1分8秒台に迫る時計で楽勝

 

2018年08月05日 2歳新馬 芝1200m 小倉競馬場

1着:ディーブラッド 牝2 (武豊)
2着:グレーフィンソニア 牝2 (松若風馬)
3着:トシエ 牝2 (B.アヴドゥラ)

レースタイム:1:09.2(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:33.7
 
やや出遅れ気味で後方からの競馬となったディーブラッド。4コーナー手前でジワジワ押し上げて行くと直線入り口では逃げ馬の直後まで一気にポジションをあげる。そこから外目を鮮やかに伸びて楽々とかわす内容で勝利。自身は長く良い脚を使って、レースのタイムを1秒近く上回る走りだった。距離が伸びても対応出来そうで、マイルまでなら今後も上のクラスで十分活躍出来そう。何より、今の時期に余裕残しで1分9秒台前半ならかなり速い。
 

ディーブラッド

 
ディーブラッド(グローリーブラッド2016)

ディーブラッド(グローリーブラッド2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:グローリーブラッド
母父:Gone West
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノースヒルズ
馬主:ノースヒルズ

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
祖母Ski Dancerはアメリカの重賞馬でグローリーブラッド自体も日本で2勝をあげている。その産駒も基本的には勝ち上がりが見込め、ハズレの少ない一族と言っても良いだろう。1つ上の全姉アングルティールもそこそこの走りをしており、ディーブラッド自体も爆発力は無くとも安定して走る産駒のイメージは容易に付く。後はどこまで成長出来るか次第か。馬体重は春の段階で425kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
グローリーブラッド Gone West Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Secrettame Secretariat
Tamerett
Ski Dancer Baldski Nijinsky
Too Bald
Dance Song Run Dusty Run
Judith C.


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリー及び兄弟に日本実績はないので父ディープインパクトというくらいで血統背景からの強調材料は全くない。
 

前評判

 
『性格が大人しく乗りやすいですね。とにかく折り合い面にも不安が無く、どこからでも競馬出来そうです』と牧場スタッフも扱いやすさを強調。その通り、当初は秋デビューの予定だったところを、調整が思いの外進んで夏に始動する珍しいパターンでの動き出しとなった。
 

馬名の意味

 

父名の頭文字+母名の一部

 
偉大な父の血を受け継いでほしいとの想いでネーミング。

関連記事

関連タグ

著者