デイリー杯2歳ステークス直後

 

2019年11月9日 デイリー杯2歳ステークス 芝1600m 京都競馬場

1着:レッドベルジュール 牡2 (武豊)
2着:ウイングレイテスト 牡2 (松岡正海)
3着:ペールエール 牝2 (M.デムーロ)

レースタイム:1:34.5(良)
レース上がり3ハロン:34.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
 
好発を決めるトリプルエースだったが、道中は徐々に後ろへ下がって行く形で中団からの競馬となった。折り合いを専念する余りに位置取りで後手に回ってしまい、勝負所では動くに動けないポジションに。他馬よりも追い出しが遅れ最後は外目に出して伸びてはいるものの、現状では4着に上がるのがいっぱいいっぱいの走り。もう少し前目である程度スムーズに流れていれば2着争いに加われていたのではないだろうか。課題の距離は十二分に対応できたと言って良い。
 

デイリー杯2歳ステークス直前

 
馬体が一回り大きくなって戻って来たトリプルエース

馬体が一回り大きくなって戻って来たトリプルエース

via google imghp
 
前走の小倉2歳ステークスは後手後手の競馬で実質まともに走ったのは最後の直線だけ。それでも上がり最速の脚で差のない2着と力を示した1戦だった。あの内容からも距離が伸びるのはむしろ追走がしやすくなる上、ポジションも間違いなく前に付けられるだろう。陣営も1200mは忙しいという判断から、今回のデイリー杯2歳ステークスに参戦して来ているのは明らか。夏の休養を挟んでパワーアップして帰って来た斉藤厩舎のエースが、クロノジェネシスの女王戴冠に向けて勢いを付ける。
 

小倉2歳ステークス直後

 

2019年9月1日 小倉2歳ステークス 芝1200m 小倉競馬場

1着:マイネルグリット 牡2 (国分優作)
2着:トリプルエース 牡2 (和田竜二)
3着:ラウダシオン 牡2 (武豊)

レースタイム:1:10.5(重)
レース上がり3ハロン:36.8
勝ち馬上がり3ハロン:36.2
 
発馬で出遅れてしまい、且つ休み明けで1200mの距離短縮と悪条件が重なった前半を進めたトリプルエース。幸いペースが速くなり後方でもまだ間に合う形で勢いを付けながら4コーナーへ。外に回さず内を突いてトップギアへ入れると、そこから馬群を縫ってグングン加速。先に抜け出したマイネルグリットにゴール前で際どく迫るも、僅かにクビ差届かず2着惜敗を喫した。スタートさえスムーズだったら楽に勝ち切っていたのではないだろうか。
 

小倉2歳ステークス直前

 
坂路で順調な調整過程を見せたトリプルエース

坂路で順調な調整過程を見せたトリプルエース

via google imghp
 
新馬戦で僅差ながら白星を飾ったトリプルエースだが、その時2着に負かしたレジェーロが折り返しの未勝利戦を圧勝。3着のミーアシャムもその後勝ち上がっており初戦のレベルは相当に高かった1戦と言えるだろう。そこからじっくり調整を続けて約3ヶ月、馬自身も更に成長を遂げており2戦目でパフォーマンスを上げて来る可能性は十分。1つ課題としては、新馬戦よりも恐らくタイム的に3秒近く詰めなければならない点。ここさえクリア出来れば上位争いは確実だ。
 

2歳新馬直後

 

2019年6月8日 2歳新馬 芝1200m 阪神競馬場

1着:トリプルエース 牡2 (和田竜二)
2着:レジェーロ 牝2 (西村淳也)
3着:ミーアシャム 牝2 (川田将雅)

レースタイム:1:12.5(稍重)
レース上がり3ハロン:34.8
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
 
外枠から一番のスタートを切ったトリプルエース。それでもスッと下げて他馬を前に行かせる形で一旦はレースを静観、その時も折り合いスムーズで非常に乗りやすい印象を受けた。そこから直線までは大きな動きもなく、前有利の展開で最後のストレートコースへ。逃げ馬レジェーロの完全な勝ちパターンを、そのトリプルエースが上がり最速の脚を使ってゴール前クビ差かわしたところがゴール。デビュー戦としては完璧な立ち回りでセンスの高さを見せ付けた。
 

トリプルエース

 
トリプルエース(Triple Pirouette2017)

トリプルエース(Triple Pirouette2017)

牡馬

父馬:Shamardal
母馬:Triple Pirouette
母父:サンデーサイレンス
所属:斉藤崇史厩舎(栗東)
生産:Godolphin
馬主:ゴドルフィン

通算成績:3戦1勝(1-1-0-1)
主な戦績:小倉2歳ステークス2着など
via google imghp
 
母トリプルピルエットは日本生産のサンデーサイレンス肌。ゴドルフィンがアイルランドに連れて行き、Shamardalを配合して逆輸入した外国産馬という扱いになる。母系はNorthern Dancer→Mr.Prospector→サンデーサイレンスという理想的且つ美しいラインを備えており、さすがゴドルフィンという様な代重ねの1頭。その品というか気質みたいなものが本馬にも伝わっている。
 

血統背景

 
Shamardal Giant's Causeway Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Mariah's Storm Rahy
イメンス
Helsinki Machiavellian Mr.Prospector
Coup de Folie
Helen Street Troy
Waterway
Triple Pirouette サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
シャター Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Savannah Dancer Northern Dancer
Valoris


 

兄弟馬

 
クワドループル(トリプルピルエット2012)

クワドループル(トリプルピルエット2012)

牡馬

父馬:コマンズ
母馬:トリプルピルエット
母父:サンデーサイレンス
所属:和田勇介厩舎(美浦)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主:ゴドルフィン

通算成績:37戦4勝(4-1-2-30)
主な戦績:4歳上1000万下など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
一族に日本実績馬はいないがさすがゴドルフィンというこれが本当に無駄がないという血統だといわんばかりにノーザンダンサーにミスプロ、そこにサンデーの母はこれ以上ない最上級の血統構成、ただ逆にインブリードも強いので種牡馬を選びづらい血統でもあるだろう。父は日本実績ないものの血統構成としては優秀な血統なのでインブリードつよめも血統構成は非常に魅力的な構成となっている。
 

前評判

 
とにかく母系の血統構成が素晴らしいの一言に尽きる。既に高齢の域に達している母をアイルランドに連れて行き、海外で繁用したゴドルフィンの英断にも拍手を送りたい。本馬の成功云々はともかく、サンデーサイレンスの肌が海外でも通用する様な時代が来れば日本競馬の底力を示す上で第一の証明になるだろう。父Shamardalは1200~2100mと幅広いレンジで実績はあげているが、産駒自体の適正としてはマイル以下か。
 

馬名の意味

 

母名の一部+エース

 
ネーミングの由来は至ってシンプルだ。

関連記事

関連タグ

著者