フラワーカップ2018の結果

 

フラワーカップ2018の動画

 

レース回顧

 
モルフェオルフェが注文通りの逃げを打ち、番手にノームコア、メサルティムが続く展開。前半61秒5のスローペースから4コーナーで各馬徐々に進出すると、その直後を追走していたカンタービレが上手く外へ。そこからグンと加速し前の3頭をあっさりかわすと、大外から強襲して来たトーセンブレスの追撃をクビ差振り切って未勝利からの連勝で一気に重賞ウィナーの仲間入りを果たした。3着には先行争いを制したノームコアが入線。再起を図ったロックディスタウンは終始折り合いを欠いてまさかの最下位に終わった。これでクラシック戦線から大きく離脱する事となる。この1戦から本番に繋がる走りをしたのは上位の2頭だけだろう。
 

勝ち馬カンタービレ

 
カンタービレ

カンタービレ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シャンロッサ
母父:Galileo
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場
馬主:石川達絵

通算成績:4戦2勝(2-2-0-0)
主な戦績:フラワーカップなど
via google imghp
 
未勝利勝ちと同じく先行して直線スッと脚を伸ばす競馬で連勝したカンタービレ。どんな展開でも対応出来そうなセンスの良い走りが非常に魅力的で、ディープインパクト×Galileoという血統からも確実に距離は伸びた方がパフォーマンスは上がるタイプ。小柄ながら馬体を大きく見せる走りは大物感たっぷりで、オークスの頃にはもっと良くなっていそうな雰囲気だ。角居勝彦厩舎から期待の新星が登場しいよいよクラシック本番を迎える事となる。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎トーセンブレス
◯カンタービレ
▲ロックディスタウン
ノームコア
メサルティム
△ノーブルカリナン
×モルフェオルフェ
ウスベニノキミ
ファストライフ
 

馬連:想定9点:◯勝利、三連単:想定175点:△的中

 
本命は、負けたものの圧倒的だったトーセンブレス。対抗は勝ち馬カンタービレが理想だっただろう。ロックディスタウンは結果のイメージ十分想定出来たので単穴で。紐はウスベニノキミを含む単勝50倍以下を想定が理想だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:97.4 ※想定RR:95.9

 
                             
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 田中 清水 大川結城 単勝オッズ
1 10 カンタービレ 54.0 Mデム 103.0 1:49.2 × 3.4
2 9 トーセンブレス 54.0 柴田善 106.0 クビ 6.8
3 3 ノームコア 54.0 北村宏 97.0 2 7.4
4 7 ウスベニノキミ 54.0 内田 97.0 1/2 × × × 45.8
5 12 ファストライフ 54.0 大野 94.0 1/2 × 47.5
6 1 メサルティム 54.0 石橋 94.0 クビ 7.5
7 5 ノーブルカリナン 54.0 勝浦 94.0 ハナ 12.1
8 8 モルフェオルフェ 54.0 吉田隼 94.0 ハナ 40.1
9 13カラリエーヴァ 54.0 江田 90.0 2.1/2 × 132.8
10 2 バケットリスト 54.0 Fミナ 90.0 ハナ 52.5
11 6 インヴィジブルワン 54.0 三浦 90.0 クビ × ×× 67.9
12 11 キープシークレット 54.0 柴田大 90.0 5 269.6
13 4 ロックディスタウン 55.0 池添 90.0 1.1/4 2.8


 

危険な人気馬結果 ロックディスタウン→13着(1人気)

 
予見通り、折合い難で全くレースにならなかったロックディスタウン。しかも転厩初戦という事もあり、厩舎も騎手も手探りの中で見る陰も無く終わってしまった。レースを重ねる毎にその気性の荒さを発揮して来ている事から、余り間隔を詰めて実戦に出す事は控えた方が良さそう。恐らく藤沢和雄氏の判断で休養を取るのではないだろうか。それが賢明である。
 

穴馬予想 バケットリスト→10着(10人気)

 
肝心の逃げを打たず先行してズルズル後退、そのまま人気通りの着順に終わりある意味では実力は出し切ったバケットリスト。しかし、レノヴァールと僅差の2着に入線したあの走りを考えるとやはりもう一度ハナを切ったレースで見直したいと思わせる1頭だ。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ①⑨-②③④⑤⑩ 的中
単勝 10 340円 枠連 6-7 1,070円
複勝 10 140円 ワイド 9-10 480円
9 180円 3-10 510円
3 210円 3-9 740円
馬連 9-10 1,420円 馬単 10→9 2,180円
三連複 3-9-10 2,870円 三連単 10→9→3 12,440円


