宝塚記念直前

 
芝コースで追い切られたスワーヴリチャード

芝コースで追い切られたスワーヴリチャード

via google imghp
 
ドバイシーマクラシックでは鋭い末脚でシュヴァルグランと2着争いを演じたスワーヴリチャード。4コーナーで最後方からグングン加速する姿はやはりGⅠ級のそれ。昨年の秋以降、精彩を欠き続けているが前走の走りで復活の兆しを見られたのは何よりだった。右回り、馬場などの条件をクリアしなければいけない要素は揃っているものの大阪杯でも勝ち切っている様に乗り方次第。その点、勝手知ったるM.デムーロ騎手が再び騎乗するのであれば問題ないだろう。
 

ドバイシーマクラシック直後

 

2019年3月30日 ドバイシーマクラシック 芝2410m メイダン競馬場

1着:オールドペルシアン 牡4 (W.ビュイック)
2着:シュヴァルグラン 牡7 (H.ボウマン)
3着:スワーヴリチャード 牡5 (J.モレイラ)

レースタイム:2:27.17(稍重)
レース上がり3ハロン:不明
勝ち馬上がり3ハロン:不明
 
やはり左回りでは走りの躍動感が違う。道中は後方待機で前を見据える競馬をしたスワーヴリチャード。鞍上のモレイラ騎手とも息はピッタリで、前のレイデオロが引っ掛かっての道中もシメシメといったところ。抜群の手応えで直線を迎えると、馬群の真ん中を割って一気に前へ取り付く脚を見せた。そこから外のシュヴァルグランと競り合いながら勝ち馬に迫って行っての3着。陣営も納得の表情でレースを終えていた。
 

ドバイシーマクラシック直前

 
確実に体調は上昇気流のスワーヴリチャード

確実に体調は上昇気流のスワーヴリチャード

via google imghp
 
現地に入ってから少し体重が落ち込んだと言うが、環境にも慣れ落ち着いて来た事で体も戻って来たスワーヴリチャード。出国前にレースを使いしっかりと乗り込んで来たため、後ひと追いで仕上がるレベルにまで持って来ている。当初から狙っていた目標なだけに、陣営も逆算してきっちり照準を合わせたまで。後は、馬自身が走るスイッチを入れられるかだが、そこは鞍上に配したJ.モレイラ騎手のマジック頼みだろう。
 

中山記念直後

 

2019年2月24日 中山記念 芝1800m 中山競馬場

1着:ウインブライト 牡5 (松岡正海)
2着:ラッキーライラック 牝4 (石橋脩)
3着:ステルヴィオ 牡4 (丸山元気)

レースタイム:1:45.5(良)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:33.7
 
ある程度、意識的に前へ取り付けた道中のスワーヴリチャード。M.デムーロも中山競馬場のコース形態を考えて乗ろうと意図しているのはよく分かる。しかし、明らかな重めの馬体重だった分、動きたい時にスッと反応せずジワジワ伸びて惰性の走りという1戦だったのは間違いない。本番はあくまでも次のドバイ、そうなるとここでメイチで仕上げる訳にも行かず陣営も納得の内容だったろう。その割にエポカドーロは最後に差し切っており、実力の一端を示したのはさすがのひと言である。
 

中山記念直前

 
持ったままで楽々と併入するスワーヴリチャード

持ったままで楽々と併入するスワーヴリチャード

via google imghp
 
昨秋は精彩を欠いて本来の走りが見られなかったスワーヴリチャード。休み明けでもいい形でリフレッシュが出来、馬の動きは良い頃の活気を取り戻して来ている。グンと前に進む姿勢を見せ、それを助手が上手くなだめつつ馬なりで併せ馬を敢行。確実に状態は上向いており、後は課題の右回りでの競馬。中山競馬場では良績を残せておらず、それに加えて今回は斤量が58kg。条件は決して良いとは言えないが、次のドバイシーマクラシックで好勝負をするには難なくクリアしておきたい。ディアドラなど強豪は揃っているが、現役最強と言われた昨春の勢いをここでまた見せてもらいたいところ。
 

