ラストクロップで大当たり??

 
堂々とした姿で稽古に励むピンシェル

堂々とした姿で稽古に励むピンシェル

via google imghp
 
鳴り物入りで繁殖牝馬に入ったメジロドーベルだったが、その期待とは裏腹に前半の産駒は全くといって良い程に走らなかった。それが晩年期に産んだレーヌドブリエ、ホウオウドリームが複数勝利という珍しいパターンの実績をあげる。そして最後の産駒がこのピンシェル。DNAは確かに受け継がれている様で、動きが母に似ており良い雰囲気を醸し出しているのだとか。産駒初のタイトル獲得も夢物語ではなさそうな感触である。東京芝2000mの1戦、鞍上は横山典弘騎手。
 

ピンシェル

 
ピンシェル(メジロドーベル2016)

ピンシェル(メジロドーベル2016)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:メジロドーベル
母父:メジロライアン
所属:高橋文雅厩舎(美浦)
生産:レイクヴィラファーム
馬主:岩崎伸道

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
メジロドーベル最後の産駒ピンシェル。繁殖牝馬としては珍しく、晩年期に入ってレーヌドブリエやホウオウドリームというそれらしい産駒を輩出して来ており、本馬は後者の全弟にあたる。牧場時代の評判も上々で調整も順調に進んでいるとの事。同馬はメジロ牧場の専務だった岩崎伸道氏が、最後にもう一度ドーベルの仔を世に送りたいとの想いで引退予定だった所を私財を投げ売って生産した曰く付きの1頭だ。故、個人所有でデビューするという経緯の持ち主でも有る。
 

血統背景

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
メジロドーベル メジロライアン アンバーシャダイ ノーザンテースト
クリアアンバー
メジロチェイサー メジロサンマン
シエリル
メジロビューティー パーソロン Milesian
Paleo
メジロナガサキ ネヴァービート
メジロボサツ


 

兄弟馬

 
レーヌドブリエ(メジロドーベル2012)

レーヌドブリエ(メジロドーベル2012)

牝馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:メジロドーベル
母父:メジロライアン
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:レイクヴィラファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:30戦4勝(4-5-6-15)
主な戦績:夕月特別など
via google imghp
 
ホウオウドリーム(メジロドーベル2014)

ホウオウドリーム(メジロドーベル2014)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:メジロドーベル
母父:メジロライアン
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:レイクヴィラファーム
馬主:小笹芳央

通算成績:13戦4勝(4-0-2-7)
主な戦績:御堂筋ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
メジロマントル(メジロティファニー1997)

メジロマントル(メジロティファニー1997)

牡馬

父馬:ヘクタープロテクター
母馬:メジロティファニー
母父:モガミ
所属:大久保洋厩舎(美浦)
生産:メジロ牧場
馬主:メジロ商事

通算成績:41戦8勝(8-4-5-24)
主な戦績:鳴尾記念など
via google imghp
 
ショウナンラグーン(メジロシャレード2011)

ショウナンラグーン(メジロシャレード2011)

牡馬

父馬:シンボリクリスエス
母馬:メジロシャレード
母父:マンハッタンカフェ
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:レイクヴィラファーム
馬主:国本哲秀

通算成績:13戦2勝(2-1-2-8)
主な戦績:青葉賞など
via google imghp
 

血統評価:1.8pt

 
メジロボサツの一族で一番活躍した母メジロドーベルだが、現役の活躍には遠く及ばない繁殖成績も一発重賞クラスがでそうな気配のある産駒成績は担保出来ているがさすがにここまで1勝も出来ていないので期待はしたいが信頼はできないだろう。
 

前評判

 
管理予定の高橋調教師は『ここまではとにかく予定通りの調整が出来ています。動きを見ていても素軽く、武器は瞬発力になるでしょう。兄同様、長めの距離に適正がありそうでクラシック戦線に乗せる事が出来れば良いですね』とコメントしている。ホウオウドリームも潜在能力は確かなモノがあり、それをラストクロップで更に底上げされた産駒となっていて欲しい。
 

馬名の意味

 

犬種の1つ

 
母メジロドーベルからの連想でネーミング。

関連記事

関連タグ

著者