川田『これで勝つから流石ですね』

 

2019年2月17日 3歳新馬 芝2000m 小倉競馬場

1着:ダノンバリアント 牡3 (川田将雅)
2着:カリボール 牡3 (三浦皇成)
3着:テメノス 牝3 (幸英明)

レースタイム:2:03.3(良)
レース上がり3ハロン:35.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.1
 
良血でダノックス所有という点でも注目度は高かったが、関係者から見れば調教での動きも悪くそこまで評価はされていなかった様だ。しかし、実戦で変わるのが走る馬の特徴。デビュー戦で競馬が分かっていないなりにも直線の走りは雄大で如何にもまだまだ成長しそうな粗削りさ。それで勝ち切ってしまうのだから、今後の伸びシロに期待せざるを得ないだろう。騎乗した川田将雅騎手も驚きと納得の表情を見せていた。ミッキーチャーム同様、本格化は秋以降か。
 

ダノンバリアント

 
ダノンバリアント(リップルスメイド2016)

ダノンバリアント(リップルスメイド2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リップルスメイド
母父:Dansili
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場
馬主:ダノックス

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:3歳新馬
via google imghp
 
1つ上の全姉に秋華賞でアーモンドアイに唯一食い下がったミッキーチャームがいるダノンバリアント。昨年のセレクトセールで約8000万円の高値で落札された注目の良血馬である。それに反して、普段の稽古では余り目立った動きを見せず心配されたデビュー戦だったが、実戦ではガラリと変わって非常にダイナミックな走りを見せ快勝。さすがの血統馬というところを見せつけた。姉同様、本当に良くなるは古馬になってからだろうが春の時点でどこまで上に行けるか見ものである。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hale to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
リップルスメイド Dansili デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
Rivers Rhapsody Dominion Derring-Do
Picture Palace
Trwyn Cilan Import
Welsh Cape


 

兄弟馬

 
ミッキーチャーム(リップルスメイド2015)

ミッキーチャーム(リップルスメイド2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リップルスメイド
母父:Dansili
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場
馬主:野田みづき

通算成績:7戦3勝(3-2-1-1)
主な戦績:秋華賞2着など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
全姉がいきなりG1で2着の素質馬で当馬も新馬勝ちで期待できる血統に浮上した。ファミリーに日本実績はないがそれでも期待できる立ち上がりといえる。
 

前評判

 
管理する高野友和調教師はデビュー前のコメントで『芝でどこまで変わるか、期待しています』と話していたが、実際にレースでガラリと良くなり初戦を快勝。川田将雅騎手も勝てる手応えが無かったのか、『この動きで勝ち切るのだから大したもの』と取材陣に応えていた。それだけ伸びシロがあるという事であり、今後の成長次第では姉の果たせなかったクラシック制覇もあながち不可能ではない。
 

馬名の意味

 

冠名+勇敢な

 
勇敢な活躍を願ってネーミング。

関連記事

関連タグ

著者