ジャパンカップ直後

 

2018年11月25日 ジャパンカップ 芝2400m 東京競馬場

1着:アーモンドアイ 牝3 (C.ルメール)
2着:キセキ 牡4 (川田将雅)
3着:M.デムーロ 牡4 (M.デムーロ)

レースタイム:2:20.6(良)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
スタートで出して行ったスワーヴリチャードは1コーナーで上手くインに入れる競馬。相手もキセキ、アーモンドアイと見立ててM.デムーロが積極的に前へ付けて行ったのだろう。手応えも良く、前を捉える態勢に入っていたものの、4コーナーのペースアップでやや置いて行かれる形に。直線も前2頭が異次元の競馬で走り抜けるのを只々見ているだけでしか無かった。一応、後続の追撃は振り切ったもののやや期待外れの内容となった。とは言え、状態はグンと調子を上げていただけにここは上位2頭を褒めるしか無い。
 

ジャパンカップ直前

 
軽快な動きで好調を継続しているスワーヴリチャード

軽快な動きで好調を継続しているスワーヴリチャード

via google imghp
 
追い切りでは引っ張りきりの手応えで併せ馬先着、見た目に関しては天皇賞秋の敗戦を引きずっている様には見えない。走る気を失ってしまった前走から精神的な後遺症が残っているのではと懸念されているが、主戦のM.デムーロはそれを否定。全く問題ないとし、虎視眈々とジャパンカップの頂きを目指している。元は左回りが大得意のスワーヴリチャード。最強牝馬アーモンドアイが参戦するも、堂々と迎え撃つは現役最強とされる同馬だろう。2012年のジェンティルドンナVSオルフェーヴルの再現を見てみたい。
 

天皇賞秋直後

 

2018年10月28日 天皇賞秋 芝2000m 東京競馬場

1着:レイデオロ 牡4 (C.ルメール)
2着:サングレーザー 牡4 (J.モレイラ)
3着:キセキ 牡4 (川田将雅)

レースタイム:1:56.8(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
スタートで場内がどよめく。天皇賞秋で1番人気のスワーヴリチャードが出遅れ、更にマカヒキに馬体をぶつけられる2重の不利。大きく最後方からの追走となり無理に道中上がっても行けず終いのレース運びとなった。直線に向いてもいつもの闘争心が見られず、半ばで鞍上も追わず流したままゴールインとなった。レース後、M.デムーロ騎手も『直線も1頭で走る気が出ていなかった。スタートでスイッチが切れたね』と肩を落とす様にして検量室を後にして行った。次走予定のジャパンカップで巻き返しを期待したいところだ。
 

天皇賞秋直前

 
最終追いは馬なりでソフト仕上げのスワーヴリチャード

最終追いは馬なりでソフト仕上げのスワーヴリチャード

via google imghp
 
1週前にしっかりと追って時計を出していたスワーヴリチャード。最終は併せ馬で後ろから追い掛ける形となり、最後にグッと差を詰めてあえてかわさず遅れ気味の併入となった。我慢を効かせて馬の走る気をより引き出す作戦なのだろう。実際、ラスト1Fに限っては11秒台の脚でまとめており仕上げに関しては何の問題も無い。デムーロ騎手も惜敗でタイトルを逃し続けている事から、いつも以上に勝ちたい想いが強い事はヒシヒシと伝わって来る。厩舎としても左回りの中長距離は是が非でも獲っておきたいだろう。
 

安田記念直後

 

2018年06月03日 安田記念 芝1600m 東京競馬場

1着:モズアスコット 牡4 (C.ルメール)
2着:アエロリット 牝4 (戸崎圭太)
3着:スワーヴリチャード 牡4 (M.デムーロ)

