オークス直後

 

2019年5月19日 オークス 芝2400m 東京競馬場

1着:ラヴズオンリーユー 牝3 (M.デムーロ)
2着:カレンブーケドール 牝3 (津村明秀)
3着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)

レースタイム:2:22.8(良)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
やや外目の枠でレースとしては外々を回らされる形となったビーチサンバ。早めに前へ意識して行くものの、それでもコーナーリングの影響でポジションは後ろになって行ってしまった。距離の不安もあり、積極的に先行出来なかった事もあるが、それでもキレるタイプでもない同馬が10番手以下では話にもならない。直線入り口では勝ったラヴズオンリーユーと並んでいざ追い出すも、一切反応なくそのまま15着と無様な結果に終わってしまった。
 

オークス直前

 
帰厩してからも動きは変わらず良いビーチサンバ

帰厩してからも動きは変わらず良いビーチサンバ

via google imghp
 
前走後、一旦放牧に出してリフレッシュしたビーチサンバ。馬も使い込んでいない分、激戦の疲れもなく非常に状態は良好なままオークスへ駒を進めて来た。これまでマイルで好走を続けていたが、レースぶりを見る限りもう少し距離は長い方が良さそうなイメージ。エンジンの掛かりが遅い分、やはり東京の方がパフォーマンスを上げて来るのは間違いない。後は、オークスを知り尽くす男、福永祐一騎手が上位へ持って来る術を使い果たすのみ。
 

桜花賞直後

 

2019年4月6日 桜花賞 芝1600m 阪神競馬場

1着:グランアレグリア 牝3 (C.ルメール)
2着:シゲルピンクダイヤ 牝3 (和田竜二)
3着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)

レースタイム:1:32.7(良)
レース上がり3ハロン:33.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
クイーンカップ同様、やや立ち遅れ気味の発馬となったビーチサンバ。それでも慌てずジワジワと前を見据えてレースを進めるも、前のグランアレグリアとダノンファンタジーが早めに上がって行くのを見て慌てて外目を捲くる様にしてポジションを上げて行った。その分の影響か、直線に入っていつもの伸びが見られず、ダノンファンタジーをかわせないまま5着フィニッシュ。長く良い脚を使うタイプで、2400mのオークスなら少しは巻き返しも期待出来るだろう。
 

桜花賞直後

 
ブレの無い動きで坂路を駆け上がるビーチサンバ

ブレの無い動きで坂路を駆け上がるビーチサンバ

via google imghp
 
名門の友道康夫厩舎だけに仕上がりには抜かりなし。坂路を調整程度に駆け上がり、最終追い切りに臨んだビーチサンバ。馬なりの軽い負荷程度だったが、それでも馬自身は走りに活気があり今すぐレースができそうな上々の雰囲気だった。3戦連続で僅差の負けが続いているが、センスが良い分の優等生的な競馬であと一歩という印象。鞍上の福永祐一騎手が今回は上位を負かすだけの思い切った走りを見せてもらいたい。
 

クイーンカップ直後

 

2019年2月11日 クイーンカップ 芝1600m 東京競馬場

1着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)
2着:ビーチサンバ 牝3 (福永祐一)
3着:ジョディー 牝3 (武藤雅)

レースタイム:1:34.2(良)
レース上がり3ハロン:33.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.1
 
ゲート内の待機中に、隣の馬が暴れて気が散ったタイミングで発馬を切られたビーチサンバ。2馬身近いビハインドを背負ってのレースとなったが、慌てず最後方からレースを進めて直線勝負に懸けた。外から勢い良く上がって行くと、ライバルと目されたクロノジェネシスに並びかける。しかし、向こうに余力が残っておりかわし切る所までは行かず、クビ差届かずの2着惜敗を喫してしまう。福永祐一騎手もスタート時の不利を悔やみつつも、次走に向け期待を持った表情でコメントを残していた。
 

