2歳新馬直後

 

2019年8月4日 2歳新馬 芝1600m 新潟競馬場

1着:ショコラブリアン 牝2 (田辺裕信)
2着:リリーピュアハート 牝2 (戸崎圭太)
3着:セントオブゴールド 牡2 (M.デムーロ)

レースタイム:1:35.7(良)
レース上がり3ハロン:33.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
 
スタートでやや立ち遅れたセントオブゴールド。鞍上も慌てず後方からじっくりと構える運びでレースを進めて行った。あいにくのスローペースになったものの、前との差はそこまで無くコースロスの無い様にと、内に進路を変更して直線コースへ。そこから一気に脚を使って最速の上がりを叩き出すも、逃げたショコラブリアンと先行勢のリリーピュアハートが前に立ちはだかり、自身は3着入線に終わった。しかし、素質の一端は見せており次の未勝利戦では更に良い走りが期待出来るだろう。
 

2歳新馬直前

 
トレセンで順調に乗り込まれるセントオブゴールド

トレセンで順調に乗り込まれるセントオブゴールド

via google imghp
 
ショウナンパンドラ以来、3頭目となる母キューティゴールドと父ディープインパクトの掛け合わせ。1つ上のボニーゴールドはデビューが遅れに遅れて同週の3歳未勝利に出て来るが、順調さを欠いた以上余りアテには出来ないだろう。とは言え、母父フレンチデピュティとの配合で走らない馬を想像しにくく、しかも8月デビューに漕ぎ着けられているというのが更に信頼感を増す。姉以上の実績を残すのは並大抵の事では無いが、それを期待させるだけの素質馬には間違いない。
 

セントオブゴールド

 
セントオブゴールド(キューティゴールド2017)

セントオブゴールド(キューティゴールド2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キューティゴールド
母父:フレンチデピュティ
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:白老ファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦0勝 (0-0-1-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
秋華賞、ジャパンカップを制したショウナンパンドラの全弟セントオブゴールド。非常に雰囲気のある馬で、動きも大きなストライドで実に雄大。やれば幾らでも時計を出せるタイプで、馬体以上に大きく見せる走りは見ていて惚れ惚れする。ディープインパクト産駒の後継種牡馬として期待がかかる1頭であり、シルクホースクラブで1億円募集の高額馬だけに注目を集める存在だ。馬体重は春の段階で467kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hale to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
キューティゴールド フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ


 

兄弟馬

 
ショウナンパンドラ(キューティゴールド2011)

ショウナンパンドラ(キューティゴールド2011)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キューティーゴールド
母父:フレンチデピュティ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:白老ファーム
馬主:国本哲秀

通算成績:18戦5勝(5-4-3-6)
主な戦績:秋華賞、ジャパンカップなど
via google imghp
 

近親馬

 
ステイゴールド(ゴールデンサッシュ1994)

ステイゴールド(ゴールデンサッシュ1994)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ゴールデンサッシュ
母父:ディクタス
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:白老ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:50戦7勝(7-12-8-23)
主な戦績:香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックなど
via google imghp
 
ドリームパスポート(グレースランド2003)

ドリームパスポート(グレースランド2003)

牡馬

父馬:フジキセキ
母馬:グレースランド
母父:トニービン
所属:稲葉隆一厩舎(美浦)
生産:白老ファーム
馬主:セゾンレースホース

通算成績:23戦3勝(3-7-3-9)
主な戦績:きさらぎ賞、神戸新聞杯など
via google imghp
 

血統評価:2.3pt

 
ダイナサッシュ>ゴールデンサッシュの一族でディープインパクト産駒でショウナンパンドラを出している母だが、ディープインパクト産駒以外は全くふるっていない。とはいえ全馬勝ち上がっているあたりさすがだがディープインパクト産駒なら走るのかもショウナンパンドラしか走っていないので判断が難しい。名門ファミリーのディープインパクトで注目だが指名は慎重な判断が必要だろう。
 

前評判

 
前述の通り、シルクホースクラブでも今年のトップクラスの扱いと言って良く、実際の馬っぷりは見ても納得がいくもの。最近の美浦でも、有力馬が集まっている木村哲也厩舎に預託するというのもその期待度の表れだろう。“ディープインパクト×フレンチデピュティ”の掛け合わせは言うまでもなく、同父の成功例とも呼べる黄金配合。POGで人気しようが指名して損は無い筈だ。
 

馬名の意味

 

黄金の香り

 
本馬の顔立ちと母名より連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者