兄の想いを背負い弟が出陣

 
見映えのする馬体で坂路を駆け上がるフランクリン

見映えのする馬体で坂路を駆け上がるフランクリン

via google imghp
 
音無厩舎のエース候補が遂にその姿を現す。全兄フランツも管理した同厩舎、有り余るポテンシャルを引き出せずクラシック戦線に乗れなかった兄の分まで弟がしっかりと初陣を勝利で飾りたい。稽古の動き自体は平凡も、時計自体は水準以上。ちょうど兄もデビュー前の動きはこんな感じの評価だった。それが実戦に行けばガラリ一変するのがこの一族の特徴だろう。鞍上は兄の新馬戦にも乗ったC.ルメール騎手がスタンバイ。
 

フランクリン

 
フランクリン(ロベルタ2016)

フランクリン(ロベルタ2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ロベルタ
母父:ブライアンズタイム
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
スッと伸びたクビ差しに理想的な背中の曲線、腹回りもしっかりとして兄フランツよりも馬格に関しては心配なさそう。強い調教で負荷をかけてもへこたれなさそうな体つきは、母父ブライアンズタイムのタフさを受け継いでいるイメージ。血統的にも成長力があるのは間違いなく、後は兄同様に気性面での落ち着きが活躍の大きな鍵となる。馬体重は春の段階で460kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ロベルタ ブライアンズタイム Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
グレースアドマイヤ トニービン カンパラ
Severn Bridge
バレークイーン Sadler's Wells
Sun Princess


 

兄弟馬

 
フランツ(ロベルタ2015)

フランツ(ロベルタ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ロベルタ
母父:ブライアンズタイム
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:4戦2勝(2-0-0-2)
主な戦績:アルメリア賞など
via google imghp
 

近親馬

 
リンカーン(グレースアドマイヤ2000)

リンカーン(グレースアドマイヤ2000)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:グレースアドマイヤ
母父:トニービン
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:23戦6勝(6-5-3-9)
主な戦績:日経賞、京都大賞典、阪神大賞典など
via google imghp
 
ヴィクトリー(グレースアドマイヤ2004)

ヴィクトリー(グレースアドマイヤ2004)

牡馬

父馬:ブライアンズタイム
母馬:グレースアドマイヤ
母父:トニービン
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:16戦3勝(3-1-2-10)
主な戦績:皐月賞など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
バレークイーン一族の本線グレースアドマイヤを母にもつ繁殖牝馬の姉妹の中では、半姉スカーレットと比較すると見劣る実績だが全兄2頭が最低限以上の結果は出しているだけに問題なく勝ち上がって来るだろう。出身ファミリーも血統構成も良いので一定水準以上で安定して評価できる血統だろう。
 

前評判

 
牧場の担当スタッフも『兄と比べても同時期ならこちらの方が良いですね。強い負荷をかけて動かしても馬体減りしないので、そこを気にせず調教出来ています。馬場が荒れていてもノメらずにしっかりとした走りで駆け抜けますよ。タイトルを意識するレベルです』との事。兄のネックだった馬体重の点を既に解消出来ているのは非常に大きいだろう。今の所、9月の中央開催デビューを目標に調整を進めている。
 

馬名の意味

 

人名より

 
近藤英子オーナーの定番と言っても良い人名シリーズ。

関連記事

関連タグ

著者