チューリップ賞2018の結果

 

チューリップ賞2018の動画

 

レース回顧

 
サヤカチャンが逃げ、カレンシリエージョが番手に付ける平均的なペースの1戦。好スタートを切った女王ラッキーライラックが3番手を追走し、リリーノーブルとマウレアがそれをマークする形で隊列は形成された。位置取りそのままで直線コースに入ると、手応え抜群のラッキーライラックが単独先頭へ。後続の2頭も追随するが差は一向に縮まらず、休み明けでも楽な競馬で快勝したラッキーライラックが桜花賞へ向けて万全の復帰戦を勝利で飾った。今回は意識的に前目のポジションへ付け、多頭数で行われる本番の予行演習を行う余裕ぶり。現状では同馬を逆転出来そうな馬が見当たらず、先ずは1冠が濃厚な牝馬クラシック戦線の様相を呈して来た。強いて挙げるとすればシンザン記念を圧勝したアーモンドアイくらいだろう。
 

勝ち馬ラッキーライラック

 
ラッキーライラック

ラッキーライラック

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:4戦4勝(4-0-0-0)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞など
via google imghp
 
レース後、石橋騎手の『いつもより先行してどういう競馬をするか試しておきたかった』というコメントにもある様に、今回のチューリップ賞は試走の位置付けだった。つまり、リリーノーブルやマウレアを相手にしておらず、本番で如何なる条件下でも勝つ為の本当の意味のトライアルレースだったという訳だ。確かに、今回のレースは何度走ってもラッキーライラックが勝つイメージしか無く、桜花賞も余程のアクシデントや不利が無い限りは勝利が濃厚だろう。一体、女王を打ち負かす馬が現れるのか。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎ラッキーライラック
◯リリーノーブル
△マウレア
サラキア
×シグナライズ
スカーレットカラー
 

馬連:想定5点:◯勝利、三連単:想定24点:△的中

 
本命対抗はラッキーライラック>リリーノーブルで確定。単穴不要で連下にマウレアとサラキア。これだけだとさすがに3着拾えない可能性もあったので紐に単勝20倍以下を想定が理想だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:102.6 ※想定RR:99.6

 
                       
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 田中 清水 大川結城 単勝オッズ
1 5 ラッキーライラック 54.0 石橋 112.0 1:33.4 1.8
2 4 マウレア 54.0 武豊 105.5 2 × × 7.7
3 9 リリーノーブル 54.0 川田 106.0 クビ 2.9
4 10 サラキア 54.0 池添 106.0 2 10.9
5 6 レッドランディーニ 54.0 浜中 100.0 クビ × × × 97.3
6 8 シグナライズ 54.0 Cルメ 97.0 1 × × ×× 13.5
7 3 スカーレットカラー 54.0 岩田 99.5 1/2 × × 19.4
8 2 カレンシリエージョ 54.0 松山 97.0 アタマ 180.0
9 1ウインラナキラ 54.0 荻野極 90.0 5 284.9
10 7 サヤカチャン 54.0 松田 90.0 4 76.9


 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑤⑨-③④⑩ 的中
単勝 5 180円 枠連 4-5 710円
複勝 5 110円 ワイド 4-5 710円
4 140円 5-9 120円
9 110円 4-9 290円
馬連 4-5 750円 馬単 5→4 990円
三連複 4-5-9 410円 三連単 5→4→9 1,950円


 

危険な人気馬結果 マウレア→2着(3人気)

 
前走のクイーンカップは余りにも不可解な敗戦であり、その一点にスポットを当てて危険な人気馬に推挙したが単純に休み明けのポカだったという事だろう。リリーノーブルよりも後ろから差す競馬でしっかりと阪神ジュベナイルフィリーズの着順は逆転して見せた。後は本番でどこまでラッキーライラックに迫れるか。
 

穴馬予想結果 該当なし

 

編集部の回顧

 
クイーンカップでのマウレアの走りに振り回された。特に理由も無い敗戦は次走に印を回しにくく、ここはこれで点数を絞る上で仕方ない判断。とは言え、3連単で2000円弱付いているのは正直驚いた。せいぜい1000円強と思っていただけにかなり美味しい馬券だったのではないだろうか。(田中)
 
やはりラッキーライラックは強かったで終わりました。何も申し上げることはありません。私の予想は完敗です。マウレアも巻き返しがありましたが、リリーノーブル共々、勝馬とはやはりレベルの差がありますね。(清水)
 
敗因は、マウレアを1回凡走しただけで評価を下げた点だろう。阪神JFの結果を考えると2着と3着にさほど力差はなく、休み明けのリリーノーブルよりマウレアの方が先着する可能性は十分あったのでスカーレットカラー凡走したがそれ以外は問題なかった。ラッキーライラックが一番強い事にかわりはない。(大川)
 
阪神JFの上位3頭が順調に桜花賞へ。◯リリーノーブルは◎ラッキーライラックに完敗。△マウレアにも追い比べでクビ差負けと追い切りの動きの良さが実戦に繋がらず成長一息の感は否めず。(結城)
 

チューリップ賞2018の予想

 

◎ラッキーライラック

 
ラッキーライラック

ラッキーライラック

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦3勝(3-0-0-0)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズなど
via google imghp
 
現状、これといった不安材料の無い完全無欠の女王ラッキーライラック。豊富な先行力と確かな末脚、折り合いもスムーズで何らかの不利が無ければ負けるイメージが湧かない。一応のライバルはリリーノーブルだが、それをもマークする必要は無く単純に自分の競馬で回って来れば自ずと結果は付いて来ているだろう。三冠も視野に入れて良い逸材である。
 

