最終追い切りでも掛かる素振り

 
ルメール騎手が抑えても行きたがるソウルスターリング

ルメール騎手が抑えても行きたがるソウルスターリング

via google imghp
 
徐々にその荒い気性が表に出て来ている様だ。久々の実戦となった阪神牝馬ステークスでもスローペースに終始折り合いを欠き、途中から前に行く競馬で最後はガス欠気味に後退して行ったソウルスターリング。その反省点も踏まえて、軽く流す様にとの指示で追い切りは行われたが、画像でも分かる様に鞍上のルメール騎手は引っ張りきりの状態。調教後のコメントでも『息は入っていたけどリラックスは出来ていない。レースでもあれなら大変だよ』とやや心配そうな表情で語っていた。当日のテンションが高ければ同じ様に自滅する可能性はある。逆にスムーズな追走が出来れば能力は最上位だ。
 

4コーナーで捲るも直線ズルズル後退

 

2018年04月07日 阪神牝馬ステークス 芝1600m 阪神競馬場

1着:ミスパンテール 牝4 (横山典弘)
2着:レッドアヴァンセ 牝5 (北村友一)
3着:リスグラシュー 牝4 (武豊)

レースタイム:1:34.8(良)
レース上がり3ハロン:33.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
 
道中は中団馬群の外目を追走したソウルスターリング。ペースが遅いと判断したのか、鞍上のC.ルメール騎手は一気に押し上げる積極的なレース運びを選択。直線入り口では持ったままの手応えでそのまま伸び切るかに見えたが、追われてからは案外の走りで他馬にかわされて行く。ひと頃のパフォーマンスは影を潜め、2冠の女王という称号もむなしく10着大敗という無様な競馬をしてしまった。血統背景からは考えにくいが、もしかすると早熟タイプの1頭かもしれない。その真実は次の本番で明らかになるだろう。
 

ジャパンカップでも7着と善戦

 

2017年11月26日 ジャパンカップ 芝2400m 東京競馬場

1着:シュヴァルグラン 牡5 (H.ボウマン)
2着:レイデオロ 牡3 (C.ルメール)
3着:キタサンブラック 牡5 (武豊)

レースタイム:2:23.7(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.7
 
スタートから先行勢の一角にポジショニングを取ったソウルスターリング。とは言え、大型馬に挟まれてプレッシャーを感じながらの追走となり道中はメンタルを削られていただろう。それでも手応えが悪くならずに直線コースへ。そこから進路を内目に取って伸びると、さすがに上位3頭とは水を開けられたが4着以下の一流牡馬とはコンマ数秒の争いで7着入線を果たす。適性外の距離でここまでの走りが出来れば十分、2018年は改めて短距離路線に戻りソウルスターリング政権を取り戻す。先ずは阪神牝馬ステークスで牝馬たちを従えたいところだ。
 

見限れない底知れぬフランケル産駒

 
激戦の疲れも見せず順調な仕上がりのソウルスターリング

激戦の疲れも見せず順調な仕上がりのソウルスターリング

via google imghp
 
レイデオロ、レイデオロと世間は取り沙汰されているが厩舎はソウルスターリングにもかなりの色気を持っているに違いない。天皇賞秋ではやや窮屈なシーンがあり想像以上に後方からの競馬となったが、それでも最後の直線は懸命に伸びて4着リアルスティールとは差のない6着入線。先日もオークスで負かしたモズカッチャンがエリザベス女王杯で古馬を撃破するなど、勢いは3歳馬にあると言って良い。藤沢厩舎は藤沢厩舎でもヒーロー、いやヒロインになるのは同馬かもしれない。
 

秋初戦に向けて万全の仕上がり

 
順調に稽古を消化するソウルスターリング

順調に稽古を消化するソウルスターリング

via google imghp
 
既に春の時点でほぼ完成しきっていたソウルスターリング。上積みという点では少ないかもしれないが、思い通りに稽古を付けられる強みは大きい。特に休養明けでその差が如実に出ると言っても過言ではない。古馬と初対決がフォーカスされているが、そもそもがメンタル面で古馬以上の落ち着きと風格を備えていた同馬にはハードルにもならないだろう。秋の偉業に向けて先ずは1着というのが藤沢トレーナーからの至上命題となる。
 

ソウルスターリング

 
ソウルスターリング(スタセリタ2014)

ソウルスターリング(スタセリタ2014)

牝馬

父馬:フランケル
母馬:スタセリタ
母父:Monsun
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:10戦5勝(5-0-1-4)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ、オークスなど
via google imghp
 
トモがグッとせり上がり、如何にも脚力が強そうな馬体。牝馬ながら、取材時点で490㎏と馬格にも恵まれており期待せざるを得ない1頭だ。血統的にも母父の遺伝を上手く受け継げば、幅広い距離をこなせる可能性が高く関係者の狙いは勿論、桜花賞・オークスの両レース制覇である。それ程の期待を抱かせる程に、本馬自身の立ち姿にも堂々とした気品を感じる。
 

血統背景

 
フランケル Galileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegrtta
Kind デインヒル Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest
スタセリタ Monsun Konigsstuhl Dschingis Khan
Konigskronung
Mosella Surumu
Monasia
Soignee Dashing Blade Elegant Air
Sharp Castan
Suivez Fioravanti
Sea Symphony


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
母スタセリタは、G16勝の女傑。父も怪物でそれだけで十分超良血だが、実際に日本の馬場で結果を出すことが出来るかはやってみないとという未知数。近親に日本活躍馬もいない為、不明点が多い。
 

前評判

 
何と言ってもあの怪物・フランケルの初年度産駒。しかも、母も海外の活躍馬で両親合わせてのGI勝利数が16勝と世界的な血統の馬である。関係者も、「それを度外視しても、お世辞抜きでかなり良い馬体をしています。これぞ良血馬、といった感じですね。距離も融通が利くと思いますし、デビュー後の走りに注目してください」と自信満々のコメントを残している。
 

馬名の意味

 

魂を揺さぶるような

 
そんな走りに期待してネーミング。世界中のホースマンが喉から手が出るほど欲しい超良血だけに、ファンもワクワクしてそのデビューを待ちたい。既に入厩もしており、調教も急ピッチで進められている。ターフで走る姿が見れるのもそう遠くはない筈だ。

関連記事

関連タグ

著者