セントライト記念2019の結果

 

セントライト記念2019の動画

 

レース回顧

 
リオンリオンを制してアトミックフォースが前に出る流れ、道中は淡々と進み隊列も縦長の展開で前半を運んだ。それでも平均よりやや速めといったペースで前に有利な形は変わらず。逃げ馬の直後を追走していた1番人気リオンリオンが絶好の手応えで直線を迎えた。そこから上手く外に持ち出すと一気に弾け、後続をあっさり突き放す内容で重賞2勝目をゲット。2着にサトノルークス、3着に3連勝中のザダルが入線。重馬場で馬場適性も大きく結果に左右した1戦となっただろう。
 

勝ち馬リオンリオン

 
リオンリオン

リオンリオン

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:アゲヒバリ
母父:クロフネ
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:寺田千代乃

通算成績:10戦4勝(4-2-2-2)
主な戦績:青葉賞、セントライト記念など
via google imghp
 
日本ダービー以来の実戦となったリオンリオンだったが、鞍上が横山典弘騎手に戻って最高の競馬で快勝。逃げずとも道中インコースで折り合い、ジッと我慢の競馬で直線一気の突き抜け。馬場が向いた事もあったが、それでも後続を全く寄せ付けない走りは実力が一枚抜けていた様である。距離は恐らく幾ら延びても問題無いタイプだろう。菊花賞でタフな上がり勝負となれば非常に面白い存在。本番はまた逃げる競馬で淀の競馬場を沸かしてくれるのではないだろうか。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎リオンリオン
◯ニシノデイジー
▲ザダル
オセアグレイト
ルヴォルグ
△タガノディアマンテ
エングレーバー
サトノルークス
モズベッロ
ランフォザローゼス
メイショウテンゲン
×シークレットラン
ミューチャリー
サトノラディウス
 

馬連:想定19点:◯勝利、三連単:想定600点:△的中

 
本命対抗単穴は単勝10倍未満の5頭から、連下は単勝20倍未満、紐は単勝100倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:105.6 ※想定RR:104.3

 
                                   
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 道永 坂入 田中 単勝オッズ
1 8 リオンリオン 56.0 横山典 108.0 2:11.5 5.3
2 2 サトノルークス 56.0 川田 102.0 2 14.5
3 1 ザダル 56.0 石橋 106.0 クビ 6.8
4 16 ルヴォルグ 56.0 Cルメ 106.0 3/4 7.9
5 12 ニシノデイジー 56.0 勝浦 107.3 3/4 5.8
6 15 タガノディアマンテ 56.0 田辺 105.2 クビ 11.5
7 10 サトノラディウス 56.0 三浦 103.0 アタマ × 73.9
8 13 エターナルヴィテス 56.0 田中勝 103.0 クビ 276.8
9 17 ナイママ 56.0 柴田大 100.9 1/2 135.6
10 14 アトミックフォース 56.0 大野 100.0 1/2 124.1
11 11 メイショウテンゲン 56.0 池添 104.61/2 17.8
12 4 [地]ミューチャーリー 56.0 御神本 ----- ハナ 65.7
13 5 シークレットラン 56.0 内田博 98.0 2 44.1
14 7 オセアグレイト 56.0 野中 91.0 1.1/4 7.1
15 18 ランフォザローゼス 56.0 福永 103.4 3/4 17.8
16 9 エングレーバー 56.0 藤岡佑 90.03 14.2
17 6 モズベッロ 56.0 Mデム 90.5 1/2 14.6
18 3 マテリアルワールド 56.0 木幡育 90.0 クビ 314.3


 

危険な人気馬結果 リオンリオン→1着(1番人気)

 
逃げの手を封じられても動じる事なく道中を進めたリオンリオン。道中は重馬場もスイスイ進んで行くと、直線に向いてからの脚は他馬と一線を画す実力の抜けたパフォーマンスだったのではないだろうか。想像以上に成長を遂げており、これなら菊花賞でも上位争いも十分可能。
 

穴馬予想結果 サトノラディウス→7着(14番人気)