◯リリーノーブル

 
リリーノーブル

リリーノーブル

牝馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:ピュアチャプレット
母父:クロフネ
所属:藤岡健一厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ2着など
via google imghp
 
一応の2番手はリリーノーブル。阪神ジュベナイルフィリーズでは唯一、ラッキーライラックに牙を向けた1頭である。先行抜け出しの盤石のスタイルには安定感があり、ラッキーライラックはともかく他馬と比べるとここも1枚抜けていると考えるべきか。休み明けがどうかだが、調教を見る限りは絶好調の一途。川田騎手がどういう手で女王に立ち向かうか注目したい。
 

△スカーレットカラー

 
スカーレットカラー

スカーレットカラー

牝馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:ヴェントス
母父:ウォーエンブレム
所属:高橋亮厩舎(栗東)
生産:ノースヒルズ
馬主:ノースヒルズ

通算成績:5戦1勝(1-3-0-1)
主な戦績:フェアリーステークス2着など
via google imghp
 
安定感で言えばリリーノーブルに負けるとも劣らないのがスカーレットカラー。崩れたアルテミスステークスでさえラッキーライラックから0秒4差の5着、目をつむって走って来ても掲示板は確保してくれるのはほぼ間違いない。ワンパンチ足りないのは否めないが、人気的な妙味も考えると連軸にはこちらの方が向いているかもしれない。
 

△マウレア

 
マウレア

マウレア

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:バイザキャット
母父:Storm Cat
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:下河辺牧場
馬主:落合幸弘

通算成績:4戦2勝(2-0-1-1)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ3着など
via google imghp
 
阪神ジュベナイルフィリーズでは差し脚鋭く3着に入線したマウレア。その後のクイーンカップでは確勝を期待されたが、見せ場無く疑問の多い敗戦を喫している。ひと叩きして動きは良化しているだけに、ここで巻き返さなければさすがに本番は難しいだろう。期待値込みで上位2頭を脅かす存在になってもらいたい。
 

△サラキア

 
サラキア

サラキア

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サロミナ
母父:Lomitas
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:3歳新馬
via google imghp
 
新馬戦はさすがの血統馬らしいパフォーマンスだったサラキア。姉サロニカもキャリア僅かながらエルフィンステークスを逃げ切るなど、クラスが上がっても走りで見劣らないのがエリート一族の強みか。2走目の上積み、チューリップ賞での1勝馬の活躍傾向含めてここでも十分立ち回れるだけの素材と判断したい。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:99.6

 
2歳女王と2番手、3番手がそろって登場、素質馬サラキアなど上位6頭の勝負だろうか。まずは女王をマルチ軸でおいて攻めた馬券もありかもしれない。
 
                                
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 田中 清水 大川結城 予想オッズ
1 ウインラナキラ 牝3 54.0 荻野極 90.0 344.4
2 カレンシリエージョ 牝3 54.0 松山 90.0 154.4
3 スカーレットカラー 牝3 54.0 岩田 102.0 × × 17.7
4 マウレア 牝3 54.0 武豊 103.0 × × 4.6
5 ラッキーライラック 牝3 54.0 石橋 112.0 1.8
6 レッドランディーニ 牝3 54.0 浜中 90.0 × × × 38.8
7 サヤカチャン 牝3 54.0 松田 90.0 56.9
8 シグナライズ 牝3 54.0 Cルメ 94.0 × × ×× 9.1
9 リリーノーブル 牝3 54.0 川田 106.0 3.4
10 サラキア 牝3 54.0 池添 100.0 14.1


 

危険な人気馬 マウレア(想定3人気)

 
消去法でのセレクト。ラッキーライラック、リリーノーブルにこれと言った死角が見当たらない為、クイーンカップでポカをしたマウレアに白羽の矢が立つのは仕方あるまい。終わってみれば阪神ジュベナイルフィリーズの上位決着ままという形も考えられるが、飛ぶとすればこの馬。
 

穴馬予想 該当なし

 

編集部の見解

 
ここは是が非でもラッキーライラックに勝ってもらいたい。今世代の牝馬で唯一、牡馬とまともに戦えそうなイメージが付く同馬だけにここは楽勝まで。対抗に一応のリリーノーブル。これもなかなかの馬とは思うがやはりそれでもラッキーライラックには勝てまい。連下に期待込みのサラキアを抜擢。後はサラキアが走らなかった時の3着候補。(田中)
 
ラッキーライラック。やはり強かったで終わりそうですが、最終追いの感じから本番に照準を定めていると見て▲まで。本命はリリーノーブル。データと調教の動きからここはこの馬で。マウレアも調教の動きは前走から一変しているので巻き返しがありそう。面白いのはサラキア。キャリアが浅いのでどうかですが走りがすごく良いので是非本番に駒を進めてほしいという気持ちを込めて△に。(清水)
 
本命は、ラッキーライラック。一応暫定ナンバーワンという事で。対抗はスカーレットカラー。リリーノーブルとの直接勝負もパフォーマンスはこちらが上で年明けに使っている点も考えると今回はこちらにぶがあると判断。リリーノーブルはラッキーライラックとの逆転は無いと判断して連下まで。サラキアは出遅れて良い行き足で集団においついての完勝だったがここは世代上位がそろっているのでどこまでやれるか。(大川)
 
本命は3戦無敗の2歳女王ラッキーライラック。帰厩後の調整も至極順調。勝って本番へ。対抗は阪神JF2着のリリーノーブル。その前走では中1週という厳しいローテの中での0.1秒差。最終追い切りでは抜群の瞬発力を見せており逆転も十分。この2頭の力が抜けており単穴は不要。(結城)

関連記事

関連タグ

著者