ファンタジーステークス2018の結果

 

ファンタジーステークス2018の動画

 

レース回顧

 
カシノティーダが押し出される様にしてハナへ、各馬が一団となってレースは進み4コーナーでゆっくりとペースアップ。勝負どころで前に行ったラブミーファインが先頭に立って直線入り口に入るも、外から圧倒的に人気のダノンファンタジーが楽々とかわす。そのままあっさりと後続を振り切り、未勝利に続き楽勝で重賞初タイトルを獲得。2着にベルスール、3着には内からジュランビルがゴール前でラブミーファインを競り落とし3着に入った。2番人気レーヴドカナロアは出遅れて後方まま、良い所無くブービーの8着に沈んでいる。レースレベル自体は低めの1戦だっただろう。ここから暮れの本番で通用するのはダノンファンタジーのみ。
 

勝ち馬ダノンファンタジー

 
ダノンファンタジー

ダノンファンタジー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:ファンタジーステークスなど
via google imghp
 
未勝利勝ちにも関わらず1.5倍の圧倒的支持を受けたダノンファンタジー。新馬で好勝負を演じたグランアレグリアがその後サウジアラビアロイヤルカップを圧勝した事を受け当馬の評価も急上昇。その期待に違わぬ走りで自身初のタイトルとなるファンタジーステークスを楽勝し、阪神ジュベナイルフィリーズへ向けて最高の前哨戦を終えた。まだまだ未完成な部分が多く、来春には完成された状態でもう一度グランアレグリアに立ち向かえるか。今後の成長が楽しみな1頭である。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎ダノンファンタジー
◯レッドベレーザ
△レーヴドカナロア
ベルスール
×ラブミーファイン
ジュランビル
 

馬連:想定5点:◯勝利、三連単:想定24点:◯勝利

 
本命はダノンファンタジー、対抗はレッドベレーザ1択だっただろう。単穴不要で単勝10倍以下を連下、単勝40倍以下を紐が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 大川 河本 浜野 道永 単勝オッズ
1 4 ダノンファンタジー 54.0 川田 ---- 1:21.8 1.5
2 1 ベルスール 54.0 田辺 ---- 1.3/4 × 10.7
3 3 ジュランビル 54.0 和田 ---- クビ × × 31.0
4 5 ラブミーファイン 54.0 池添 ---- クビ × 28.1
5 9 レッドベレーザ 54.0 Cデム ---- クビ 6.8
6 8 エレナレジーナ 54.0 藤岡康 ---- 2.1/2 × 100.9
7 7 ヴァニラアイス 54.0 ---- アタマ 65.9
8 6 レーヴドカナロア 54.0 Cルメ ---- 3 4.0
9 2 カシノティーダ 54.0 高倉 ---- 大差 495.2


 

危険な人気馬結果 レーヴドカナロア→8着(2人気)

 
出遅れ、距離短縮で置いて行かれ脚を溜めれず。直線も急に内へヨレる走りでほぼ追うのを止めた様な内容のゴールだった。明らかに距離不足であり、馬自身が忙しく競馬をしていた様に見える走り。とにかく、将来性豊かな1頭なので無理してここから使い詰めしない様なローテーションを組んで欲しい限りだ。マイル以上でのパフォーマンスを見てみたい。
 

穴馬予想結果 ジュランビル→3着(6人気)

 
経験値の強みと言える競馬ぶりでジワジワと直線伸び3着に入線したジュランビル。先に抜け出したラブミーファインを内から最後のゴール前で捉え、いぶし銀の競馬で人気以上の結果を出した当馬。恐らく多頭数だと更に小器用な競馬が出来るタイプで、大舞台でも大混戦の際は警戒しておきたい1頭だろう。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ④⑥-①⑤⑨ 的中
単勝 4 150円 枠連 1-4 600円
複勝 4 110円 ワイド 1-4 270円
1 180円 3-4 400円
3 260円 1-3 1,310円
馬連 1-4 700円 馬単 4→1 930円
三連複 1-3-4 2,370円 三連単 4→1→3 5,890円


 

編集部の回顧

 
本命ダノンファンタジー、順当。対抗レーヴドカナロアは自分のPOG馬で応援込だったのでしょうがない。負けたもののレッドベレーザが妥当だったか。結果的には単穴不要だったがベルスールは2着だったので紐範囲も良かった。対抗に私情が入りすぎているのを反省。(大川)
 
◎ダノンファンタジー…距離短縮であったが折り合いもつけ、直線での加速も見事。勝ち時計も優秀。次走が楽しみ。○レッドベレーゼ…最後いい脚を使えていたが、届かなかった。距離は長い方が良さそう。▲ジュランビル…上手くさばいたが、3着まで。距離は短い方が良さそう。△ベルスール…小回りが利くコースは狙い。能力は高そう。(河本)
 
予想通り◎ダノンファンタジーが抜けて強かったですね。時計的にも及第といえるものでした。逆に頭数とペースから多少前残りにはなったとはいえ、あと2頭のノーザンファーム勢の〇レーヴドカナロアと▲レッドベレーザは物足りない走りでした。次も人気になりそうですが、実質500万条件でこの結果は危険な臭いがしますね。何とか2着△ベルスールを拾えて馬連は的中したものの、こういった3着を拾えずに3連単まで的中が伸びないのはダメですね。(浜野)
 
