多摩川ステークス直後

 

2019年6月8日 多摩川ステークス 芝1600m 東京競馬場

1着:ファストアプローチ セ4 (木幡育也)
2着:サトノキングダム 牡6 (M.デムーロ)
3着:トライン 牡4 (松山弘平)

レースタイム:1:33.0(良)
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
17番枠からのスタートで無理に前へ行かず中団まで下げたトライン。そうなるとコースロスを避ける為に少しずつ下がってしまわければならず、結果として14番手の位置で追走となった。前が比較的楽なペースで決して展開は向いていない中での直線勝負。大外へ回すと、1頭だけ別の脚色でグングン追い込み、結果前残り決着だった上位2頭に迫る3着。昇級戦でこの目立つ競馬が出来れば勝ち切るのも時間の問題だろう。
 

トライン

 
トライン(マルケサ2015)

トライン(マルケサ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:マルケサ
母父:Kingmambo
所属:浜田多実雄厩舎(栗東)
生産:タイヘイ牧場
馬主:大野照旺

通算成績:9戦3勝(3-0-1-5)
主な戦績:4歳上1000万下など
via googlr imghp
 
近親にアルデバランⅡ、スピニングワールドといった短距離の名種牡馬が名を連ね、母系はStorm Cat→Kingmamboの肌という豪華でスキのない代重ね。そこにディープインパクトを掛け合わせるのだから、それは間違いなく走る素材として出て来るだろう。よく社台グループ以外でこの血統馬が存在しているなと感心させられた。日高地方の生産にも目を向けていかなければいけないと思わされる1頭だ。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
マルケサ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
Dietrich Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Piquetnol Private Account
Aviance


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
アルデバランⅡ(Chimes of Freedom1998)

アルデバランⅡ(Chimes of Freedom1998)

牡馬

父馬:Mr.Prospector
母馬:Chimes of Freedom
母父:Private Account
所属:Robert J.Frankel厩舎(米)
生産:Flaxman Holding Ltd.(米)
馬主:Famille Niarchos

通算成績:25戦8勝(8-12-3-2)
主な戦績:フォアゴーH、メトロポリタンHなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
一族に日本実績馬はいないもののアルデバランⅡ、スピニングワールドなどがおり牝系力はあると考えて良いだろう、そこにストームキャット、キングマンボと重ねた母は繁殖実績がなくとも期待したい血統構成と言えるので最後ディープインパクトでしめたい気持ちもわかる血統だろう。まだ兄弟の中では当馬のみが走り始めている程度だが少しは気になる血統と言える。
 

前評判

 
詳しい前評判などは伝え聞かなかったが、何かと良血馬を保有する大野オーナーのお墨付きと来れば注目せざるを得ない。これまでは話題先行型の馬が多かったものの、トラインに関しては血統構成だけで言えばリアルスティールなどを産んだラヴズオンリーミーにも匹敵するレベルの素晴らしさ。これで走る馬が出ないという方がおかしい。出来れば牝馬を産んで後世に繋いで行って欲しい。
 

馬名の意味

 

三位一体

 
響きは良い意味で耳に残るネーミング。

関連記事

関連タグ

著者