レースタイム:1:31.3(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
心配されていたスタートも決めて道中はインの先行集団でレースを進めたスワーヴリチャード。スムーズに馬群も捌きながら直線コースに入ると、絶好の手応えで先に抜け出したアエロリットに並びかける競馬。しかし、坂上辺りで苦しくなったのか外にヨレるなど脚が止まってしまい後ろのモズアスコットに差されて3着に敗れてしまった。馬体減による影響が最後のひと伸びに繋がったのだろう。それでも初のマイルを1分31秒台で走破出来ているのだからやはり強い。秋は中長距離路線で更に飛躍するだろう。
 

安田記念直前

 
追い切りでは好調をキープするスワーヴリチャード

追い切りでは好調をキープするスワーヴリチャード

via google imghp
 
庄司調教師の『可能性を広げたい』との想いから安田記念参戦が決まったスワーヴリチャード。その本意には右回りの宝塚記念で疲れを残すより、左回りのマイルGⅠで結果を出した方が何倍もの旨味があるからだろう。肝心の初マイルに関して主戦のデムーロは『スタートさえ出れれば問題ない』とコメント。要は発馬で全てが決まるという事、一か八かの賭けに出た陣営にマイルの神様は微笑むのだろうか。週末のゲートインに注目したい。
 

大阪杯直後

 

2018年04月01日 大阪杯 芝2000m 阪神競馬場

1着:スワーヴリチャード 牡4 (M.デムーロ)
2着:ペルシアンナイト 牡4 (福永祐一)
3着:アルアイン 牡4 (川田将雅)

レースタイム:1:58.2(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
外枠からゆっくりとゲートを出るスワーヴリチャード。2コーナーまでは後方に位置していたが、ペースが遅いと見るやいなやデムーロ騎手のエスコートで向正面では一気に先頭のヤマカツライデンに並びかける驚きのレース運び。それでも手応えは抜群のまま直線コースへ、そこから迫るアルアインや外から追い込むペルシアンナイトの追撃を難無く振り切って見事大阪杯のタイトルを手中に収めた。不安視された距離や右回りをあっさりと克服し、中距離最強馬の称号を獲得。今後はGⅠを幾つ勝てるかに注目が集まるだろう。
 

大阪杯直前

 
軽快な脚さばきで追い切りをこなすスワーヴリチャード

軽快な脚さばきで追い切りをこなすスワーヴリチャード

via google imghp
 
いよいよ大願成就なるか。ファンなら周知の事実だが、スワーヴリチャードは右回りが苦手。左回りは5戦全連対に対して、右回りは4戦して着外が2回と案外な成績を残している。その2回は皐月賞と有馬記念という事も加味すればそれ程気にしなくても良いかもしれないが、それでもこの差は明らか。特に内回りコースになる分、勝負どころの4コーナーから直線にかけて余計にモタれる心配が無くもない。GⅠの大舞台はそういった一瞬のミスが命取りになるだけに不安要素も勿論あるにはある。しかし、騎乗予定のM.デムーロ騎手は以前から『右回りでも全く問題ない』と太鼓判。生粋のGⅠハンターからお墨付きをもらった同馬が最強タッグを組も、遂にGⅠホースとなる日は今週末だろうか。乞うご期待。
 

金鯱賞直後

 

2018年03月11日 金鯱賞 芝2000m 中京競馬場

1着:スワーヴリチャード 牡4 (M.デムーロ)
2着:サトノノブレス 牡8 (幸英明)
3着:サトノダイヤモンド 牡5 (C.ルメール)

レースタイム:2:01.6(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
 
大外枠からスーっと先行集団へ。道中はやや行きたがる素振りをなだめながらの追走となるが、スローペースと見るや否や逃げるサトノノブレスの横まで進出する積極的な競馬。4コーナーでは一旦下がるも、直線素早くギアを入れ替え戦闘モードに。抜群の手応えのまま先頭に並びかけると、きっちり半馬身競り落としての勝利を飾った。最大の強敵と見られたサトノダイヤモンドは帰国初戦のブランクもあり反応が悪く3着に敗退。新旧の最強馬対決はスワーヴリチャードが先勝。次回は大阪杯での戦いが予想される。
 

有馬記念直後

 

