馬体診断

 
パスティス(ハヤランダ2015)

パスティス(ハヤランダ2015)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ハヤランダ
母父:ランド
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 
金子真人氏の秘蔵っ子的存在のパスティス。馬体は見ての通り垢抜けた印象で、ハーツクライ産駒にしてはボリューム感のある馬体となっている。しかし、所々を見るとまだ未完成のパーツが多くやはり本格化は3歳以降というイメージだろう。まだ幾分背が足りずここから更に大きくなって来そう。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ハヤランダ ランド Acatenango Surumu
Aggravate
Laurea Sharpman
Licata
Haya Samma Pivotal Polar Falcon
Fearless Revival
Singing Lark Pampabird
Terre de Feu


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
血統背景としては、日本実績馬がファミリーにいないし母も現役実績があるわけでもないし血統構成もPivotalにランドなので強調材料はまったくない。
 

前評判

 
『同じハーツクライ産駒のシュヴァルグランとよく似ている』とは牧場関係者のコメントで、管理予定の須貝尚介調教師は『体高が低めだが、これからどんどん良くなって来そう。背が伸びてくれば良良いね』との談。やはり血統的には遅咲きタイプだろう。それでも上手く行けば日本ダービーに間に合うかもしれない。
 

馬名の意味

 

マルセイユ生まれのリキュール

 
金子真人オーナーのネーミングのルールがよく分からないが、シャケトラと言いお酒の名前もチラホラ目にする。単に本人がお酒好きなのだろうか。
 

編集部の評価

 
馬体は良いとおもうが惹かれるポイントがなさすぎる。全く検討しないで見送る。(大川)
 
本馬は直感で指名。かなりリスクの高い1頭だが、立ち姿と顔つきが好印象だった。金子真人氏が何の勝算も無くセールで1億弱も出さないだろう。初仔とは言え、母ハヤランダも凱旋門賞に出走した馬。いきなりの爆発を期待して決意のチョイスだ。(田中)

関連記事

関連タグ

著者