スワーヴシャルル

 
スワーヴシャルル(キングスローズ2016)

スワーヴシャルル(キングスローズ2016)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:NICKS

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
母キングスローズはニュージーランドの1000ギニーを制した名牝。いきなり初年度産駒からサトノアーサーという重賞馬を輩出する辺りは本物だろう。そこから1年の間を置いてロードカナロアという種牡馬の質、繁殖牝馬の体力共に最高の状態で配合され出たのがこのスワーヴシャルルだ。これは走らなければ嘘、兄同様に2億円もの大枚を叩いてまだお釣りが来るくらいの活躍を期待したい。馬体重は春の段階で461kg。
 

血統背景

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
キングスローズ Redoute's Choice デインヒル Danzig
Razyana
Shantha's Choice Canny Lad
Dancing Show
Nureyev's Girl Nureyev Northern Dancer
Special
Lakab Manila
River Lullaby


 

兄弟馬

 
サトノアーサー(キングスローズ2014)

サトノアーサー(キングスローズ2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:11戦4勝(4-3-2-2)
主な戦績:エプソムカップなど
via google imghp
 

近親馬

 
Hessonite(Lakab2008)

Hessonite(Lakab2008)

牝馬

父馬:Freud
母馬:Lakab
母父:Manila
所属:David G.Donk厩舎(米)
生産:Berkshire Stud-Waterville Lake Stables(米)
馬主:Philip F. Dileo-William J. Punk Jr.

通算成績:22戦11勝(11-3-1-7)
主な戦績:ボーゲイステークスなど
via google imghp
 
Anabandana(Great Notice2008)

Anabandana(Great Notice2008)

牝馬

父馬:Anabaa
母馬:Great Notice
母父:Nureyev
所属:Don Sellwood厩舎(豪)
生産:Reavill Farm Thoroughbreds(豪)
馬主:C R Grace

通算成績:13戦5勝(5-4-4-3)
主な戦績:マナワツサイアーズプロデュースステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
母は海外G1馬で半兄はサトノアーサー、ファミリーに日本実績はないものの、十分初動で結果を出しているので引き続き父違いも期待大だろう。
 

前評判

 
動き自体は非凡なものを感じるが、余り強い負荷をかけると馬体重が減って行くそう。春の段階でその様な状態だっただけに、厩舎が無理をしないスタイルという事を鑑みてもデビューは秋以降になるだろう。そうなると、距離適性を考えてもクラシックには向かわない可能性も高い。行く行く走るのは目に見えているが、兄と同じく古馬になってから日の目を見るタイプか。
 

馬名の意味

 

冠名+人名

 
恐らく、フランスの第18代大統領シャルル・ド・ゴールからの引用か。母名、兄アーサーと権力者関連のネーミングと考えて良いだろう。

関連記事

関連タグ

著者