最後の産駒で錦を飾るか

 
日本を代表する名繁殖牝馬トキオリアリティーも遂に最後の産駒となった。これまで13頭の産駒で8頭の勝ち上がりという驚異的な実績だが、何より種牡馬がどれも違うという所が末恐ろしい。つまり、このデルニエリアルテも十分に可能性がありむしろゼンノロブロイの代表産駒とさえなり得るのだ。トキオリアリティーの最後の意地を見せつけて欲しい。
 

デルニエリアルテ

 
デルニエリアルテ(トキオリアリティー2015)

デルニエリアルテ(トキオリアリティー2015)

牝馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
所属:栗田徹厩舎(美浦)
生産:長浜牧場
馬主:山口功一郎
via google imghp
 
基本的にこれまでの兄弟はデビューが遅く余り情報も飛び交わないミステリアスな一族だった。リアルインパクト以降、産駒のほとんどを管理する堀厩舎という事情もあるだろうが、それにしても画像含めて過疎化する厄介なファミリーと言えよう。今回、馬主がキャロットファームから個人馬主に変わった経緯が気になるものの、それが理由でPOG内も不人気というなら指名する価値はある。
 

血統背景

 
ゼンノロブロイ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ローミンレイチェル マイニング Mr. Prospector
I Pass
One Smart Lady Clever Trick
Pia's Lady
トキオリアリティー Meadowlake Hold Your Peace Speak John
Blue Moon
Suspicious Native Raise a Native
Be Suspicious
What a Reality In Reality Intentionally
My Dear Girl
What Will Be Crozier
Solabar


 

兄弟馬

 
リアルインパクト

リアルインパクト

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:30戦5勝(5-5-2-18)
主な戦績:安田記念、ジョージライダーステークスなど
via google imghp
 
ネオリアリズム

ネオリアリズム

牡馬

父馬:ネオユニヴァース
母馬:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:18戦8勝(8-1-2-7)
主な戦績:クイーンエリザベス2世カップなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.7pt

 
兄弟に父違いでG1馬2頭と素質馬多数いるので母は優秀な繁殖馬と言えるが、牝馬産駒で結果がでておらず父ゼンノロブロイとなると兄弟より見劣るか。
 

前評判

 
前評判らしい噂が届いて来ないが、調教の動きは絶好なのだそう。毎年クラシック戦線が終わる頃にデビューする一族のイメージだが、今回は何やら雰囲気が違いそう。いずれにせよ、故障にだけは気を付けねばなるまい。ほぼ見事なまで父親が変わり続けている母だが、それでも勝ち上がれば8頭中6頭が3勝以上というハイアベレージ。さすがに初戦は注目して見たい。
 

馬名の意味

 

最後の現実(フランス語)

 
母の最終産駒である事から命名。母名のリアリティー(現実)から連想したネーミングだが、かなり良いセンス。
 

まとめ

 
2000年の初年度産駒から2013年を除いて毎年産駒を出し続けた母トキオリアリティー。内、リアルインパクトとネオリアリズムのGⅠ馬2頭を輩出し、その他も重賞で活躍する馬多数。正直、ここまで堅実な繁殖牝馬もいなかったのではないだろうか。その最終産駒となるデルニエリアルテだが、先ずは無事にターフを走り続けて欲しいばかりだ。

関連記事

関連タグ

著者