クイーンカップ直前

 
軽快に坂路を駆け上がるビーチサンバ

軽快に坂路を駆け上がるビーチサンバ

via google imghp
 
阪神ジュベナイルフィリーズでは早め抜け出しで最後は上位2頭に差される形となったビーチサンバ。力負けでは無く、現時点での完成度の差だったのではないだろうか。目一杯に仕上げる事なく、ソフトな調教を続ける同馬はまだまだ伸びシロも十分。この2ヶ月でその差が逆転している事も十分想定しておかなくてはならない。この後は桜花賞へ直行予定だけに、陣営としてはここで先ずはクロノジェネシスを撃破しておきたいところだろう。
 

阪神ジュベナイルフィリーズ直後

 

2018年12月09日 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m 阪神競馬場

1着:ダノンファンタジー 牝2 (川田将雅)
2着:クロノジェネシス 牝2 (北村友一)
3着:ビーチサンバ 牝2 (福永祐一)

レースタイム:1:34.1(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
スタートを決めて前の集団からやや離れた中団に位置したビーチサンバ。後方のダノンファンタジーやクロノジェネシスなどの動きを見れる絶妙なポジショニングで前半は完璧なレース運びと言える。直線に向いて追い出されると、やはり上位人気勢との決めて勝負に屈する形となり2戦目のアルテミスステークスの様なゴール前で突き放される負けでの3着となった。しかし、現状で出来る100%の騎乗だっただけにこれで負けたら致し方無し。
 

阪神ジュベナイルフィリーズ直前

 
坂路を力強く駆け上がるビーチサンバ

坂路を力強く駆け上がるビーチサンバ

via google imghp
 
アルテミスステークスは明らかに展開の妙で負けたビーチサンバ。自ら前を潰しに行った所で大外からシェーングランツの強襲に遭っただけで、味方を変えれば一番強い内容だったのは同馬だろう。阪神マイルは新馬戦で一度経験している舞台、シェーングランツは未経験のコースだけに十分逆転の余地はある。その阪神ジュベナイルフィリーズを現役最多の3勝もあげている福永祐一騎手が乗るのだから先ず上位争いは必至だろう。勝てば兄妹で2歳チャンプとなるのもまさに運命的な結末かもしれない。
 

アルテミスステークス直後

 

2018年10月27日 アルテミスステークス 芝1600m 東京競馬場

1着:シェーングランツ 牝2 (C.ルメール)
2着:ビーチサンバ 牝2 (藤岡康太)
3着:エールヴォア 牝2 (浜中俊)

レースタイム:1:33.7(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
 
道中は中団後方から前を見る形で追走したビーチサンバ。レースの中盤からジワジワとポジションを押し上がて行き直線入り口ではほぼ先頭集団に並びかける競馬。そこから更に加速すると単独先頭に立ち勝利も目前のところまで来た。が、大外から追い込んだシェーングランツにかわされて半馬身差の2着と悔しい敗戦。しかし、当馬自身も相当に長い脚を使って3着以下を引き離しておりかなり強い内容だろう。上位2頭はグランアレグリアに迫れる素材か。
 

アルテミスステークス直前

 
今更ながら血統論もどうかだが、フサイチリシャールと同配合で余りゴチャゴチャした競馬は向いていないと考えて良さそう。新馬戦は瞬発力勝負で勝ったものの、それは能力の差によるものでどちらかと言えば良い脚を長く使うイメージだろう。そういう意味では東京競馬場はおあつらえ向きで、先行策から早め抜け出しの競馬でどこまで強豪に食い下がれるかだ。藤岡康太騎手に乗り代わるが、そこはしっかりと仕事を果たしてもらいたいところ。
 

2歳新馬直後

 

2018年09月15日 2歳新馬 芝1600m 阪神競馬場

1着:ビーチサンバ 牝2 (C.ルメール)
2着:オーロトラジェ 牝2 (M.デムーロ)
3着:ナムラマッチェリ 牝2 (秋山真一郎)

レースタイム:1:36.8(稍重)
レース上がり3ハロン:33.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.4
 
