松浜特別直後

 
2019年10月26日 松浜特別 芝2000m 新潟競馬場

2019年10月26日 松浜特別 芝2000m 新潟競馬場

1着:トーセングラン 牡3 (横山和生)
2着:マイネルミュトス 牡3 (丹内祐次)
3着:クリノオスマン セ5 (嶋田純次)

レースタイム:2:00.2(稍重)
レース上がり3ハロン:35.4
勝ち馬上がり3ハロン:35.1
via google imghp
 
少頭数で外枠からでもすんなり前目の付けられたトーセングラン。ちょうど未勝利と同じポジションニングで、新潟2000mの勝ち方を知っているかの様なレース運びとなった。ヒラボクプレミアムが後続を引き離すハイペースで逃げ、そこから離れた3番手を追走し逃げる形での道中。脚をしっかり溜めつつ直線コースに入ると、後は楽な手応えで前をかわし楽々先頭へ。後は2着マイネルミュトスが追い上げるのを待ってリードを保ちながらのゴール入線となった。長いトンネルを抜けての初勝利から一気の連勝で勢いを付け上昇気流に乗って行きたい。
 

トーセングラン

 
トーセングラン(スタイルアンドクラス2016)

トーセングラン(スタイルアンドクラス2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:スタイルアンドクラス
母父:Galileo
所属:田村康仁厩舎(美浦)
生産:エスティファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:10戦2勝(2-3-2-3)
主な戦績:3歳上1勝クラスなど
via google imghp
 
祖母Pipalongは英GⅠのスプリントカップなど、キャリア10勝をあげた名牝でその肌にGalileoを付けたのが母スタイルアンドグラス。その母を島川隆哉氏が購入し日本へ持ち込み、エスティファームで自家生産をして生まれたのがこのトーセングランである。ヴァンキッシュランでの成功事例が影響しているのか、ディープインパクト×Galileoの配合がいたくお気に入りなのであろう。確かにニックス配合ではあるが、それ以上の大物は他でも輩出されていないだけに微妙なところではある。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
スタイルアンドグラス Gallileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegretta
Pipalong Pips Pride Efisio
Elkie Brooks
Limpopo Green Desert
Grey Goddess


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
欧州スプリントG1馬の祖母にガリレオ×ディープインパクトという超良血の血統構成。日本種牡馬産駒としては1頭目で期待の1頭といえる。ファミリーと兄弟には日本実績馬はいないがはたしてどうか。
 

前評判

 
島川隆哉氏の自家生産馬で主だった評判は届いて来ていないものの、客観的に見た血統構成からしても重賞戦線で活躍していておかしくない1頭。但し、成長力という点で言えば本格化するのは古馬になってからというイメージはどうしても強い。バリバリの欧州血統が2歳〜3歳春から覚醒する事は少なく、そういう意味でも長い目で見守りたい存在ではある。
 

馬名の意味

 

冠名+大きい、偉大な(フランス語)

 
馬名通り、大きく偉大な存在の競走馬になって欲しいという想いを込めたネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者