ラストの直線勝負で大爆発

 

2018年10月21日 菊花賞 芝3000m 京都競馬場

1着:フィエールマン 牡3 (C.ルメール)
2着:エタリオウ 牡3 (M.デムーロ)
3着:ユーキャンスマイル 牡3 (武豊)

レースタイム:3:06.1(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
スタートを上手く出して道中は中団追走となったフィエールマン。ペースも想定よりかなり遅くなって瞬発力勝負となったのが幸いした。最後の直線でやや行き場を失うシーンを見せるが、そこで逆に脚が溜まり前が開いてからの反応はまさに一瞬のキレ味。先に抜け出したエタリオウに内から並びかけ最後の100mで叩き合いに持ち込むと、ゴール前で壮絶な叩き合いとなり僅かにハナ差制して見事GⅠ初勝利を飾った。4戦目での制覇は史上最小キャリア。ディープインパクトが晩年の産駒で大物を輩出した。
 

手塚師『試す価値のある馬』

 
勝てば史上最小キャリアVとなるフィエールマン

勝てば史上最小キャリアVとなるフィエールマン

via google imghp
 
未知なる魅力たっぷりのフィエールマン。ラジオNIKKEI賞でも最後方から大外を猛烈に追い込み僅差の2着と、勝ち馬よりもある意味で存在感たっぷりの走りだった。陣営も当馬の能力を信じつつ、4戦目での菊花賞勝利という偉業達成にチャレンジャーとして挑む。逆を言えばそれだけ期待値の高い証拠でもあり、先週牝馬三冠を達成したC.ルメール騎手が鞍上というのはまさに鬼に金棒だ。狙って行くだけの価値はありそう。
 

完全に勝てる競馬で敗戦

 

2018年07月01日 ラジオNIKKEI賞 芝1800m 福島競馬場

1着:メイショウテッコン 牡3 (松山弘平)
2着:フィエールマン 牡3 (石橋脩)
3着:キボウノダイチ 牡3 (戸崎圭太)

レースタイム:1:46.1(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
予想通り出遅れたフィエールマン。それでも前半は中盤まで上がって前を射程圏に入れた形で悪くない追走だった。しかし、一気にペースが上がった4コーナー手前で置いて行かれると、仕方なく大外をぶん回して直線入り口へ。そこからエンジンに点火すると、他馬が止まって見える程の強烈な末脚で先に抜け出したメイショウテッコンへ迫る走り。半馬身ほど遅れを取ったが意地の2着入線と言ったところだろう。とは言え、普通に走っていれば楽に勝てた競馬だけに正直陣営も落胆している筈だ。
 

躍動感ある最終追い切り

 
石橋騎手を背に単走で追い切るフィエールマン

石橋騎手を背に単走で追い切るフィエールマン

via google imghp
 
さぁ、未来のGⅠホースとなるであろうフィエールマンの走りを堪能しよう。相手が揃ったラジオNIKKEI賞で、前走の様にあっさりの競馬で完勝したならそれはもう怪物と呼んで良いだろう。それ程までに高いポテンシャルを感じる1頭だけに、ここで無様な競馬を見せないで欲しい。体質が弱くレース後に疲れが出やすいとの事で今のローテーションになっている様だが、馬体がパンとして来れば更にパフォーマンスも上がるという意味でもある。さて、日曜福島で衝撃のレース目撃となるか。
 

直線で追われると瞬時に突き抜ける

 

2018年04月14日 山藤賞 芝1800m 中山競馬場

1着:フィエールマン 牡3 (石橋脩)
2着:ニシノベースマン 牡3 (戸崎圭太)
3着:トーセンスーリヤ 牡3 (三浦皇成)

レースタイム:1:48.1(良)
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.3
 
スタートで立ち上がってしまい道中は最後方からの追走となったフィエールマン。しかし、鞍上の石橋騎手は慌てず徐々に進出する競馬を選択する。ペース的には平均からややスローの展開となるも、同馬がお構いなしに直線入り口で先行勢に追い付くと外から持ったままで先頭へ。いざ追われると一瞬で加速し、坂上であっという間に突き放す横綱相撲のレースとなった。これは間違いなく本物、日本ダービーに駒を進めて欲しい1頭である。
 

