チャンピオンズカップ2018の結果

 

チャンピオンズカップ2018の動画

 

レース回顧

 
スタートを決めたルヴァンスレーヴが道中先行集団の一角に付けたレース。アンジュデジールが楽逃げを打って前有利の展開の中、直線でいち早く抜け出したルヴァンスレーヴが完璧な内容で中央のタイトルを初制覇。M.デムーロ騎手の腕が光った1戦だった。2着には最後方追走から内を鋭く伸びたウェスタールンドが入線、3着には安定勢力のサンライズソア。ケイティブレイブは太め残りもあったが、予想外の競馬で11着と大敗している。ルヴァンスレーヴがダート戦線の統一に成功した。
 

勝ち馬ルヴァンスレーヴ

 
ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴ

牡馬

父馬:シンボリクリスエス
母馬:マエストラーレ
母父:ネオユニヴァース
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:8戦7勝(7-1-0-0)
主な戦績:チャンピオンズカップ、南部杯、ジャパンダートダービーなど
via google imghp
 
圧巻の競馬でルヴァンスレーヴが強豪古馬勢を撃破。発馬を決めて道中は逃げ馬の直後を付ける競馬、そこから直線鋭く抜け出し後続に2馬身以上の差を付けて完勝の1戦だった。これでGⅠタイトルは4つ目、ゴールドドリームがいなかったとは言えこれで完全にダート戦線は統一したと言って良いだろう。後は海外のGⅠや、地方交流の帝王賞やかしわ記念、東京大賞典といったビッグタイトルを総ナメするだけ。今後の見通しは非常に明るい。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎ルヴァンスレーヴ
◯ケイティブレイブ
△サンライズソア
オメガパフューム
サンライズノヴァ
ノンコノユメ
ウェスタールンド
 

馬連:想定11点:◯勝利、三連単:想定60点:◯勝利

 
本命はルヴァンスレーヴ1択、対抗は単勝10倍以下の4頭から好みでチョイス、連下は単勝15倍以下プラスウェスタールンド想定が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:107.9 ※想定RR:109.1

 
                   
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 大川 河本 浜野 道永 単勝オッズ
1 2 ルヴァンスレーヴ 56.0 Mデム 116.0 1:50.1 1.9
2 12 ウェスタールンド 57.0 藤岡佑 109.0 2.1/2 32.1
3 9 サンライズソア 57.0 Jモレ 110.7 クビ × × 8.2
4 1 アンジュデジール 55.0 横山典 105.0 1.1/4 40.1
5 11 オメガパフューム 56.0 Cデム 107.8 2.1/2 9.2
6 7 サンライズノヴァ 57.0 戸崎 108.6 クビ 10.0
7 5 ノンコノユメ 57.0 内田 109.1 アタマ 13.4
8 13 ミツバ 57.0 松山 105.3 クビ 139.5
9 14 ヒラボクラターシュ 56.0 四位 100.3 1/2 95.3
10 6 アスカノロマン 57.0 太宰 104.7 1.1/2 296.0
11 8 ケイティブレイブ 57.0 福永 109.4 アタマ 5.0
12 10 センチュリオン 57.0 吉田隼 101.2 3/4 251.8
13 15 インカンテーション 57.0 三浦 106.3 1/2 × × 75.5
14 4 アポロケンタッキー 57.0 小牧 104.3 ハナ 204.6
15 3 [外]パヴェル 57.0 Mグテ ----- クビ 27.3


 

危険な人気馬結果 ケイティブレイブ→11着(2人気)

 
敗因の理由は様々だろうが、何より馬体がさすがに太かった。前走ですら+10kgだったにも関わらず今回も更に10㎏増。パドックでの踏み込みも弱く、万全の状態で無かったのは確かだ。動きも本来のモノではなく、スタートから行きっぷりが悪かった段階で敗退の予感は的中していた。
 

穴馬予想結果 ヒラボクラターシュ→9着(11人気)

 
スタートを決めてすんなり先行、前のペースも完璧な立ち回りで4コーナー次点ではこれならと思わせたヒラボクラターシュ。さすがに最後は地力が足りず後退してしまったが、読みとしては悪くなかったか。来年、また更に力を付けて戻って来て欲しい1頭だ。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ②⑪-⑤⑦⑧⑨⑫ 的中
単勝 2 190円 枠連 2-7 2,250円
複勝 2 110円 ワイド 2-12 930円
12 440円 2-9 320円
9 200円 9-12 2,140円
馬連 2-12 3,000円 馬単 2→12 3,890円
三連複 2-9-12 6,090円 三連単 2→12→9 27,310円


