アンタレスステークス直後

 

2019年4月13日 アンタレスステークス ダート1800m 阪神競馬場

1着:アナザートゥルース セ5 (大野拓弥)
2着:グリム 牡4 (浜中俊)
3着:ロンドンタウン 牡6 (吉田隼人)

レースタイム:1:50.8(稍重)
レース上がり3ハロン:37.6
勝ち馬上がり3ハロン:37.2
 
外枠という事もあったのだろうが、いつもよりゆったりめに出して行ったヒラボクラターシュ。本来なら2~3番手から早め抜け出しのタイプではあるが、中団から差す競馬にシフトチェンジの騎乗だったか。馬自体の行きっぷりもそこまでで、各馬が4コーナーで上がって行く時にも既に鞍上が追い通し。そこから伸びる訳もなく、ズルズルと後退して久々に大敗するシーンを目の当たりにした。今年4走目という使い込みも原因か、暫く休養を取るのも良いだろう。
 

プロフィール

 
ヒラボクラターシュ(ヒラボクウィン2015)

ヒラボクラターシュ(ヒラボクウィン2015)

牡馬

父馬:キンシャサノキセキ
母馬:ヒラボクウィン
母父:ワイルドラッシュ
所属:大久保龍志厩舎(栗東)
生産:辻牧場
馬主:平田牧場

通算成績:14戦5勝 (5-3-0-6)
主な戦績:佐賀記念など
via google imghp
 
母の兄には平安ステークスを勝ったヒラボクキングが、更に遡ると曾祖母があの名種牡馬ブライアンズタイムの妹というれっきとした名血の出自であるヒラボクラターシュ。ダートで頭角を現すのも頷ける1頭で、キンシャサノキセキと言えども母系の優れたスタミナから中距離がこなせるというのも納得。500kgを超える大型馬だが、器用な立ち回りで安定したパフォーマンスを出せるのが強みである。
 

血統背景

 
キンシャサノキセキ フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
ケルトシャーン Pleasant Colony His Majesty
Sun Colony
Featherhill Lyphard
Lady Berry
ヒラボクウィン ワイルドラッシュ Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
Rose Park Plugged Nickle
Hardship
エンキャンタドゥ Rahy Blushing Groom
Glorious Song
Floramera Seattle Slew
Kelley's Day


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ヒラボクキング(エンキャンタドゥ2007)

ヒラボクキング(エンキャンタドゥ2007)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エンキャンタドゥ
母父:Rahy
所属:大久保龍志厩舎(栗東)
生産:辻牧場
馬主:平田牧場

通算成績:22戦6勝(6-1-1-14)
主な戦績:平安ステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ブライアンズタイムの半妹から伸びる一族、Graustark、Seattle Slew、Rahyと無駄なく重ねてからの母父ワイルドラッシュでキンシャサノキセキで〆。血統的には結局最後キンシャサノキセキなので短距離にでそうだが現状は中距離で戦っている。母の半兄もダート重賞馬で兄弟実績はないが中央主戦場の兄弟がいないだけで注目の血統かもしれない。
 

前評判

 
ダートの新馬戦を完勝している辺り、戦前からしっかりと動けていたのだろう。とにかく常に前目の位置で安定した走りを見せる馬主孝行な1頭だ。クラス云々ではなく、相手に合わせて走れるタイプでそうそう大崩する事もない。逆を言えば、勝ち味に遅い部分はある。距離適性も広く、ある程度のレンジである程度のパフォーマンスを出せる事が強みでもあり弱みにも転じる。
 

馬名の意味

 

冠名+努力(フランス語)

 
ヒラボクという冠名がインパクトがあるのである意味でどんな単語もまとめれるネーミング。

関連記事

関連タグ

著者