成長度は晩成タイプか

 
初仔のパララサルーこそアネモネステークスを制するなど早くから活躍してはいるが、血統的には古馬になって完成するタイプだろう。その証拠に、パララサルーやタンタアレグリア、タンタグローリアなど走る産駒は全てデビュー戦を取りこぼしている。体調面や馬格などの要素もあるが、恐らく叩いてから2戦目以降で真価が問われるのではないだろうか。逆を言えばデビュー戦を勝利すれば兄弟以上の活躍が見込めるという事。ひとまず良血馬の初戦をとくと拝見しよう。出走は土曜の中山5R、鞍上は戸崎圭太騎手が騎乗する。
 

タンタフエルサ

 
タンタフエルサ(タンタスエルテ2015)

タンタフエルサ(タンタスエルテ2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タンタスエルテ
母父:Stuka
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング
via google imghp
 
研ぎ澄まされたシャープなフォルムはまさに理想形。ディープインパクトの走る典型的な馬体で、筋肉の質感やクビ差しから胸前、腹回りにトモ部分とどこを取っても文句の付け所が無い1頭と言えるだろう。さすが、繁殖能力の高いタンタスエルテ産駒といったところか。各メディアでも大物扱いの記事が多く、今年のG1レーシングでは間違いなくトップクラスの競走馬となるだろう。馬体重は不明。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
タンタスエルテ Stuka ジェイドハンター Mr.Prospector
Jadana
Caerleon's Success Caerleon
Sound of Success
Trapial Stagecraft Sadler's Wells
Bella Colora
Mocita Sabia Mocito Guapo
Semifusa


 

兄弟馬

 
タンタアレグリア

タンタアレグリア

牡馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:タンタスエルテ
母父:Stuka
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:15戦3勝 (3-5-1-6)
主な戦績:AJCCなど
via google imghp
 
パララサルー

パララサルー

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タンタスエルテ
母父:Stuka
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:6戦4勝(4-1-0-1)
主な戦績:アネモネステークス、紫苑ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.3pt

 
タンタアレグリア、パララサルーとGⅡ級を2頭出しており他も安定感はあるので優秀な母といえる。ファミリーとしては、日本実績が乏しく未知数。牡馬のディープインパクト産駒としては、注目だろう。
 

前評判

 
『稽古で動かすと相手を圧倒する様な走りを見せますね。体の使い方がしなやかでバネが凄く、スピードが乗って来るとグッと沈むフォームはまさに走る馬の典型ですね。遅生まれでゆっくり馬の成長に合わせて調整を進めています。脚元にも問題ありませんし、秋から年末にかけてデビューを予定しています』との事。このまま無事に行って欲しい逸材だ。
 

馬名の意味

 

たくさんの力強さ(スペイン語)

 
兄弟でシリーズ化されている母名のタンタに〇〇というネーミング。今後、タンタ一族が繁栄して行くのは間違いないだろう。

関連記事

関連タグ

著者