 
道中は10番手を追走し脚を溜めたサトノラディウス。元々器用なタイプでもなく、勝負どころでもスペースを見つけられず仕掛けが遅れる始末。直線前が開けてから追い出すと、ゴール前は目の引く勢いで突っ込むも時既に遅し。非常に勿体無い1戦だっただろう。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑧⑫-①②⑤⑦⑨⑩⑪⑮⑱ 的中
単勝 8 530円 枠連 1-4 760円
複勝 8 220円 ワイド 2-8 1,500円
2 420円 1-8 810円
1 250円 1-2 2,340円
馬連 2-8 4,530円 馬単 8→2 8,240円
三連複 1-2-8 10,190円 三連単 8→2→1 58,690円


 

編集部の回顧

 
勝ち馬リオンリオンについて、控えてこの強い勝ち方は非常に価値がある。レースの幅が広がったし、成長を感じられとても内容のあるレースだったように思う。次走が非常に楽しみ。2着馬サトノルークスについて、ここ数戦はしっかりと調教でもいいタイムを出せており、やっと結果になったという印象。次走の上積みという点はどうかだがこのメンバーでの2着は評価できる。馬券外からはニシノデイジーについて、内容としては良かったがあの位置からでは厳しかったか。実力はある馬なのでまた適した条件の時に期待したい。(石川)
 
リオンリオンに騎乗の横山典弘騎手は今週も見事な騎乗だった。逃げると思いきや3番手追走で直線早めに抜け出すと後追撃を見事に封じた。馬体も+10キロ強と申し分ない出来だった。菊花賞に向かっても楽しみな存在だ。(坂入)
 
リオンリオン、逃げられずに撃沈のイメージをあっさりと払拭し、むしろ後続を全く相手にしない走りで突き抜け快勝。これは正直驚く強さだった。完全本格化し大きなタイトルも狙える存在になって来たのだろう。サトノルークスは馬場状態がベストマッチ、逆に菊花賞ではやはり厳しいか。ザダルも思いの外頑張った印象で、重賞の1つや2つは獲って来そう。(田中)
 

セントライト記念2019の予想

 

◎ニシノデイジー

 
ニシノデイジー

ニシノデイジー

牡馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ニシノヒナギク
母父:アグネスタキオン
所属:高木登厩舎(美浦)
生産:谷川牧場
馬主:西山茂行

通算成績:8戦3勝(3-1-1-3)
主な戦績:札幌2歳ステークス、東京スポーツ杯2歳ステークスなど
via google imghp
 
日本ダービーでは後方から直線グングン追い込み、上位争いに加わって地力の高さを示したニシノデイジー。道中の折り合いさえしっかり付けられれば終いはキレる。要はレース前の落ち着きが重要であり、そこさえクリア出来ればこのメンバーでも実力は随一。逆を言えば、休み明けはガス抜きが出来ている分、割とテンションも良い形で迎えられるのではないだろうか。
 

○リオンリオン

 
リオンリオン

リオンリオン

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:アゲヒバリ
母父:クロフネ
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:寺田千代乃

通算成績:9戦3勝(3-2-2-2)
主な戦績:青葉賞など
via google imghp
 
日本ダービーを前半57秒台の超速ラップで引っ張ったリオンリオン。さすがにあれだけ飛ばせば最後は脚が上がるのも無理はない。今回の鞍上は名手の横山典弘騎手。本馬とも相性が良く、先週の京成杯オータムハンデキャップでもトロワゼトワルを神騎乗で勝利に導いており期待度が上がる。すんなり先手を取れればあれよあれよの間に逃げ切っているだろう。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:104.3

 
春の実績馬があんまり信用できない印象なので大混戦の印象。積極的に狙っていっても良いだろう。
 
     
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 道永 坂入 田中 予想オッズ
---- アトミックフォース 56.0 大野 90.0 98.4
---- エターナルヴィテス 56.0 田中勝 90.0 127.9
---- エングレーバー 56.0 藤岡佑 90.0 13.4
---- オセアグレイト 56.0 野中 97.0 10.7
---- サトノラディウス 56.0 三浦 103.0 × 39.9
---- サトノルークス 56.0 川田 94.5 18.0
---- ザダル 56.0 石橋 97.0 5.1
---- シークレットラン 56.0内田 99.5 76.5
---- タガノディアマンテ 56.0 田辺 105.2 21.6
---- ナイママ 56.0 柴田大 100.8 89.9
---- ニシノデイジー 56.0 勝浦 107.0 3.7
---- マテリアルワールド 56.0 木幡育 90.0 230.6
---- ミューチャーリー 56.0 御神本 90.0 147.9
---- メイショウテンゲン 56.0池添 105.8 27.3
---- モズベッロ 56.0 Mデム 91.0 51.0
---- ランフォザローゼス 56.0 福永 104.3 15.6
---- リオンリオン 56.0 横山典 102.5 5.8
---- ルヴォルグ 56.0 Cルメ 106.0 7.1


