是が非でも出走権獲得を

 
坂路で伸び伸びと駆け上がるセンテリュオ

坂路で伸び伸びと駆け上がるセンテリュオ

via google imghp
 
やはり血統の秘めたる能力は隠せない。前走の都井岬特別では、最後の1ハロンの伸びが尋常では無く勝ったかと思われたノーブルカリナンをあっさりと差し切る勝利。タイムも優秀で、改めて母系の底力を思い知らされた形だ。潜在能力では人気馬にも一切の引けを取らず、秋華賞へ進む為にもここは3着以内を狙った競馬になるだろう。とは言え、あっさり勝ち切っても何らおかしくない1頭。北村友一騎手の手綱捌きに注目が集まる。
 

ラストは驚異的な伸びで勝利

 

2018年08月04日 都井岬特別 芝2000m 小倉競馬場

1着:センテリュオ 牝3 (北村友一)
2着:ノーブルカリナン 牝3 (浜中俊)
3着:オスカールビー 牝3 (川須栄彦)

レースタイム:1:57.6(良)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
隣でチャカ付くメイショウミハルの影響をスタートでものの見事に受けたセンテリュオ。道中はその流れで先団馬群のほぼ最後方から追走のレースとなった。4コーナーでもまだ前との差が縮まらず、仕方なく馬群を割って上がって行く競馬。直線に入って届かない様な位置、ラスト100mで外に出すとそこからグンと1段階ギアを上げ先に抜け出した1番人気ノーブルカリナンをアッという馬に差し切り勝利。力の違いを見せ付ける走りで秋華賞の伏兵候補へ名乗りを上げた。
 

矢車賞はスムーズさを欠いて2着

 

2018年04月28日 矢車賞 芝2200m 京都競馬場

1着:トーホウアルテミス 牝3 (松若風馬)
2着:センテリュオ 牝3 (川田将雅)
3着:リュヌルージュ 牝3 (四位洋文)

レースタイム:2:15.0(良)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.4
 
行き脚の付かなかったセンテリュオは後方からの競馬。ペースが遅いと見るや、向正面で一気に番手まで上がって行きポジションを押し上げる積極的なレースを見せる。直線に入ったところで馬群を割って来たシスターフラッグと接触、一瞬外に弾かれてしまい追い出すタイムングが遅れてしまった。最後は懸命に追い上げるも先に抜け出したトーホウアルテミスには一歩届かずの2着惜敗を喫する。後手後手の競馬で不完全燃焼ながらも一応の力は示した1戦だった。今後のローテーション的にも都井岬特別は必ず勝利をあげたい。
 

ラスト100mの脚色は見所十分

 

2018年03月24日 君子蘭賞 芝1800m 阪神競馬場

1着:ロケット 牝3 (D.バルジュー)
2着:センテリュオ 牝3 (川田将雅)
3着:カレンシリエージョ 牝3 (松山弘平)

レースタイム:1:47.0(良)
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.3
 
発馬は決めるも行き脚が付かず道中は後方からとなったセンテリュオ。2戦目という事もあり無理に馬群には入れず外々を追走し直線コースへ。大外に持ち出すと先に抜け出したロケットを目標とし懸命に伸びる。坂を駆け上がってから一気に差を詰めて半馬身差まで追い詰めた脚はさすがのひと言だろう。走りを見る限りもう少し距離が長くゆっくり進められる方が合っていそうで、今回の2200m戦は願ってもない舞台。ここを勝ってオークスに一縷の望みを繋げたい所だ。
 

若さを覗かせるも最後まで鋭伸

 

2018年02月25日 3歳新馬 芝2000m 阪神競馬場

1着:センテリュオ 牝3 (福永祐一)
2着:ロードレガリス 牡3 (幸英明)
3着:アドマイヤデジタル 牡3 (C.ルメール)

レースタイム:2:03.5(良)
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
好スタートを切ったセンテリュオは終始、逃げ馬直後の先行集団を追い掛ける競馬。直線に向いて、外からアドマイヤデジタルとロードレガリスが迫るも、上手く外に出し先に抜け出したセンテリュオが最後まで先頭を死守し1着でゴールイン。道中、フラつく様な一面も見せまだまだ幼さが残る中で勝ち切る辺りはさすがエリート一族の出身。世代最後の芝の新馬戦という事もありハイレベルな1戦とも言える。全兄トーセンスターダムはオーストラリアでも現在活躍中だ。
 

センテリュオ

 
センテリュオ(アドマイヤキラメキ2015)

センテリュオ(アドマイヤキラメキ2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:アドマイヤキラメキ
母父:エンドスウィープ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:4戦2勝(2-2-0-0)
主な戦績:都井岬特別など
via google imghp
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
アドマイヤキラメキ エンドスウィープ フォーティナイナー Mr.Prospector
File
Broom Dance Dance Spell
Witching Hour
エヴリウィスパー ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
クラフティワイフ Crafty Prospector
Wife Mistress


 

兄弟馬

 
トーセンスターダム

トーセンスターダム

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:アドマイヤキラメキ
母父:エンドスウィープ
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:17戦5勝(5-1-0-11)※JRA所属時のみ
主な戦績:きさらぎ賞、朝日チャレンジカップなど
via google imghp
 

近親馬

 
トーセンジョーダン

トーセンジョーダン

牡馬

父馬:ジャングルポケット
母馬:エヴリウィスパー
母父:ノーザンテースト
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:30戦9勝(9-4-2-15)
主な戦績:天皇賞秋など
via google imghp
 
トーセンホマレボシ

トーセンホマレボシ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:エヴリウィスパー
母父:ノーザンテースト
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:7戦3勝(3-2-1-1)
主な戦績:京都新聞杯など
via google imghp
 

血統評価:2.6pt

 
クラフティワイフ一族の本線、エヴリウィスパーの孫。母アドマイヤキラメキは産駒に当たり外れはあるもののこの一族のハイペースからのバテないタイプは日本競馬にとって貴重な存在である。当馬には現役だけでなく繁殖としての期待もかかるがまずは現役である程度の地力を見せてほしい。
 

前評判

 
デビュー前からその潜在能力を認めている高野友和調教師。コメントでは『後肢部分の造りがまだまだ物足りないですけど、センスがありますしこれは間違いなく走って来ると思いますよ』と同馬に期待している。
 

馬名の意味

 

煌めき(スペイン語)

 
母名から連想して命名。キャロットファームらしいハイセンスなネーミングだ。

関連記事

関連タグ

著者