陣営も騎手も納得の状態。実に雄大なフットワークで、その力強い完歩の中にも静けさもあり全てが完成して来た様な雰囲気だろう。元々のポテンシャルにフィジカル&メンタルが追い付いて来た様なイメージで、これはなかなか惨敗するシーンは想像出来ない。大阪杯を勝てば海外遠征のプランも現実化する可能性が高く、飛躍に向けて是が非でも2つ目のタイトルを手にしたいところだろう。
 

池添、歓喜の雄叫び

 

2018年12月23日 有馬記念 芝2500m 中山競馬場

1着:ブラストワンピース 牡3 (池添謙一)
2着:レイデオロ 牡4 (C.ルメール)
3着:シュヴァルグラン 牡6 (H.ボウマン)

レースタイム:2:32.2(稍重)
レース上がり3ハロン:36.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.7
 
真ん中の枠からスタートを決めて、リスク覚悟である程度の位置を取りに行ったブラストワンピース。道中は直後にレイデオロを見る形で、中団の外目をキープ。向正面では早めに動いて先に仕掛ける競馬、反応の遅れたレイデオロを出し抜く形で直線も単独先頭の走りを見せた。外から詰め寄るレイデオロに対し、最後までリードを守りきり念願のタイトルを奪取。ゴール後には、主戦の池添謙一騎手がお馴染みのガッツポーズを見せて勝利の喜びを表現した。来年は古馬の主役に立つと共に、同期のライバルたちとの再戦を激しく繰り広げるだろう。
 

大竹師『更に筋肉量が増した』

 
相変わらず迫力のある動きのブラストワンピース

相変わらず迫力のある動きのブラストワンピース

via google imghp
 
主戦の池添謙一騎手を背に、有馬記念の最終追いきりでもダイナミックな動きで万全をアピールしたブラストワンピース。反応がやや鈍いのはいつもの事で、レースになればしっかりと馬も人も合わせて来るだろう。元々馬格のある馬だが、夏から秋にかけて更に一回り大きくなったと言う。不器用な面もあり中山適性が未知数ではあるが、上手くレースの流れに乗れれば勝ち切るだけのポテンシャルを秘めている1頭。大舞台で滅法強い池添謙一騎手が3歳世代を代表して古馬勢を撃破するシーンは見られるのか。
 

池添『スローペースで不向きな展開に』

 

2018年10月21日 菊花賞 芝3000m 京都競馬場

1着:フィエールマン 牡3 (C.ルメール)
2着:エタリオウ 牡3 (M.デムーロ)
3着:ユーキャンスマイル 牡3 (武豊)

レースタイム:3:06.1(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
前半1000m=1分2秒台、2000m=2分6秒台と近年の菊花賞でもかなり遅い方の流れとなった1戦。馬群の中で脚をしっかり溜めたとは言え、キレッキレの瞬発力タイプでも無いブラストワンピースにとっては少々しんどい争いとなった。想像通り、直線では他馬のキレ味に負けてしまいジワジワと伸びはしたものの先に抜け出したエタリオウやフィエールマンを捉えられず4着入線が精一杯。騎乗した池添謙一騎手もレース後、取材陣へ『上がり勝負で瞬発力のある馬が上位に入った』と予想外の展開について肩を落としながらコメントしていた。
 

折り合いOK、距離こなせる

 
抜群の動きで文句無しの仕上がり、ブラストワンピース

抜群の動きで文句無しの仕上がり、ブラストワンピース

via google imghp
 
新潟記念からの直行で話題を集めるブラストワンピースだが、懸念された仕上がりは最終追い切りの動きで一蹴された。躍動感のあるフットワークで最後まで脚を伸ばした当馬、3歳世代の代表馬として恥ずかしくない仕上げでラスト一冠へ臨む。不安視されている3000mの距離に関しても、管理する大竹調教師は『折り合いを欠く馬じゃないので全く気にしていません』とコメント。むしろ、ここ数戦で見せているスタートの立ち遅れを心配してゲート練習を重ねている程だ。とにかく、この馬を中心にレースは回って行くだろう。
 

