田辺『前走はもっと走れたんですが…』

 

2019年3月30日 ダービー卿チャレンジトロフィー 芝1600m 中山競馬場

1着:フィアーノロマーノ 牡5 (川田将雅)
2着:プリモシーン 牝4 (福永祐一)
3着:マイスタイル 牡5 (横山典弘)

レースタイム:1:31.7(良)
レース上がり3ハロン:35.2
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
道中は2着になったプリモシーンを前に理想的な展開となったドーヴァー。ペースも流れまさにドンピシャのタイミングで追い出しを図ったが、外に持ち出してから伸びあぐねる結果に。そのままダラダラと脚を使うだけで7着と期待を裏切る形になってしまった。前走の様な走りをイメージしていた田辺騎手もガッカリしていたが、数字だけで見ると単純に時計が足りなかっただけ。同馬自身、タイムも上がりも前走より速くパフォーマンスは出し切っているのだ。
 

ドーヴァー

 
ドーヴァー(オルダニー2013)

ドーヴァー(オルダニー2013)

牡馬

父馬:アドマイヤムーン
母馬:オルダニー
母父:Elusive Quality
所属:伊藤圭三厩舎(美浦)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主:ゴドルフィン

通算成績:23戦6勝(6-2-2-13)
主な戦績:ニューイヤーステークスなど
via google imghp
 
曾祖母の産駒に愛ナショナルステークスなどを制したDanehill Dancerがいる由緒ある血統で、そこにダーレー御用達のアドマイヤムーンを配合したのがドーヴァーである。血統内にNorthern DancerとMr.Prospectorの多重クロスが混在し、スピードと底力をしっかり受け継いだ印象。言わずもがな、距離適性はマイル以下になる事が明白だ。類まれなスピードを活かして重賞戦線を賑わせる事はできるか。
 

血統背景

 
アドマイヤムーン エンドスウィープ フォーティナイナー Mr.Prospector
File
Broom Dance Dance Spell
Witching Hour
マイケイティーズ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ケイティーズファースト Kris
Katies
オルダニー Elusive Quality Gone West Mr.Prospector
Secrettame
Touch of Greatness Hero's Honor
Ivory Wand
Adonesque Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Mira Adonde Sharpen Up
Lettre d'Amour


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
Danehill Dancer(Mira Adonde...

Danehill Dancer(Mira Adonde1993)

牡馬

父馬:デインヒル
母馬:Mira Adonde
母父:Sharpen Up
所属:Neville Callaghan厩舎(愛)
生産:L.K.and K.McCreery(愛)
馬主:Michael Tabor

通算成績:11戦4勝(4-1-1-5)
主な戦績:愛ナショナルステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
一族にはMr. GreeleyやDanehill Dancerがいるがファミリー含めて日本実績馬はいない。血統構成はさすがダーレーといった感じで父ムーンを良いとすると良い血統だろう。姉も父のわりに4勝しており当馬も4勝以上しているので今後の兄弟には期待出来る血統だろう。
 

前評判

 
初年度産駒である姉のブルーストーンがコマンズで現役4勝を挙げている事を考えると、父が上位互換されたドーヴァーはもっと期待されていたのだろう。実際、それを超える6勝を重ねており、重賞クラスまで後一歩のところまでやって来ている。デインヒルダンサーを近親に持つ血統という事で成長力に疑問は感じるものの、それを補って余りあるアドマイヤムーンのスピード力が魅力の1頭だ。
 

馬名の意味

 

英国の港湾都市名

 
よく耳にするドーヴァー海峡の場所にあたる都市だろう。

関連記事

関連タグ

著者