函館2歳ステークス直後

 

2019年7月21日 函館2歳S 芝1200m  函館競馬場

1着:ビアンフェ 牡2 (藤岡佑介)
2着:タイセイビジョン 牡2 (C.ルメール)
3着:プリンスリターン 牡2 (原田和真)

レースタイム:1:09.2(良)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:35.6
 
スタートは決まったものの、前に行く他の馬が速く中団やや後方からの追走となったパフェムリ。先頭から大きく離される事なくジワッと好位に上がって行きながら4コーナーを迎える。直線に入って内へ強引に切れ込みながらインから強襲するも、逃げ粘るビアンフェには遠く及ばずの4着に終わってしまった。それでも、1200mが不向きな印象を受け、マイル前後ならこのクラスでも十分戦って行けそうなイメージ。馬体的にもまだ成長の余地はあり、今後の伸び方次第ではもっと良い走りを期待出来そうだ。
 

パフェムリ

 
パフェムリ(タイヨウパフューム2017)

パフェムリ(タイヨウパフューム2017)

牝馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:タイヨウパフューム
母父:ジャングルポケット
所属:岡田稲男厩舎(栗東)
生産:日高大洋牧場
馬主:日高大洋牧場

通算成績:2戦1勝 (1-0-0-1)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
母系は取り立てて強調する材料もないが、強いて挙げれば祖母ノーザンヴィーナスから5勝の産駒が2頭など、複数勝ちが6頭中5頭もいる隠れた優良繁殖牝馬という点か。その血を色濃く受け継いでいるならば、タイヨウパフューム自体の仔出しも少なからず期待は持てる。初年度産駒は外れを引いたが、ジャングルポケットの肌にヴィクトワールピサの本馬パフェムリはある程度馬体に伸びも感じられ良い意味で化けそうな雰囲気も感じられる1頭だ。
 

血統背景

 
ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ホワイトウォーターアフェア Machiavellian Mr.Prospector
Coup de Folie
Much Too Risky Bustino
Short Rations
タイヨウパフューム ジャングルポケット トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダンスチャーマー Nureyev
Skillful Joy
ノーザンヴィーナス ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
ダボナアンビション Seattle Slew
ダボナゴールド


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
けして血統構成が悪いわけではないがB級の構成だろう。ファミリー兄弟に活躍馬はおらず血統背景からの強調材料はない。ジャンポケ×ヴィクトワールピサで芝は芝もパワー先行型の印象。
 

前評判

 
名門日高大洋牧場の牝系だけに悪くない質と代重ねだが、さすがにジャングルポケットの肌にヴィクトワールピサと来れば中距離辺りでのレンジとなりそうなもの。それでも牝馬で勝ち気な印象から2歳戦ではある程度短距離でも戦って行けるのだろう。ノーザンテースト→ジャングルポケット→ヴィクトワールピサという流れからも、是非繁殖にあげて良い種牡馬を付けてもらいたい。
 

馬名の意味

 

香水店(フランス語)

 
母名から連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者