 
2018年のチャンピオンズCの的中馬券

2018年のチャンピオンズCの的中馬券

 

編集部の回顧

 
本命ルヴァンスレーヴは順当に楽勝。対抗オメガパフュームは、4コーナーの攻防で前から離されたもののその中では最上位だけに印としてはこれで良かった。狙いのウェスタールンドが見事に4コーナーで内をついてハマった格好にはなったが2着で決まったのにルヴァンスレーヴ人気がかぶりすぎててこれでこの配当かという感じ。とはいえ後ろすぎる位置だっただけに地力再証明という印象。(大川)
 
本命ルヴァンスレーヴは、内枠を活かして見事な勝利であった。ゴールドドリーム不在は残念であったが、このメンバーで勝ったのは大きく、来年のドバイが楽しみな一頭。勝ち時計も優秀であった。対抗ケイティブレイブ、まさかの西日が当たり嫌気がさしたと。非常に残念な結果であった。ウェスタールンドはレース展開がはまったといえる。本命、抑えが入っていただけにもったいない予想になってしまった。(河本)
 
〇ルヴァンスレーヴが圧倒的な強さを見せてくれました。ポジション取りが先週のアーモンドアイみたいでしたね。それにしても、ここでも来ちゃうノーザンファーム。あれだけ外国人騎手とノーザンファームを重視してきたのに、ウェスタールンドを無印にしてしまうんですから、我ながら本当に下手くそな予想をしてしまいました。しかし、4コーナーであんなに内が開きます?藤岡佑騎手以外、どういう訳かみんな進路選択が外って...。◎サンライズソアはモレイラ騎手をもってしても戦績通りの詰めの甘さが出てしまいました。(浜野)
 
ゴールド回避でルヴァンスレーヴ一本被りはしょうがない。結果レコードタイで駆け抜け今年の3歳馬の強さをダート界でも見せつけた。陣営のまだ完成は先という言葉からも末恐ろしく、このままダート界に君臨すれば今回がスター誕生の出発地点となる。サンライズソアはいつもと違う脚で順当に圏内へ。ウェスタールンドは最後方から内を巧くつき、抜群の伸び脚。彼を軽んじてたことが仇となったレース。(道永)
 

チャンピオンズカップ2018の予想

 

◎ルヴァンスレーヴ

 
ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴ

牡馬

父馬:シンボリクリスエス
母馬:マエストラーレ
母父:ネオユニヴァース
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:7戦6勝(6-1-0-0)
主な戦績:南部杯、ジャパンダートダービーなど
via google imghp
 
前走の南部杯では現王者ゴールドドリームをあっさりとくだしたルヴァンスレーヴ。そのゴールドドリームが回避となり、実質の1強状態と言っても過言ではないだろう。ここを制覇すれば名実共にダート界のチャンピオンに君臨する事となる。世界が舞台でも戦えそうな1頭だろう。
 

○オメガパフューム

 
オメガパフューム

オメガパフューム

牡馬

父馬:スウェプトオーヴァーボード
母馬:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
所属:安田翔伍厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:原禮子

通算成績:7戦4勝 (4-2-1-0)
主な戦績:シリウスステークスなど
via google imghp
 
JBCクラシックではケイティブレイブの2着に甘んじたオメガパフューム。とは言え、レース経験も少なく4コーナーでのペースアップに付いて行けずの追い込みだっただけに十分の内容だろう。今回はC.デムーロが鞍上でもう少し勝負しに行く競馬をする筈。兄弟対決が見られるか。
 

▲ケイティブレイブ

 
ケイティブレイブ

ケイティブレイブ

牡馬

父馬:アドマイヤマックス
母馬:ケイティローレル
母父:サクラローレル
所属:杉山晴紀厩舎(栗東)
生産:岡野牧場
馬主:瀧本和義

通算成績:31戦11勝(11-7-5-8)
主な戦績:JBCクラシック、帝王賞、川崎記念など
via google imghp
 
上位の3歳2頭に立ちはだかるはJBCクラシックを制覇して来たケイティブレイブ。古馬勢の中では最も安定感があり、前目で競馬が出来る強みは混戦時においても安心出来る1頭だ。その前走よりも更に状態が上向いているというタフガイで、叩いて叩いて強くなって行く姿はまさにアイアンホース。ここを勝てば本当の意味でダート戦線を統一出来るだろう。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:109.1

