早めの競馬で勝ちに等しい内容

 

2018年09月01日 札幌2歳ステークス 芝1800m 札幌競馬場

1着:ニシノデイジー 牡2 (勝浦正樹)
2着:[地]ナイママ 牡2 (五十嵐冬樹)
3着:クラージュゲリエ 牡2 (M.デムーロ)

レースタイム:1:50.1(良)
レース上がり3ハロン:37.6
勝ち馬上がり3ハロン:37.0
 
まさに前走のコスモス賞と同じ競馬で早めの捲りを見せたナイママ。速い上がりを使えないという点を考慮してのレース運びだろうが、鞍上の五十嵐冬樹騎手も中央での戦い方を心得ている。そのまま粘り込みを図るも、ニシノデイジーとの叩き合いに競り負け惜しくも2着。とは言え、最後まで食らいついている所を見ると十分に評価して良い内容だ。今後は川崎競馬の河津厩舎へ移籍、クラシック戦線に向けて関東へ移動するとの事。
 

ナイママ

 
[地]ナイママ(ニシノマドカ2016)

[地]ナイママ(ニシノマドカ2016)

牡馬

父馬:ダノンバラード
母馬:ニシノマドカ
母父:ジャングルポケット
所属:田部和則厩舎(北海道)
生産:道見牧場
馬主:岡田繁幸

通算成績:4戦2勝(2-2-0-0)
主な戦績:コスモス賞など
via google imghp
 
昨年の北海道サマーセールにて岡田繁幸氏の目にとまり、700万弱で落札されたナイママ。北海道の田部厩舎でデビューを飾りトントン拍子で札幌のコスモス賞を制覇。勢いに乗って札幌2歳ステークスでも2着と、中央勢と互角の競馬を繰り広げている。オーナーの意向で地方所属のまま中央競馬へ挑戦し続けるという過酷な挑戦を継続中で、今後は移動の問題などを軽減するべく川崎競馬の河津厩舎へ移籍するとの事。一昨年のトラスト同様、クラシックへ挑む事は出来るか。
 

血統背景

 
ダノンバラード ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
レディバラード Unbridled Fappiano
Gana Facil
Angelic Song Halo
Ballade
ニシノマドカ ジャングルポケット トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダンスチャーマー Nureyev
Skillful Joy
ニシノプロミネンス ブライアンズタイム Roberto
Kelley's Day
ブランドノーブル シェルシュールドール
ニシノマッサリア


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリー、血統構成ともに強調材料はまったくない。
 

前評判

 
そもそも新種牡馬ダノンバラード産駒で母も確たる繁殖実績無し。その馬をセールでそこそこの値段で競り落とし中央の重賞で好走させる岡田繁幸氏の相馬眼恐るべしだろう。毎年の様に英ダービーに挑戦すると言っては話題の馬を放り込んで来るが、やはり馬の見る目だけは確か。日高などの中小牧場の生産意欲が上がるというもの。同期のアルママにだけは負けないで頂きたい。
 

馬名の意味

 

無いがまま

 
オルフェーヴル×ホエールキャプチャ産駒のアルママ(あるがまま)と同世代で対象的な言葉。

関連記事

関連タグ

著者