2歳新馬直前

 
素質馬が集う国枝厩舎でもひと際存在感のあるダノングロワール

素質馬が集う国枝厩舎でもひと際存在感のあるダノングロワール

via google imghp
 
国枝調教師もその素質を期待するダノングロワール。ハーツクライ産駒でまだまだ本格化は先も、先ずはデビュー戦で走りを見るべく出走させている。ある程度格好は付く計算で、東京芝2000mというのはこの手のタイプにピッタリとも言える。ディープインパクト産駒の兄サトノエターナルが失敗に終わった以上、一族の名に懸けてもここは上位争いに加わって来るだろう。鞍上は戸崎圭太騎手がスタンバイ。
 

ダノングロワール

 
ダノングロワール(ソーメニーウェイズ2017)

ダノングロワール(ソーメニーウェイズ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ソーメニーウェイズ
母父:Sightseeing
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
如何にも長距離適性の高そうなスラッとした脚長の馬体。とは言え、まだ馬自体は緩く本当に良くなって来るのは3歳秋以降だろう。綺麗な左後一白であり、見映えも含めて高額な取り引きになったのも頷ける1頭だろう。母ソーメニーウェイズは2歳牝馬チャンピオンという事もあり、父の仕上がりの遅さを相殺して両方の良い所を受け継いだ産駒か。ハーツクライ産駒に米ダート血統の配合は当たりを引き出す上で重要な1つの要素となり得るかもしれない。
 

血統構成

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ソーメニーウェイズ Sightseeing Pulpit A.P. Indy
Preach
Resort Pleasant Colony
Extravagant Woman
Happy Scene デヒア Deputy Minister
Sister Dot
リアリーハッピー Avenue of Flags
Dear Laura


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ルミナスウォリアー(ルミナスハッピー2011)

ルミナスウォリアー(ルミナスハッピー2011)

牡馬

父馬:メイショウサムソン
母馬:ルミナスハッピー
母父:アグネスタキオン
所属:和田正一郎厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:26戦6勝 (6-8-1-11)
主な戦績:函館記念など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
さかのぼっていくと他系統で実績馬が多い牝系だが近親ファミリーだけをみるとほとんど結果をだしている馬はおらず当馬の兄弟も未勝利となっている。血統背景からの強調材料としては弱いとしかいえない。
 

前評判

 
ダノン軍団はここの所、毎年の様にクラシックへ有力馬を送り込む勢いがある。豊富な資金力もそうだが、それだけ馬を見る力があるという事にも繋がって来るのではないだろうか。ハーツクライ産駒で2億超えというのも珍しく、加えてまだ結果が出ていない母の仔。この配合で大枚を思い切り叩くのだから、相当自信があるという裏返しかもしれない。
 

馬名の意味

 

冠名+栄光(フランス語)

 
栄光をもたらす活躍を期待してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者