直線の脚は別次元の伸び

 

2018年11月11日 2歳新馬 芝1400m 京都競馬場

1着:フィブロライト 牝2 (C.ルメール)
2着:ベルヴォワ 牝2 (M.デムーロ)
3着:ウォーターブレイク 牝2 (和田竜二)

レースタイム:1:23.4(良)
レース上がり3ハロン:36.7
勝ち馬上がり3ハロン:35.4
 
スタートで行き脚の付かなかったフィブロライト。しかし、道中は後方からじっくりとレースを進め勝負どころでジワジワと脚を使いつつポジションを上げて行った。直線で上手く外に出すと、そこから一気にトップギアへ入れあっさりと差し切って初戦を勝利で飾った。インパクトは弱いが、地味に他馬をかわす時の加速力はちょっとモノが違うという印象を受けた。2着ベルヴォワも相当なパフォーマンスだが、当馬はそれ以上の価値がある走りだったろう。
 

フィブロライト

 
フィブロライト(タンザナイト2016)

フィブロライト(タンザナイト2016)

牝馬

父馬:エイシンフラッシュ
母馬:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝 (1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
母は日本屈指の繁栄ファミリーであるキャサリーンパーの直系タンザナイト。その産駒にダンビュライト、モルガナイトから派生して既にブラックスピネルの重賞馬も輩出するなど広く裾の尾を広げ始めている。今回のエイシンフラッシュ産駒であるフィブロライトも、馬体こそ小さいものの躍動感のある走りでさすがの動き。今後、揉まれ負けさえしなければ上のクラスでも戦える事だろう。
 

血統背景

 
エイシンフラッシュ キングズベスト Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
Allegretta Lombard
Anatevka
ムーンレディ プラティニ Surumu
Prairie Darling
Midnight Fever Sure Blade
Majoritat
タンザナイト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
キャサリーンパー Riverman Never Bend
River Lady
Regal Exception Ribot
Rajput Princess


 

兄弟馬

 
ダンビュライト(タンザナイト2014)

ダンビュライト(タンザナイト2014)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:15戦3勝(3-1-4-7)
主な戦績:AJCCなど
via google imghp
 

近親馬

 
クリソライト(クリソプレーズ2010)

クリソライト(クリソプレーズ2010)

牡馬

父馬:ゴールドアリュール
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:37戦9勝 (9-13-1-14)
主な戦績:コリアカップ、ジャパンダートダービーなど
via google imghp
 
マリアライト(クリソプレーズ2011)

マリアライト(クリソプレーズ2011)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:久保田貴士厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:20戦6勝(6-2-5-7)
主な戦績:宝塚記念、エリザベス女王杯など
via google imghp
 
リアファル(クリソプレーズ2012)

リアファル(クリソプレーズ2012)

牡馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦4勝 (4-2-2-8)
主な戦績:神戸新聞杯など
via google imghp
 

血統評価:1.9pt

 
キャサリーンパーのファミリーで母父サンデーサイレンスの中央3勝馬の母となれば結果期待できるわけで兄弟が安定して走っているのも納得できる。その中で父がエイシンフラッシュとやや見劣る配合になってしまっているが期待していい血統だろう。
 

前評判

 
音無厩舎よろしく坂路でガンガン稽古を積まれていた内は、馬体が小柄でパワーが無く余り動きも目立たなかったフィブロライト。しかし、芝での走りはさすがのパフォーマンスで特に下り坂が利用でき平坦な京都は相性も良いのだろう。今後の課題として、先ずは馬体重の増加。そして坂のあるコースでのラストの粘りか。距離はマイル前後がベストと判断する。いずれにせよ、古馬になってから更にもう1段界成長を見せてくれそうな奥行きを感じる素材だ。
 

馬名の意味

 

パワーストーンの名称

 
自己の成長を促すとされる石、逞しく成長して欲しいという願いを込めて。母からの連想シリーズ。

関連記事

関連タグ

著者