ダノンレガーロ

 
ダノンレガーロ(キングスローズ2017)

ダノンレガーロ(キングスローズ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
2018年セレクトセールの1歳セリにおいて2億7000万円もの高額取引をされたダノンレガーロ。全兄にクラシック戦線を賑わせた重賞馬サトノアーサーがおり、それ以来のディープインパクト産駒となる。兄同様、まだまだ馬が緩く本格化は古馬になってからのイメージがあるものの、やはり動きなどは素質の高さを見せているとの事。何より、ダノン×中内田という一種のブランドにもなりつつあるラインは余程の事が無い限り王道路線から逸脱する事は考えられないだろう。馬体重は春の段階で441kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
キングスローズ Redoute's Choice デインヒル Danzig
Razyana
Shantha's Choice Canny Lad
Dancing Show
Nureyev's Girl Nureyev Northern Dancer
Special
Lakab Manila
River Lullaby


 

兄弟馬

 
サトノアーサー(キングスローズ2014)

サトノアーサー(キングスローズ2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:12戦4勝(4-3-2-3)
主な戦績:エプソムカップなど
via google imghp
 

近親馬

 
Hessonite(Lakab2008)

Hessonite(Lakab2008)

牝馬

父馬:Freud
母馬:Lakab
母父:Manila
所属:David G.Donk厩舎(米)
生産:Berkshire Stud-Waterville Lake Stables(米)
馬主:Philip F. Dileo-William J. Punk Jr.

通算成績:22戦11勝(11-3-1-7)
主な戦績:ボーゲイステークスなど
via google imghp
 
Anabandana(Great Notice2008)

Anabandana(Great Notice2008)

牝馬

父馬:Anabaa
母馬:Great Notice
母父:Nureyev
所属:Don Sellwood厩舎(豪)
生産:Reavill Farm Thoroughbreds(豪)
馬主:C R Grace

通算成績:13戦5勝(5-4-4-3)
主な戦績:マナワツサイアーズプロデュースステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
母は新G1馬で、期待された当馬の全兄サトノアーサーはG1勝ちこそないものの最低限の重賞制覇はかるくこなした。当馬も同様に期待が大きいだけにそれに見合った結果を出せるかはわからないがそんじょそこらの繁殖牝馬の産駒よりはアベレージの高さは期待できる血統だろう。
 

前評判

 
やはり2億超えの落札額というだけで注目の的になる存在ではある。特にここ最近のトレンドで、億以上の馬がしっかりと走って来ている点はすくなからずダノンレガーロの後押しにもなるのではないだろうか。それだけ、馬の目利きの質も上がって来ているという事である。後は、どこまで体質面でしっかりと使って行けるかだろう。数を使えればそれだけ馬の仕上がりも早くなって来る、中内田厩舎の腕の見せどころ。
 

馬名の意味

 

冠名+贈り物(イタリア語)

 
ダノンには何を付けてもしっくり来るイメージが既に付いて来ている。

関連記事

関連タグ

著者