本命から単穴まで全て飛び、連下や特注扱いの馬で決着。ここはちょっと選考に問題あり。ダノンファンタジーは乗り方から出かたまで良かったし強さをみせた一戦だった。(道永)
 

ファンタジーステークス2018の予想

 

◎ダノンファンタジー

 
ダノンファンタジー

ダノンファンタジー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
 
2歳未勝利を持ったままの大楽勝で勝ち上がったダノンファンタジー。新馬戦では後のサウジアラビアロイヤルカップを圧勝するグランアレグリアに肉薄する走りを見せており、自身も能力は既に重賞クラスと考えて良いだろう。“中内田×川田×ダノン”の組み合わせは、昨年の2歳牡馬王者ダノンプレミアムと同タッグ。今年は牝馬チャンピオンの有力候補を送り出して来た。
 

○レーヴドカナロア

 
レーヴドカナロア

レーヴドカナロア

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:レーヴドスカー
母父:Highest Honor
所属:斉藤崇史厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
レーヴドスカー一族の末子レーヴドカナロア。母は日本競馬屈指の繁栄力を持ち、そこに新種牡馬ロードカナロアを配合。今考えられる最高レベルの産駒と言え、初戦を能力だけであっさり勝ち上がったのも頷ける。そこから休養を経てファンタジーステークスへ駒を進めるが更なる覚醒が見られるかもしれない。ダノンファンタジーとの一騎打ちとなるか。
 

▲レッドベレーザ

 
レッドベレーザ

レッドベレーザ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドメデューサ
母父:Mr. Greeley
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
レッド軍団からはディープインパクト産駒のレッドベレーザ。新馬戦の勝ち方が如何にもハイセンスな走りで、まだまだ伸びシロもありそうな素材。京都競馬場で既にコースを経験している強みは何よりのアドバンテージと言える。鞍上も昨年のファンタジーステークスを制したC.デムーロ騎手を配置し、陣営としても万全の状態で上位陣に挑む。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 河本 浜野 道永 予想オッズ
1 ベルスール 54.0 田辺 ----- × 22.3
2 カシノティーダ 54.0 高倉 ----- 172.7
3 ジュランビル 54.0 和田 ----- × × 31.9
4 ダノンファンタジー 54.0 川田 ----- 1.9
5 ラブミーファイン 54.0 池添 ----- × 15.9
6 レーヴドカナロア 54.0 Cルメ ----- 2.3
7 ヴァニラアイス 54.0 ----- 74.9
8 エレナレジーナ 54.0 藤岡康 ----- × 45.4
9 レッドベレーザ 54.0 Cデム ----- 4.7


 

危険な人気馬 レーヴドカナロア(想定2番人気)

 
素質と血統は確かに超一流のレーヴドカナロア。但し、3ヶ月ぶりの実戦に京都競馬場の特殊なコース形態が、キャリア2戦目でいきなりこなせるかと言われると少々心配な部分も否めない。今後間違いなく走って来るだろうが、飛ぶとしたらここが1番の危険ポイントと言える。
 

穴馬予想 ジュランビル(想定6番人気)

 
1戦1勝馬が人気しているのなら、やはりキャリア2戦以上の馬に食指が動くというもの。特に小倉と阪神の違う競馬場で実績を残しているジュランビルならそう大崩れは無いのでは。上位のいずれかが飛んだ場合、真っ先に台頭して来るキャラクターとしては打って付けの存在だ。
 

編集部の見解

 
本命はダノンファンタジー、グランアレグリアが世代トップと考えた時に一番信用していいだろう。対抗はレーヴドカナロア、唯一牝馬だがPOG指名している馬。早熟傾向もある血統だけにここは騎手含めてどうにかしてほしい。単穴はベルスールとレッドベレーゼ、未知数も前走のパフォーマンス考えると重賞経験馬よりこっちだろう。4頭の勝負と見ている。(大川)
 
◎ダノンファンタジー…このメンバーなら抜けていると思われる。前走の勝ち方が優秀で、最終追い切りも抜群の動き。このレースはディープ産駒の活躍が目立つのため、スムーズな競馬をすれば勝ち負けと考える。○レッドベレーゼ…上記に述べたようにディープ産駒は買いである。新馬戦での勝ち時計が優秀で、また新馬戦の2着馬も次走勝っておりレベルが高かったと思われる。以下、レーヴドカナロア、ジュランビル、ベルスールはレース展開によってはチャンスはあると思われるため、印とした。(河本)
 
ファンタジーステークスだからダノンファンタジー◎なんて理由ではなく、ほぼ500万条件のメンバー構成のここでは、グランアレグリアと0.3差のデビュー戦が光ります。ダノンファンタジー含めノーザンファーム勢が主力のここは川田騎手から外国人騎手ということで〇レーヴドカナロア、▲レッドベレーザの順。おさえには社台ファームの△ベルスールです。(浜野)
 
◎レーヴドカナロア、アルママを破った前走は思った以上に強い内容。鞍上も含め筆頭にあげたい。○ラブミーファインは前走案外も前にややキツイ展開。洋芝でばかりなのはどうかだが、この距離で押し切った方が良さそうな気配。▲レッドベレーザ、同じ京都の距離でうまく勝ったのは強み。鞍上も強化とみて上位評価。(道永)

関連記事

関連タグ

著者