2歳新馬直後

 

2019年11月30日 2歳新馬 芝1600m 阪神競馬場

1着:ストーンリッジ 牡2 (L.デットーリ)
2着:スリーコーズクライ 牡2 (武豊)
3着:ヒメノカリス 牝2 (川田将雅)

レースタイム:1:36.8(良)
レース上がり3ハロン:33.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.1
 
発馬で立ち遅れたストーンリッジだったが、すぐさまリカバリーを図り逃げたスリーコーズクライの2番手まで上がって道中は静かに追走をしていた。入りの3ハロンが38秒台という超スローペースで進む中、逃げ馬の手応えが絶好で完全な前残りの展開となった1戦。直線では想定通り、前の2頭による叩き合いとなるもラスト1Fで再加速したストーンリッジが見事にデビュー戦を白星で飾っている。究極の上がり勝負で、後半2Fはいずれも11秒0というラップを刻んだ。これで差し切られてはスリーコーズクライもお手上げだろう。
 

2歳新馬直前

 
デビュー戦を圧勝したマウントシャスタなど上の活躍馬は数...

デビュー戦を圧勝したマウントシャスタなど上の活躍馬は数え切れない

via google imghp
 
毎年の様に注目を集めるクロウキャニオン産駒。ずっとディープインパクトを配合され続け、重賞馬などを含む3勝以上の勝利をあげた馬が8頭もいるとてつもない繁栄ファミリーである。その共通点として、新馬の勝ち上がり率が異常に高く、初戦から自身のパフォーマンスを最大限発揮できる気性面の融通性も大きいのだろう。それでいて身体能力が高いのであればまず取りこぼす可能性は低いのではないだろうか。鞍上には名手L.デットーリ騎手。
 

ストーンリッジ

 
ストーンリッジ(クロウキャニオン2017)

ストーンリッジ(クロウキャニオン2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:1戦1勝 (1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
ご存知クロウキャニオンの12番仔にあたるストーンリッジ。上にはボレアスやカミノタサハラ、マウントシャスタにベルキャニオンなど活躍馬を挙げればキリがない血統である。これまでデビューした11頭は全て勝ち上がり、その内の8頭は3勝以上の勝ち星を重ねるという驚異のハイアベレージを誇る一族なのだ。基本的には初戦で先ず1勝目をあげるケースが多く、その例に漏れず本馬もデビュー戦から良い走りを期待したい。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘア Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
クロウキャニオン フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
クロカミ Caerleon Nijinsky
Foreseer
ミルド Desert Wine
Margie Belle


 

兄弟馬

 
ボレアス(クロウキャニオン2008)

ボレアス(クロウキャニオン2008)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
所属:吉田直弘厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:34戦3勝(3-4-3-21)
主な戦績:レパードステークスなど
via google imghp
 
マウントシャスタ(クロウキャニオン2009)

マウントシャスタ(クロウキャニオン2009)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
所属:池江泰寿厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:20戦4勝(4-3-1-12)
主な戦績:白百合ステークスなど
via google imghp
 
カミノタサハラ(クロウキャニオン2010)

カミノタサハラ(クロウキャニオン2010)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:5戦3勝(3-0-1-1)
主な戦績:弥生賞など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:3.4pt

 
説明不要の名繁殖牝馬クロウキャニオンの産駒。ディープ産駒の牡馬とくれば期待せずにはいられない超注目の1頭だろう。兄弟10頭全馬勝ち上がり内8頭が3勝以上という抜群の実績。
 

前評判

 
金子氏所有馬という事もあり、メディアにもデビュー前の情報はほぼ露出なし。それでも伝え漏れる前評判は高く、初戦から勝ち負けという事は血統から見ても先ず間違いない。デビュー戦にL.デットーリ騎手を乗せたいが為に、彼の来日に合わせて新馬戦出走を3週もスライドさせるなど陣営の期待値は測り知れないものがある。もしかすると、母の産駒から悲願のGⅠ馬誕生の瞬間を見せてくれる器なのではないだろうか。
 

馬名の意味

 

アメリカの地名

 
響から来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者