百日草特別は早く動いた分の負け

 

2017年11月05日 百日草特別 芝2000m 東京競馬場

1着:ゴーフォザサミット 牡2 (V.シュミノー)
2着:ナスノシンフォニー 牝2 (吉田隼人)
3着:ディロス 牡2 (戸崎圭太)

レースタイム:2:00.9(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
3戦目となった百日草特別ではややテンションが上り気味で、道中も引っ張りきりの手応え。途中から鞍上の抑えが効かなくなってハナを奪う形となるも、直線半ばまでは悠々と先頭を走りそのまま押し切るに見えた。しかし、さすがに前半の力みで坂上からはガス欠状態となり後続に差し切られての3着入線。それでも勝馬からほぼ0秒1差なら大いに評価したい。今回は勝手知ったる主戦のルメール騎手が鞍上で前進が見込める。若竹賞をあっさりと勝ち上がり、いざクラシック路線を殴り込みをかけれるか注目だ。
 

理想的な競馬のデビュー戦

 

2017年07月16日 2歳新馬 芝1800m 札幌競馬場

1着:ディロス 牡2 (C.ルメール)
2着:ユニオンローズ 牡2 (松岡正海)
3着:サダムラピュタ 牡2 (池添謙一)

レースタイム:1:52.8(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
新馬戦の走りは見事としか言い様が無い。スタートからスッと好意に取り付け折り合いスムーズ、1コーナーで前の馬が大きく斜行するも、それに惑わされず自身は至って冷静な走りを見せる。道中も物見せずにしっかりと前の馬を見据え、4コーナーにかけてお手本通りの上がり方。最後の直線でもブレの無いフォームでただ真一文字に伸び続け、1着で駆け抜けるというまさに理想的な競馬でデビュー戦を飾った。勝ち方が地味だけに余り注目されていない様だが、いきなりワグネリアンを食う可能性は十分にあるだろう。
 

ディロス

 
ディロス(ラトーナ2015)

ディロス(ラトーナ2015)

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ラトーナ
母父:Dansili
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:3戦1勝(1-1-1-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
馬体はステイゴールド産駒らしいコロンとした雰囲気。全体的に重心が低くドシッとした印象で、性格も走りもブレのない馬というイメージが容易につく。如何にも重厚な作りから、上がりよりもパワー勝負で活きて来るタイプなのは間違いなく、それこそ長距離戦で力を発揮しそうな1頭だ。馬体重は不明。
 

血統背景

 
ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ラトーナ Dansili デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
レトⅡ Diesis Sharpen Up
Doubly Sure
ランジェリー Shirley Heights
Northern Trick


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
Main Sequence

Main Sequence

セン馬

父馬:Aldebaran
母馬:Ikat
母父:Pivotal
所属:H.Graham Motion厩舎(米)
生産:Flaxman Holdings Ltd.(米)
馬主:Flaxman Holdings Ltd.

通算成績:21戦9勝(9-3-3-6)
主な戦績:ターフクラシック招待ステークス、ブリーダーズカップターフなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリーに海外実績馬は多い良血といえるが日本実績はないので彼がその先駆けとなれるかどうかだろう。
 

前評判

 
『とにかく馬っぷりが良いですね。気性も穏やかで扱いやすそうだし、芝の長いところでの活躍を期待しています』とは管理予定の木村哲也調教師からのコメント。母方のラインはなかなか趣の深い代重ねだ。ステイゴールドの血含めて、是非とも後世に繋がって行って欲しい血統構成でもある。
 

馬名の意味

 

ギリシャの島の名前

 
母名より連想。残り僅かなステイゴールド産駒から少しでも多くの活躍馬が出て欲しい。

関連記事

関連タグ

著者