最終追い切りも抜群の動き

 
中間のアクシデントを感じさせないダノンプレミアム

中間のアクシデントを感じさせないダノンプレミアム

via google imghp
 
王者の態勢は万全に整った。皐月賞前に挫跖の影響でレースを回避、そこから暫くは走らせる事すら出来ない状態だったのだが、そこは中内田厩舎。慎重に馬の調子と向き合いながら心身共にバランスを保ちつつ、最終追い切りでは誰もが認める貫禄の動きを披露する所まで順調に回復させた。弥生賞では自らレースを動かしてワグネリアン以下を完封、未対戦の馬がどうかだが同世代の強豪とはほぼ勝負付けが済んでいると言っても過言ではない。後は初距離とローテーションによる自身との戦いになるだろう。
 

番手から抜け出し後続を完封

 

2018年03月04日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:ダノンプレミアム 牡3 (川田将雅)
2着:ワグネリアン 牡3 (福永祐一)
3着:ジャンダルム 牡3 (武豊)

レースタイム:2:01.0(良)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
サンリヴァルが逃げる展開を少し離れた2番手で追走するダノンプレミアム。後ろのワグネリアンやジャンダルム、オブセッションを尻目に4コーナーでは自ら上がって先頭へ。直線入り口でも持ったままの手応えから楽々抜け出すと最後までステッキを使わずに後方から伸びるワグネリアン以下を完全にシャットアウト。ダノンプレミアム自体、まだまだ上のギアがありそうで馬体増で臨んだ事含め本番の皐月賞では更に高いパフォーマンスが期待出来そうだ。こうなると他馬には太刀打ちする余白も無いだろう。
 

追い切りでは超抜の動きを披露

 
弾む様なフットワークで鞍上も納得の動き

弾む様なフットワークで鞍上も納得の動き

via google imghp
 
相も変わらずダノンプレミアムの走りは美しい。王者の風格が備わって来ているのか、ブレのないフットワークに静と動が混在しており見る者を魅了する。追い切りを見つめた中内田調教師はご満悦の表情で『良い状態です』とコメントすると、跨った主戦の川田騎手も『十分ですね』と声を揃えて同馬の仕上がりに太鼓判を押していた。最大のライバルとなるワグネリアン、オブセッションとの対決を目前にして文句無しの万全な態勢でレースに臨む。
 

最後は流す余裕の内容でタイトルGET

 

2017年12月17日 朝日杯フューチュリティステークス 芝1600m 阪神競馬場

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:ステルヴィオ 牡2 (C.デムーロ)
3着:タワーオブロンドン 牡2 (C.ルメール)

レースタイム:1:33.3(良)
レース上がり3ハロン:34.0
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
1番枠からスタートを決めたダノンプレミアム。大外から押してハナに立つケイティクレバーの直後を追走し、楽な走りで道中は脚を溜める。持ったままで直線入り口を迎えると、そこから軽く追われて後続を一瞬にして突き放す圧巻の競馬。最後は鞍上がターフビジョンを確認して手綱を抑える余裕でのゴールインとなった。現時点では完成度の違いで何度走っても同じ結果となるだろう。2018年のクラシックは文句なく同馬が席巻予定だ。
 

サウジアラビアRCはレコードV

 

2017年10月07日 サウジアラビアロイヤルカップ 芝1600m 東京競馬場

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:ステルヴィオ 牡2 (C.ルメール)
3着:カーボナード 牡2 (岩田康誠)

レースタイム:1:33.0(良)※レコード
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
 
内枠から好スタートを決めたダノンプレミアムが逃げ馬の直後を番手で追走。そのまま絶好の手応えで進むと、直線入り口で早くも先頭へ。坂上から本格的に追われると後続を楽々と突き放し余裕の内容でゴールイン。マイルを1分33秒0という、2歳にしては破格のレコードタイムで勝利した。発馬、道中、終いといずれもが高レベルで今のところ文句の付けようが無い。朝日杯フューチュリティステークスでは1番人気が予想されるが、先ずもってその期待に応えてくれるだろう。
 

追い切りでも落ち着いた走りで先着

 
馬なりで楽々と併走馬に先着するダノンプレミアム

馬なりで楽々と併走馬に先着するダノンプレミアム

via google imghp
 
レース前の追い切りも陣営は納得の様子。良い意味で大人びた落ち着きのあるダノンプレミアムだけに、初遠征という不安も一蹴してくれるだろう。前走の新馬戦は芝1800mを稍重でほぼ馬なり48秒台、普通に考えれば追って良馬場なら47秒台もあっただけにレースレベルは相当に高い。事実、その時に負かしたシュバルツボンバーは次の未勝利戦で2歳コースレコードを叩き出しているのだ。そういう意味でも今回ダノンプレミアムが、現在のクラシック戦線勢力図を一気に塗り替えるパフォーマンスを見せてくれるかもしれない。
 

中内田調教師『期待通りですね』

 
最後は抑える余裕で1着入線するダノンプレミアム

最後は抑える余裕で1着入線するダノンプレミアム

via google imghp
 

2017年06月25日 2歳新馬 芝1800m 阪神競馬場

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:スプリングスマイル 牡2 (武豊)
3着:ウインルーカス 牡2 (和田竜二)

レースタイム:1:48.7(稍重)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
好スタートから2番手でスムーズに追走するダノンプレミアム。道中、後ろからアドマイヤビクターが捲ったと同時に自身も上がって行く際も掛かる素振りも無く落ち着いた対応を見せる。そのまま持ったままの手応えで直線先頭に立つと、大きなストライドで坂を駆け上がり楽々と後続を完封。ラストは抑える余裕の競馬で、2着スプリングスマイルに4馬身差を付ける圧勝だった。管理する中内田調教師も『期待通りの走りですね。この夏はゆっくり休ませて成長に充てます』とコメント。
 

ダノンプレミアム

 
ダノンプレミアム(インディアナギャル2015)

ダノンプレミアム(インディアナギャル2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:インディアナギャル
母父:Intikhab
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:4戦4勝(4-0-0-0)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、弥生賞など
 
馬体などはYouTubeなどの新馬戦パドックをご確認頂きたい。数字以上に大きく見せる大物の風格に加え、実際のレースでも大きいフットワークで実に雄大な走り。且つ、従順で乗り手の言う事を素直に聞く性格とどれをとっても優等生的な完成度の高い1頭だ。とは言え、伸びシロも十分に感じられるタイプでもあり今後の休養が良い成長に繋がれば、復帰後に更なるパワーアップが見られるかもしれない。デビュー時の馬体は476kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
インディアナギャル Intikhab Red Ransom Roberto
アラビアⅡ
Crafty Example Crafty Prospector
Zienelle
Genial Jenny デインヒル Danzig
Razyana
Joma Kaanem Double Form
Ash Lawn


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリーには、海外重賞クラスがちらほらいるもののGⅠ格の馬がいないし日本実績もないので強調材料はない。
 

前評判

 
『今週の稽古はかなり動きましたし、とにかくこれまで順調に来れています』とはデビュー前のダノンプレミアムに対する助手の談。ケイアイファームが自社クラブ(ロードホースクラブ)へ卸さず、ダノックスに売却している経緯からも逆に期待出来る1頭だ。
 

馬名の意味

 

冠名+高品質

 
格別な働きを期待してのネーミング。ダノンの馬は耳慣れのある単語を並べると何故かそれなりに聞こえる不思議な冠名だ。

関連記事

関連タグ

著者