前走は追って味のある走り

 

2018年12月15日 ひいらぎ賞 芝1600m 中山競馬場

1着:ダノンキングリー 牡2 (戸崎圭太)
2着:ミトロジー 牡2 (B.アヴドゥラ)
3着:ドラウプニル 牡2 (C.デムーロ)

レースタイム:1:33.7(良)
レース上がり3ハロン:36.1
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
 
これまでとは違い、前走のひいらぎ賞は後方待機策で追い込みに懸けたドラウプニル。直線で上手く外に持ち出すと、そこからミトロジーと馬体を併せてグングン加速する。勝ったダノンキングリーには及ばなかったが、それでも最後まで脚を伸ばして3着入線と一応のメドを立てる走りだったろう。ゴール前の勢いを見る限りもう少し距離が延びても良さそうで、今回の若竹賞では新しい一面が見られるかもしれない。
 

ドラウプニル

 
ドラウプニル(ヴェルザンディ2016)

ドラウプニル(ヴェルザンディ2016)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:ヴェルザンディ
母父:アグネスタキオン
所属:斉藤崇史厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:4戦1勝 (1-1-1-1)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
祖母にウインドインハーヘアがいる血統で、ディープインパクトやレイデオロは近親にあたるドラウプニル。繁栄一族の中でもやや控えめな母ヴェルザンディだが、いつ爆発してもおかしくない下地は揃っていると言えるだろう。ルーラーシップ産駒にしては器用さもあり、小脚も使えるタイプ。どちらかと言うとは母父アグネスタキオンが色濃く出ている様にも思える。
 

血統背景

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
ヴェルザンディ アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ディープインパクト(ウインドインハーヘア2002)

ディープインパクト(ウインドインハーヘア2002)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ウインドインハーヘア
母父:Alzao
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:14戦12勝(12-1-0-1)
主な戦績:クラシック3冠、有馬記念、宝塚記念、天皇賞春、ジャパンカップなど
via google imghp
 
レイデオロ(ラドラーダ2014)

レイデオロ(ラドラーダ2014)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦7勝(7-2-1-2)
主な戦績:日本ダービー、天皇賞秋など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ハイクレア一族でディープインパクトなどと同族で兄弟は走っていないがさすがの良血。兄弟にも今後当たり馬の期待はできるだろう。
 

前評判

 
ゲートの出が早く、デビュー前に2F目11秒台を楽に叩き出したドラウプニル。ルーラーシップ産駒特有のモタツキが無く、明らかにタイプの違う出方をしている。その為、短距離でも器用な競馬で色々なポジションからレースが出来るのだろう。血統的には古馬になってからも成長力はある一族、長い目で見守りたい。
 

馬名の意味

 

北欧神話の主神オーディン所有の黄金の腕輪

 
母名から連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者