先行するも坂上で失速し7着

 

2018年09月30日 スプリンターズステークス 芝1200m 中山競馬場

1着:ファインニードル 牡5 (川田将雅)
2着:ラブカンプー 牝3 (和田竜二)
3着:ラインスピリット 牡7 (武豊)

レースタイム:1:08.3(稍重)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
外から積極的に先行しレースの主導権を握ったナックビーナス。逃げるワンスインナムーンを併走していたラブカンプーと共に早めに捉えに行き直線コースへ。一旦は先頭に立つ勢いで伸びるも、ラブカンプーとの叩き合いに競り負け坂の途中で一気に後退。最後は差し馬たちに追い抜かれ7着といつもの先行抜け出しパターンが不発に終わってしまった。さすがにGⅠともなるとモレイラマジックも利きが悪い様である。
 

“マジックマン”の魔法が再び?

 
追い切りでは軽快な動きを見せるナックビーナス

追い切りでは軽快な動きを見せるナックビーナス

via google imghp
 
善戦キャラを脱した前走のキーンランドカップ。先行してそのまま他馬を突き放す競馬はGⅠ級のパフォーマンスを感じさせる1戦だった。それも鞍上J.モレイラ騎手の手腕なのだろうか。これまで2、3着が多く詰めの甘さがネックだった当馬を見違える程の走りに転換出来る芸当はやはり“マジックマン”たる所以である。その相性の良いコンビがまた中山の舞台で勇躍する事になれば、人馬にとって嬉しい初タイトルとなる。
 

モレイラも渾身のガッツポーズ

 

2018年08月26日 キーンランドカップ 芝1200m 札幌競馬場

1着:ナックビーナス 牝5 (J.モレイラ)
2着:ダノンスマッシュ 牡3 (北村友一)
3着:ペイシャフェリシタ 牝5 (田辺裕信)

レースタイム:1:09.4(稍重)
レース上がり3ハロン:35.7
勝ち馬上がり3ハロン:35.7
 
抜群のスタートから無理せず先手を取ったナックビーナス。外からオールインワンが競りかけ、前半33秒7の入りは馬場を考えると少々早めのペースだっただろう。それでも気分良く快走、直線入り口を逆に後続を引き離し気味で迎えると最後まで脚色は衰えず圧巻の走り。2着以下に影をも踏ませぬ内容でまさに完璧な勝利と言える。鞍上のJ.モレイラ騎手もしてやったりの表情でゴール後には珍しくガッツポーズを見せ喜びを爆発させていた。ナックビーナスにとっては待望の重賞初タイトルだ。
 

ナックビーナス

 
ナックビーナス(レディトゥプリーズ2013)

ナックビーナス(レディトゥプリーズ2013)

牝馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:レディトゥプリーズ
母父:More Than Ready
所属:杉浦宏昭厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:小松欣也

通算成績:28戦7勝(7-8-5-8)
主な戦績:キーンランドカップなど
via google imghp
 
2015年千葉サラブレッドセールにて約2000万円もの額で取引をされたナックビーナス。市場規模を考えれば十分に高額馬と言って良く、母レディトゥプリーズは米重賞勝ち馬で社台ファーム生産という意味では納得である。それだけ馬のデキが良く、新馬からこれまでの成績は安定感抜群のひと言。詰めの甘さがキャラクターとして定着していたが、むしろ馬主孝行と言えるのではないだろうか。
 

血統背景

 
ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
レディトゥプリーズ More Than Ready サザンヘイロー Halo
Northern Sea
Woodman's Girl Woodman
Becky Be Good
Guilty Pleasure Pine Bluff Danzig
Rowdy Angel
Exquisite Mistress Nasty and Bold
El Hamo


 

兄弟馬

 
トワイライトタイム(レディトゥプリーズ2015)

トワイライトタイム(レディトゥプリーズ2015)

牡馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:レディトゥプリーズ
母父:More Than Ready
所属:五十嵐忠男厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:三田昌宏

通算成績:7戦2勝(2-0-2-3)
主な戦績:3歳上500万下など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリーに日本実績馬はおらず兄弟も走っていない。ただ母は良いか悪いかは不明だが見事なクロスの設計で構成された血統馬である。この先、兄弟が走ってくる可能性は低いだろう。
 

前評判

 
前評判という意味では、負けはしたものの新馬戦であのワンブレスアウェイを抑えて堂々の1番人気を飾っている。馬体面や追い切りの時点で周囲からも高評価を受けていたのだろう、時間は少々掛かったがその期待通りに重賞戦線にまで上り詰めれる馬は極わずか。その点、同馬は紛れもなく優秀な競走馬であり故障など無くコンスタントに使えている事自体が質の高さを物語っているのではないだろうか。
 

馬名の意味

 

冠名+美の女神

 
王道のワードではあるがナックとの掛け合わせで良い馬名に聞こえるネーミング。

関連記事

関連タグ

著者