2017年12月24日 有馬記念 芝2500m 中山競馬場

1着:キタサンブラック 牡5 (武豊)
2着:クイーンズリング 牝5 (C.ルメール)
3着:シュヴァルグラン 牡5 (H.ボウマン)

レースタイム:2:33.6(良)
レース上がり3ハロン:35.2
勝ち馬上がり3ハロン:35.2
 
内から楽々と先手を奪いスローペースに落とし込んだキタサンブラックが余裕の逃げ切り勝ちをおさめた昨年の有馬記念。一方、14番枠発走のスワーヴリチャードは終始外を回らされながらの追走となった。それでも直線ではシュヴァルグランと共に2着争いに加わる走りを見せた事で能力の一端は示した走りだったと言える。今回の金鯱賞では得意の左回り、一気にパフォーマンスも上がるだけに凱旋門賞帰りのサトノダイヤモンドもうかうかとはしていられない。
 

有馬記念直前

 
公開抽選で14番枠を引き当てたスワーヴリチャード陣営

公開抽選で14番枠を引き当てたスワーヴリチャード陣営

via google imghp
 
さぁ、M.デムーロ騎手の年間最多GⅠ勝利の7勝目なるか!?下半期絶好調の男に外枠不利のジンクスは通用しない??

木曜日の公開抽選では『くじ運が無いから』という理由で庄野調教師にくじ引きを任せたものの、それでも14番枠と喜ばしくないゲートを引き当ててしまった。デムーロ騎手はそれでも落胆の色を見せず、『ゲートは上手なので逆にレースがしやすい』とポジティブに捉える頼もしさ。さすがにGⅠハンターだけあって既にそこから勝利への活路を模索しているのだろう。勝てば武豊騎手などが持つ記録を塗り替え競馬史に新たな1ページが刻まれる事となる。
 

スワーヴリチャード

 
スワーヴリチャード(ピラミマ2014)

スワーヴリチャード(ピラミマ2014)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:庄野靖志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:NICKS

通算成績:15戦5勝(5-3-3-4)
主な戦績:大阪杯など
via google imghp
 
2014年の当歳セレクトセールにて1億5500万円で落札された高額馬。馬体も当時から際立った見た目で、ハーツクライ産駒の代表格になれる器と期待されている。画像は当歳ながら、体高もあり脚もしなやかにスラーっと伸びており雰囲気のある馬体。半兄のバンドワゴンは短い距離での活躍が見込めそうだが、本馬は明らかに長距離向きで見栄えの良い馬格が魅力的だ。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ピラミマ Unbridled's Song Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell
キャリアコレクション General Meeting Seattle Slew
Alydar's Promise
River of Stars Riverman
Star Fortune


 

兄弟馬

 
バンドワゴン

バンドワゴン

牡馬

父馬:ホワイトマズル
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:馬場幸夫

通算成績:13戦4勝(4-1-0-8)
主な戦績:但馬ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.5pt

 
それほど良血の種牡馬をつけていないにも関わらず産駒が安定して走っており、バンドワゴンが兄にいる部分も評価出来る。ただ性別違いも全姉が1勝止まりで父が不安定ハーツクライとなるとやや冒険な選択とは言えるがなしでもないだろう。
 

前評判

 
今週デビュー予定のスワーヴリチャードだが、キレの良い動きが評判で初戦から注目を集めそうだ。兄と違い脚元に何の心配も要らなさそうで、大型馬ながら動きも素軽く仕上げには困らないとの事。関係者曰く、「奥がありそうで期待の大きい1頭です」との事。兄に続いてデビュー戦を圧勝し、一躍クラシック候補に名乗りをあげたい。
 

馬名の意味

 

冠名+人名より

 
まだこれと言った活躍馬がいない冠名“スワーヴ”のNICKS。しかし、所有馬には素質を感じさせる馬も多くじきに重賞を勝てる馬も出て来るだろう。その一番馬に成り得る可能性を秘めているのがこのスワーヴリチャードである。

関連記事

関連タグ

著者