2歳新馬直前

 
税抜き1億9000万円の高額取引となったタイミングハート

税抜き1億9000万円の高額取引となったタイミングハート

via google imghp
 
さて、遂に世代でもトップクラスの注目度を誇るタイミングハートが初陣を飾る。全姉兄は基本的にクラシック戦線に乗って来る様な活躍を見せるケースが多く、特に今年の菊花賞で2着に入ったサトノルークスは後少しでGⅠ制覇の際まで行った程。その中でも特に素質が高いと言われているタイミングハートが上の雪辱を果たすべく、先ずは2歳暮れに初の勝ち名乗りをあげてクラシック戦線の有力馬に名を連ねたいところだ。騎乗する武豊騎手に、マイラプソディとどちらかで悩む様な活躍を見せて欲しい。
 

タイミングハート

 
タイミングハート(リッスン2017)

タイミングハート(リッスン2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:武幸四郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キーファーズ

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via goole imghp
 
スラッとしなやかに伸びた首、見るからにバネがありそうなトモの作り、立ち姿、皮膚の薄さ、馬体から感じさせてくれる伸びなどは尋常ない程に良い。これなら2億円を超えても頷ける程の馬体である。一族全体に言える事だが、キレるというよりはやはり時長く良い脚を使うタイプで、そういう意味でも広いコースの方が合うだろう。当然ながら武豊騎手が主戦となるのは間違いない。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
リッスン Sadler's Wells Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Brigid Irish River Riverman
Irish Star
Luv Luvin' Raise a Native
Ringing Bells


 

兄弟馬

 
タッチングスピーチ(リッスン2012)

タッチングスピーチ(リッスン2012)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:18戦3勝 (3-1-2-12)
主な戦績:ローズステークスなど
via google imghp
 
サトノルークス(リッスン2016)

サトノルークス(リッスン2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー

通算成績:8戦3勝(3-3-0-2)
主な戦績:菊花賞2着など
via google imghp
 

近親馬

 
Henrythenavigater(Sequoya2005)

Henrythenavigater(Sequoya2005)

牡馬

父馬:Kingmambo
母馬:Sequoya
母父:Sadler's Wells
所属:Aidan Patrick O'Brien厩舎(愛)
生産:Westrn Bloodstock(米)
馬主:Mrs.John Magnier

通算成績:11戦6勝 (6-3-1-1)
主な戦績:英、愛2000ギニー、St.ジェームズパレスステークス、サセックスステークスなど
via google imghp
 
Dolphin Street(Or Vision1990)

Dolphin Street(Or Vision1990)

牡馬

父馬:Bluebird
母馬:Or Vision
母父:Irish River
所属:John E.Hammond厩舎(英)
生産:Stavros Spyros Niarchos(仏)
馬主:Stavros Spyros Niarchos

通算成績:12戦5勝 (5-1-4-2)
主な戦績:フォレ賞など
via google imghp
 

血統評価:3.0pt

 
母と母の全姉ともにG1馬で母の全姉産駒にヘンリーザナビゲーターがおり母産駒も日本で重賞級3頭を含む安定した結果を出している。当馬もそんな全兄姉がいまだなしえていないG1制覇を目指す。目指せる期待の1頭だろう。
 

前評判

 
前述の通り、キレるタイプではないのは明らかで稽古からもバテない感じの動きを見せている。そういう意味でもタフな競馬の方が良く、一族は一様にして重馬場などでの活躍も目立っている程。そこはやはりSadler's Wellsの血が成せる業か。いずれにせよ距離も2000m以上が理想で、番組的にも3歳春以降の方が選択肢は多くなって来る印象だ。逆を言えば、2歳の内から勝てる所は勝っておきたい。
 

馬名の意味

 
瞬間+心
 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者