 

危険な人気馬 リオンリオン(想定3人気)

 
今の所、逃げで結果を残して来ている脚質だけに、出遅れや包まれてスムーズなレース運びが出来なかった時の脆さは内包していると考えておきたい。まだ枠も出ていないが、その辺りを鑑みた上でしっかりと展望に進みたい1頭と言える。外枠ならダービーと同じくやや割引となるか。
 

穴馬予想 サトノラディウス(想定14人気)

 
青葉賞では外枠が響いてロスの多い競馬の中、最後は詰め寄って5着と健闘を見せていたサトノラディウス。枠が違えばもっと際どかっただろうし、その時の上位決着リオンリオン、ランフォザローゼスが人気馬として出走するのであれば当然ながら本馬も警戒が必要だろう。
 

編集部の見解

 
本命はニシノデイジー、レベルの高いレースで実績を残しており、一息入れたことで馬がしっかりとリフレッシュしている。メンバーレベルの落ちる今回は素直に実績を評価。中山のコースも馬券外になっているレースはスムーズでなかったりと敗因もしっかりとしているのでコース適性としての割引もなく、力の出せる展開ならばここはあっさりも。対抗はエングレーバー、能力のある馬で近走の充実ぶりも評価できる。今の中山の馬場も合っている印象でありここは大きく期待がもてる。追い切りの動きが良かった点もプラス。▲はリオンリオン、スムーズに逃げることができれば。マークは厳しくなると予想されるので自分の得意な形にもっていけるかがカギ。(石川)
 
勝ったリオンリオンは三番手で上手く進み、抜け出してからは他馬を寄せ付けずに強かった。鞍上も巧かったが、一夏越してさらに力をつけた印象。最後の一冠へ向けての弾みとなっただろう。うちをすくってきたザダルにサトノルークスが競り勝ったが、ここの争いは誤差の範囲内だろう。春から追いかけて本命にしたローゼスはあの位置で運んでの大敗であれば、走る気の問題か?見切りをつけるのに十分な結果。対抗のニシノデイジーは上がり一番と健闘はしたが、流石に少し後ろ過ぎた。このレースはカスリもしない予想内容に終わった。(道永)
 
ここは抜けた馬が見当たらず難解。ずっと買い続けている◎ランフォザローゼスは今年までは追いかけたい。持ち前の好意からの競馬が出来てないのが2走の凡走とみる。巻き返しに期待。○ニシノデイジーは嵌るかは別として地力は認めるところ。展開次第では頭も。▲シークレットランは一時の勢いがストップしてしまったが、稽古を見るにパワーアップした印象。ここで復活を期待したい。(道永)
 
混戦ムードな一戦。本命はリオンリオン。逃げの戦法が板についてきた。マイペースで逃げれば本当に渋とい。ここも馬場も味方し先手をうまく主張できるのではないか。対抗はニシノデイジー。最後の一冠へ向けここもある程度は仕上げてきた。重賞2勝の実績馬がどういう競馬を見せるか。穴はオルフェーヴル産駒の2頭やザダル辺りが侮れないか。(坂入)
 
上位人気勢はどれもこれも信用が置けない中、ならば狙いに行って3連勝中のオセアグレイトを本命に。前走の信夫山特別は自ら動いて前を捉える強い内容だった、勢いでどこまで通用するか見てみたい。対抗はこちらも3連勝中のザダル。プリンシパルステークスのゴール前は痺れただけに追い掛けるつもりだ。単穴に前走のパフォーマンス通りならルヴォルグ。とは言え、連下まではかなり手広く行っても良いメンバー構成となっている。(田中)

関連記事

関連タグ

著者