ファンサービスで外ラチ沿いへ

 

2018年09月02日 新潟記念 芝2000m 新潟競馬場

1着:ブラストワンピース 牡3 (池添謙一)
2着:メートルダール 牡5 (福永祐一)
3着:ショウナンバッハ 牡7 (三浦皇成)

レースタイム:1:57.5(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
 
最内枠から一旦後方に下げ、上手く外目に持ち出したブラストワンピース。実力が抜けているという自信からか、コースロスがあっても不利のない競馬に努めた池添謙一騎手。直線では大外に持ち出すとノーステッキで楽々と先頭へ。そこからは新潟競馬場へのファンサービスとして外ラチ沿いに持って行く演出。古馬との初対戦でここまでの芸当とは恐れ入った。間違いなく3歳世代の最強馬だろう。菊花賞での競馬が今から楽しみである。
 

最終追い切りでは古馬を圧倒

 
追い切りで楽々と僚馬を突き放すブラストワンピース

追い切りで楽々と僚馬を突き放すブラストワンピース

via google imghp
 
ブラストワンピース政権発足の予感か。日本ダービーでは大幅な馬体増加や直線での不利など、決して万全の状態にも関わらず上位に肉薄した実力の持ち主。そして、菊花賞への前哨戦として選んだのは異例の新潟記念だった。稽古もしっかりと消化し今回は仕上がりにも抜かりなし、古馬と初めて相まみえるが調教での走りを見る限りは何ら問題無いだろう。ここをあっさり勝って通過出来れば、クラシックの戴冠はもちろん同馬が現役最強馬へ進み道も切り開かれる筈だ。
 

ブラストワンピース

 
ブラストワンピース(ツルマルワンピース2015)

ブラストワンピース(ツルマルワンピース2015)

牡馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:8戦5勝(5-0-0-3)
主な戦績:有馬記念など
via google imghp
 
新馬戦から3連勝、いずれもが圧勝の部類で現2歳世代でもトップクラスの実力馬ブラストワンピース。520kg以上もの馬体から想像出来ない様な素軽い脚さばきで力強さにキレも兼備、距離適性も幅広く欠点らしい欠点が見られない完成された競走馬だろう。“ハービンジャー×キングカメハメハ”はこの他にモズカッチャンもあり成功例があるニックス配合的な組み合わせだ。成長力も見込め、今後の活躍次第では日本競馬を牽引するレベルにまでのし上がる可能性も大。
 

血統背景

 
ハービンジャー Dansili デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
Penang Pearl Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat
ツルマルワンピース キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ツルマルグラマー フジキセキ サンデーサイレンス
ミルレーサー
エラティス El Gran Senor
Summer Review


 

兄弟馬

 
ヴィクトリアピース(ツルマルワンピース2016)

ヴィクトリアピース(ツルマルワンピース2016)

牝馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
所属:橋口慎介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:2戦1勝 (1-0-0-1)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 

近親馬

 
アルナスライン(エラティス2004)

アルナスライン(エラティス2004)

牡馬

父馬:アドマイヤベガ
母馬:エラティス
母父:El Gran Senor
所属:松元茂樹厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:19戦5勝 (5-3-3-8)
主な戦績:日経賞など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
アルナスラインの半姉で重賞経験はある祖母にキングカメハメハ、ハービンジャーと厳つい馬を重ねているので厳ついカタイ馬になりそうで、実際そんな感じだが地力が高くカタイが強い馬にでたと言える。
 

前評判

 
血統的な下地はともかく、初年度から500kgを超える馬が出たという時点でお産そのものが順調。即ち産駒への能力遺伝も上手く行ったという認識が一番自然だろう。ハービンジャー産駒で早くから能力を発揮した馬はその後堕落して行く印象だったが、ブラストワンピースに関してはレースを重ねる毎にパフォーマンスを上げて行く異例中の異例。本馬が父の主流血統として繁栄に繋げて行くかもしれないだろう。
 

馬名の意味

 

突風+母名の一部

 
強い突風の様にターフを切り裂くイメージでネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者