スタートはひと息だったものの、素早くリカバリーして中団外目のポジションを確保。ペースが緩いと見るや4コーナーで自ら押し上げ好位の番手をキープ。直線に入ると、外から迫るオーロトラジェの追撃を難なく制しデビュー戦を鮮やかに勝ち上がった。走りを見ても安定感のある内容で昇級してもそうそう崩れる事は無いだろう。精神面もタフそうなイメージがあり、地道にクラスを上げて上の舞台でも十分に活躍出来るポテンシャルを持っているのは間違いない。さすが良血、といったところか。
 

2歳新馬直前

 
稽古では水準以上の動きを披露するビーチサンバ

稽古では水準以上の動きを披露するビーチサンバ

via google imghp
 
名牝フサイチエアデールの14番仔にあたるビーチサンバ。その2番仔で全兄フサイチリシャールがGⅠを制した事は周知の通りだが、同馬もそれに負けないレベルの動きを見せている。強豪揃いの友道厩舎においても、先輩たちと併せてしっかり食らいつく走りが目に付く程だ。見映えも良く、まさに新馬から走るイメージが出来る1頭だろう。阪神の芝マイル戦で初陣を飾るが、オーロトラジェという強敵を相手にどこまでパフォーマンスが出せるか見ものである。
 

ビーチサンバ

 
ビーチサンバ(フサイチエアデール2016)

ビーチサンバ(フサイチエアデール2016)

牝馬

父馬:クロフネ
母馬:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:6戦1勝(1-2-1-2)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ3着など
via google imghp
 
フサイチエアデールの仔で、GⅠ馬フサイチリシャールの全妹にあたるビーチサンバ。さすがにフサイチエアデールも高齢で期待し辛い面があるものの、何よりあの金子真人氏がセレクトセールで約6000万円もの額で落札しているのが気になる。それとは別で友道康夫調教師がベタ褒めしているコメントも確認出来、意外に走って来る可能性は高い。
 

血統背景

 
クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ブルーアヴェニュー Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
コレラ
フサイチエアデール サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ラスティックベル Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Ragtime Girl Francis S.
Swinging Doll


 

兄弟馬

 
ライラプス(フサイチエアデール2002)

ライラプス(フサイチエアデール2002)

牝馬

父馬:フレンチデピュティ
母馬:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:29戦3勝(3-2-2-22)
主な戦績:クイーンカップなど
via google imghp
 
フサイチリシャール(フサイチエアデール2003)

フサイチリシャール(フサイチエアデール2003)

牡馬

父馬:クロフネ
母馬:フサイチエアデール
母父:サンデーサイレンス
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:関口房朗

通算成績:24戦5勝(5-3-0-16)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス、阪神カップなど
via google imghp
 

近親馬

 
アドマイヤエイカン(ペルヴィアンリリー2013)

アドマイヤエイカン(ペルヴィアンリリー2013)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ペルヴィアンリリー
母父:フレンチデピュティ
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:19戦4勝(4-4-2-9)
主な戦績:札幌2歳ステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.7pt

 
未勝利馬も数頭いるが3勝以上が6頭、重賞馬も2頭出しており、現役より繁殖で更に結果を出した母。クロフネで結果を出している母だけにある程度信用していいだろう。
 

前評判

 
セレクトセール時に友道康夫氏が一目惚れして違う馬主に購入をお願いしたが落札出来ず。しかし、それを聞いた当の落札者金子真人氏が友道厩舎に預託を依頼したというエピソードがある。友道氏も『バランスの取れた好馬体はいつ見ても惚れ惚れしますね』と褒めちぎっている。これはもしかしたらもしかするかも。
 

馬名の意味

 

ビーチで踊るサンバ

 
金子真人氏らしいと言えばらしいネーミング。こんな安易な馬名でも簡単にGⅠ馬で登り詰める場合もあるだけに、氏の強運は末恐ろしい。

関連記事

関連タグ

著者