 
ルヴァンスレーヴからJBCクラシック上位馬への流しでいいだろう。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 河本 浜野 道永 予想オッズ
1 アンジュデジール 55.0 横山典 103.3 29.3
2 ルヴァンスレーヴ 56.0 Mデム 111.3 1.9
3 [外]パヴェル 57.0 Mグテ ----- 65.0
4 アポロケンタッキー 57.0 小牧 104.4 125.3
5 ノンコノユメ 57.0 内田 110.1 9.0
6 アスカノロマン 57.0 太宰 106.7 218.1
7 サンライズノヴァ 57.0 戸崎 109.7 9.1
8 ケイティブレイブ 57.0 福永 111.5 3.8
9 サンライズソア 57.0 Jモレ 109.5 × × 8.0
10 センチュリオン 57.0 吉田隼 103.2 239.8
11 オメガパフューム 56.0 Cデム 109.0 8.8
12 ウェスタールンド 57.0 藤岡佑 106.3 46.6
13 ミツバ 57.0 松山 106.3 190.4
14 ヒラボクラターシュ 56.0 四位 97.5 181.7
15 インカンテーション 57.0 三浦 107.4 × × 69.3


 

危険な人気馬 ケイティブレイブ(想定3人気)

 
唯一、穴がありそうなのはケイティブレイブか。確かに前走は強い内容だったが、昨年のチャンピオンズカップの様に上がり35秒台の決め脚を求められる展開となった場合はやはり苦しくなりそう。その点を踏まえて、福永騎手がロングスパートをかけてくるかどうかで結果は大きく変わるだろう。
 

穴馬予想 ヒラボクラターシュ(想定12人気)

 
ルヴァンスレーヴ、オメガパフュームと3歳勢が人気になる中、唯一3歳で人気の無いヒラボクラターシュ。とは言え、前走の福島民友カップは強い内容だったし、レパードステークスのパフォーマンスを見ればここで馬券圏内に食い込んで来る可能性は大いにあるだろう。
 

編集部の見解

 
本命はルヴァンスレーヴ。正直抜けているだろう。対抗はオメガパフューム、前走まけたものの力負けしている感じではなかった。ルヴァンスレーヴいるので単穴不要で、連下にノンコノユメ、サンライズノヴァ、ケイティブレイブと前々走の走りができれば一発ありえるウェスタールンドに期待している。(大川)
 
ゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴ、ケイティブレイブの三強対決の構図であったが、まさかのゴールドドリームの回避。そうなると、本命はルヴァンスレーヴ。好枠に入り、さらに左回りはプラスといえる。対抗はケイティブレイブを挙げる。このレースはリピーターレースでもあるので、去年4着のケイティブレイブは十分1着も考えられる。調教の動きも良く、馬が完成形であると思われる。特に気になるのはノンコノユメ。とにかくスタートが決まれば、終いの脚は伸びるので勝ち負けといえるが、なかなかスタートが…ただ、前走の上がりをみるとここでも好走はあると考える。以下、レース展開によっては上位に割って入ると思われる。(河本)
 
一本被りになりそうな〇ルヴァンスレーヴを逆転するとすればサンライズソアとみて◎です。前走のJBCクラシックは差し追い込み馬が上位を占めた厳しい流れを踏ん張っての3着で価値があります。今回は前走より楽に先行できそうなメンバー構成で粘り込みに期待です。△オメガパフュームを尺度に斤量を考慮するとそれほど差は無いですからね。モレイラ騎手ですし、単勝勝負が面白いです。ルヴァンスレーヴの強さは周知の通りで〇です。いずれにせよ今週も外国人騎手ですね。JBCクラシック組を上位にみているので、勝ちのケイティブレイブが▲、2着のオメガパフュームと4着のノンコノユメが△です。(浜野)
 
本命で決めていたゴールドドリームの回避で一からやり直しの予想。そうなると本命は次世代のダート界を担うと期待する◎ルヴァンスレーヴから入る。過剰人気は覚悟。マイルチャンピオンシップやジャパンカップなど、今年は3歳レベルは高水準で、不発のミルコの一発もそろそろとみる。○パヴェルを対抗。正直よく分からないが戦ってきた相手はアクセラレート等世界最高レベル。日本のダートレベルを考えるとここに入って蹴散らしてもなんら驚かない。▲ケイティブレイブ前走での強さと、更に上をいく稽古内容から上位に。連勝の可能性も十分。(道永)

関連記事

関連タグ

著者