 

編集部の回顧

 
本命カンタービレ、単穴トーセンブレスで決まったのは良かったが3着にノームコアが入った為ただのトリガミと化したレース。4、5着のいずれかが上がっていればプラスになっていただろうが、たらればを言っていても仕方ない。カンタービレには自信があった事からも、ロックディスタウンの取捨含めて大胆に攻めつつ絞るべき1戦だった。(田中)
 
トーセンブレス、前走のフラストレーション爆発した?のですが、うーん、差し切ってほしかったけど、カンタービレも最後しぶとく伸びましたからね。勝ち馬強し!4コーナー回ったところで、ロックディスタウンがズルズルと下がっていき、外をトーセンブレスが上がった時にはよしよしという感じだったのですが。ここも完敗です。(清水)
 
負けたもののやっぱりトーセンブレスは強い。ただカンタービレを単穴以上にはするべきだったので反省。ウスベニノキミがノームコア差し切ってくれればよかったがどちらにせよカンタービレの取捨がダメだった。(大川)
 
勝った○カンタービレはここでは力が一枚上だった。チューリップ賞組にどこまで迫れるか。△トーセンブレスは追い込んではきたものの展開待ちの感は否めず。▲ノームコアは骨折明けながら積極的な運びでよく3着に残った。◎メサルティムは6着と掲示板を外すも見せ場十分。(結城)
 

フラワーカップ2018の予想

 

◎トーセンブレス

 
トーセンブレス

トーセンブレス

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ブルーミンバー
母父:ファルブラヴ
所属:加藤征弘厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:3戦1勝(1-0-0-2)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
新馬では出遅れながらも後の重賞馬プリモシーン以下をあっさりと差し切り楽勝。続く、アルテミスステークスでは凡走したが阪神ジュベナイルフィリーズでは最速の上がりで4着に入線したトーセンブレス。道中スムーズで外を気持ち良く走ってくれば自ずと上位争いに加わっていると見て本命に推す。
 

◯メサルティム

 
メサルティム

メサルティム

牝馬

父馬:ディープブリランテ
母馬:ピンクアリエス
母父:キングカメハメハ
所属:荒川義之厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:3戦2勝(2-0-1-0)
主な戦績:3歳500万下など
via google imghp
 
未勝利、500万下と連勝中のメサルティム。競馬ぶりは地味に映るも、逃げや好位抜け出しとその自在性は混戦時には最大の武器となる。馬場も問わず、あらゆる条件面でも自身のパフォーマンスを発揮してくれるという点においては軸馬に最も相応しいと言えるかもしれない。
 

▲ノームコア

 
ノームコア

ノームコア

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:クロノロジスト
母父:クロフネ
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:池谷誠一

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:アスター賞など
via google imghp
 
無敗の連勝馬ノームコア。早期に活躍後、軽度の骨折で戦線を離れていた為、今回のメンバーとも手合わせが無く実力差が未知数な1頭だ。故障明けでどうかという不安点はあるが、ここであっさりと勝ち切る素材と見ていて損は無い。ハービンジャーの牝馬は突如として強くなる、それは昨年の世代で予習済みだ。
 

▲ロックディスタウン

 
ロックディスタウン

ロックディスタウン

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:二ノ宮敬宇厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な戦績:札幌2歳ステークスなど
via google imghp
 
阪神ジュベナイルフィリーズでは大外枠から暴走気味に走って脚が止まったロックディスタウン。休養明けで一旦馬もリセット、改めて同馬の真価を問いたい。とは言え、新馬戦でホープフルステークス勝ち馬タイムフライヤーを楽々と差し切っている事から能力は断然。乗り替わりの池添謙一騎手が上手くエスコート出来れば再起のチャンスだろう。
 

▲ノーブルカリナン

 
ノーブルカリナン

ノーブルカリナン

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ノーブルジュエリー
母父:Smarty Jones
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:3戦1勝(1-1-1-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
 
母は重賞戦線で活躍した外国産馬ノーブルジュエリー。そこにディープインパクトを配合した社台レースホースのイチオシ馬ノーブルカリナンが重賞制覇なるか。前走のエルフィンステークスでは自らレースを動かして行っての2着敗戦、負けて尚強しの内容だった。ここでも勝ち負けに紙一重の接戦を演じてくれるに違いない。
 

▲カンタービレ

 
カンタービレ

カンタービレ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シャンロッサ
母父:Galileo
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場
馬主:石川達絵