着差以上に強い内容で将来性◎

 

2018年1月28日 3歳新馬 芝1800m 東京競馬場

1着:フィエールマン 牡3 (石橋脩)
2着:サンライズシェル 牡3 (C.ルメール)
3着:パストゥレイユ 牝3 (江田照男)

レースタイム:1:51.3(良)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
 
スタートで立ち遅れて最後方から追走となったフィエールマン。しかし、向こう正面で一気に上がって行き気が付けば番手のポジション。そこで折り合いをしっかり付けつつ直線コースへ。長い直線でも脚色は衰えず、後続の有力馬が上がって来ても類稀な勝負根性でリードは譲らず。最後は内から上がって来たサンライズシェルの追撃をクビ差凌いでの勝利となった。とは言え、道中からの動きを見ても内容的には完勝だろう。次走の昇級戦で更に真価が問われるだろう。
 

『圧巻を通り越すパフォーマンス』

 
手塚師が惚れ込む素材フィエールマン

手塚師が惚れ込む素材フィエールマン

via google imghp
 
2月3日にデビューを予定していたが、余りにも稽古での動きが良く陣営からもGOサインが出て1週前倒しの新馬戦に出走となった。その追い切りでは、既にデビュー戦で圧勝を飾っているレッドイリーゼを1秒以上追い掛ける併せ馬できっちりと先着。それを見た手塚師がサンデーレーシングの公式サイトに向けたコメントで『デビュー前の馬としては圧巻という言葉を通り越したパフォーマンス』という手放しで絶賛する内容の発言をしている。これは遅れて来た大物となるか。
 

フィエールマン

 
フィエールマン(リュヌドール2015)

フィエールマン(リュヌドール2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リュヌドール
母父:Green Tune
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:4戦3勝(3-1-0-0)
主な戦績:菊花賞など
via google imghp
 
小さく精悍でキリッとした顔立ち、筋肉量と馬体の質感、脚長加減といい人間で言う所のまさにイケメン風の1頭。ディープインパクト産駒の中でもかなりガッチリとした見た目だが、重々しさは全く感じられない。それもバランスの取れた馬体が要因だろう。パワーとキレを兼ね備えた走りが期待出来そうだ。馬体重は不明。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
リュヌドール Green Tune Green Dancer Nijinsky
Green Valley
Soundings Mr. Prospector
Ocean's Answer
Luth d'Or Noir Et Or ラインゴールド
Pomme Rose
Viole d'Amour Luthier
Mandolinette


 

兄弟馬

 
ルヴォワール(リュヌドール2014)

ルヴォワール(リュヌドール2014)

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:リュヌドール
母父:Green Tune
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な戦績:ミモザ賞など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
母はGⅠ馬でファミリーに日本実績はないものの上に兄弟が3頭いて2頭が日本デビュー出来ておらず1頭が2戦2勝でクラシック戦線離脱という魅力的な血統ではあるが今の時点では判断が難しい。ディープインパクト産駒の牡馬である程度今後の参考にしたいのでデビューまでたどり着いてほしい。
 

前評判

 
半姉ルヴォワールもデビューから2戦2勝で圧倒的なパフォーマンスを見せた。それがハーツクライからディープインパクト産駒へ変わった時点で期待値は最高潮に達しているのは間違いない。その表れか、過度な調整はしておらずあくまで馬の成長に合わせた育成方法を取っている。体の弱さがネックの一族となっているが、果たして同馬は??デビューさえ出来れば必ず走って来るだろう。
 

馬名の意味

 

気高く、勇ましく(音楽用語)

 
人名かと思いきや、音楽関連の単語からネーミング。相変わらずサンデーレーシングのセンスは抜群だ。

関連記事

関連タグ

著者