通算成績:3戦1勝(1-2-0-0)
主な戦績:3歳未勝利
via google imghp
 
前走の未勝利戦を番手追走から直線抜け出し、ほぼ持ったままの競馬で上がり最速を叩き出したカンタービレ。まだ実績は不十分だが、その走りには大物感を抱かせる非常に魅力の1頭と言える。鞍上も継続してM.デムーロ騎手が乗ってくれるだけに心強い。ここで連勝を飾れば一気にクラシックの有力候補へ躍り出る。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:95.9

 
ロックディスタウンの真価が問われる一戦。実績的には阪神JFの上位馬が強かったのでそのレースで地力出せてなくて上位だったトーセンブレスが実績的には一番上だろう。ノームコアはこの2頭との力関係がわからないのとノーブルカリナン、メサルティムの年明け実績馬との力関係もわからないので中心馬をつくらずBOXか見学推奨のレースだろう。
 
                                      
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 田中 清水 大川結城 予想オッズ
1 メサルティム 牝3 54.0 石橋 94.0 7.0
2 バケットリスト 牝3 54.0 Fミナ 90.0 47.6
3 ノームコア 牝3 54.0 北村宏 100.0 13.5
4 ロックディスタウン 牝3 55.0 池添 100.0 2.3
5 ノーブルカリナン 牝3 54.0 勝浦 97.0 14.3
6 インヴィジブルワン 牝3 54.0 三浦 91.0 × ×× 60.3
7 ウスベニノキミ 牝3 54.0 内田 91.0 × × × 83.3
8 モルフェオルフェ 牝3 54.0 吉田隼 90.0 37.2
9 トーセンブレス 牝3 54.0 柴田善 103.0 4.5
10 カンタービレ 牝3 54.0 Mデム 91.0 × 3.2
11 キープシークレット 牝3 54.0 柴田大 90.0 126.5
12 ファストライフ 牝3 54.0 大野 90.0 × 106.1
13 カラリエーヴァ 牝3 54.0 江田 91.0 × 109.0


 

危険な人気馬 ロックディスタウン(想定1人気)

 
折り合いに難があるロックディスタウン。阪神ジュベナイルフィリーズでも前に壁を作れず引っ張りきりの状態で追走したのが敗因だった。距離が伸びる今回、初騎乗の池添謙一騎手がどう乗りこなすかでその着順が大きく変わって来ると見る。一か八かの結果が付いて来そう。
 

穴馬予想 バケットリスト(想定8人気)

 
前々走の若竹賞では、今週のスプリングステークスで上位人気が予想されるレノヴァールとクビ差の接戦を演じたバケットリスト。続く500万下では後方からの競馬で不発に終わったが、今回F.ミナリク騎手が内枠から前目の競馬で穴を演出してくれるのではないだろうか。フラワーカップで高配当を狙うなら先行勢か。
 

編集部の見解

 
本命は未勝利の勝ちっぷりが鮮やかだったカンタービレ。1戦毎に強くなって来ているのが明らかで、一気に重賞タイトルを狙える素材と見て抜擢したい。対抗は安定感あるノーブルカリナン。単穴にまともに走れば勝ち負けのロックディスタウンとトーセンブレスを入れつつ、高配当を期待して手広く抑えておいた。(田中)
 
ロックディスタウン、折り合い難しそうなのでここはノーマークで。本命は新馬戦でプリモシーンを下したトーセンブレス。前走のJFでのフラストレーションがここで爆発!(清水)
 
本命は前走、負けて強かったトーセンブレス。それまでのレースぶりをみても世代上位だろう。ロックディスタウンは前走人気をうらぎった形で札幌組のレベルの低さも確定的だがこの馬自体は前走のような結果のレベルではないとまだ信じているので対抗。ただどちらも信用はできないので単穴にメサルティム、ノーブルカリナン、ノームコアまで。(大川)
 
本命には前走500万下を好時計で勝ち上がったメサルティムを狙う。前々走の未勝利戦では道悪の中骨っぽい牡馬を相手に逃げ切り勝ち。馬場も展開も応変、好勝負。対抗カンタービレ。勝ち上がりに3戦を要したが、前走先行して上がり最速の3馬身差。何より鞍上ミルコ。単穴に2戦2勝のノームコアと復権を誓うロックディスタウン。前者は骨折休養明けだがオークスで期待している馬。追い切りでも抜群の動きを見せている。後者は阪神JFこそ大敗したが、二ノ宮師の勇退で藤沢厩舎に転厩。巻き返しが期待できる仕上がり。(結城)

関連記事

関連タグ

著者