ディープを敗った男が因縁の騎乗

 
スタディオブマン主戦のS.パスキエ騎手

スタディオブマン主戦のS.パスキエ騎手

via google imghp
 
『彼はまだ完成していないけど、能力は物凄く高いー』。取材陣に対してそう答えるのは、2006年の凱旋門賞でディープインパクトを負かしたレイルリンクに跨ったS.パスキエだ。今年のフランスダービーでディープインパクト産駒初の海外GⅠ制覇に導いたフランスの名手。ディープインパクトの仔が、父を降した男を背にそのレースのリベンジに挑むというのは何かの因縁か。いずれにせよ、クリンチャーと共に日本の競馬ファンの注目を集めるのは間違いないだろう。ダービー馬の意地の好走を期待したい。
 

ディープ産駒が仏ダービーを快勝

 

2018年06月03日 フランスダービー 芝2100m シャンティイ競馬場

1着:スタディオブマン 牡3 (S.パスキエ)
2着:パタスコイ 牡3 (M.バルザローナ)
3着:ルイドール 牡3 (A.アムラン)

レースタイム:2:07.44(Soft)
レース上がり3ハロン:不明
勝ち馬上がり3ハロン:不明
 
道中は先行集団の馬群でジッと動かず待機するスタディオブマン。4コーナーで上手く進路を見出し直線コースでは他馬とぶつかりながら割って抜け出す脚を見せる。そこから早め先頭に立つと、後続の追撃を必死に振り切り最後までそのリードを守り抜いた。走りは綺麗ではなかったが、勝負根性抜群の内容で意地のダービー制覇。これで4戦3勝、ワグネリアンに続いてディープインパクト産駒が2カ国で最高峰の1戦を制した事となる。前日の英ダービーでは1番人気サクソンウォリアー(ディープインパクト産駒)が惜しくも4着に敗退。
 

スタディオブマン

 
スタディオブマン(セカンドハピネス2015)

スタディオブマン(セカンドハピネス2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:セカンドハピネス
母父:Storm Cat
所属:Pascal F. Bary厩舎(仏)
生産:Flaxman Stables Ireland Ltd.(愛)
馬主:Flaxman Stables Ireland Ltd.

通算成績:6戦3勝(3-1-1-1)
主な戦績:フランスダービーなど
via google imghp
 
母セカンドハピネスは名牝ミエスク産駒、つまりキングマンボの妹にあたり近親にリアルスティールなどがいる超良血ファミリーである。半兄に日本でも走ったマンボネフューがいる血統だが、このスタディオブマンは母がディープインパクト産駒を受胎後、アイルランドに戻って産まれた為生産は海外となる。それでもディープインパクトの子供が海外でも大活躍するという報せは日本の競馬ファンにとっても嬉しいものである。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
セカンドハピネス Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Miesque Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla


 

兄弟馬

 
マンボネフュー(セカンドハピネス2010)

マンボネフュー(セカンドハピネス2010)

牡馬

父馬:バゴ
母馬:セカンドハピネス
母父:Storm Cat
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:29戦4勝(4-5-1-19)
主な戦績:3歳上1000万下など
via google imghp
 

近親馬

 
リアルスティール(ラヴズオンリーミー2012)

リアルスティール(ラヴズオンリーミー2012)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:17戦4勝 (4-5-2-6)
主な戦績:ドバイターフなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
日本の兄弟は、パッとしないが父がほとんどバゴなので参考外だろう。父ディープとしては2頭目、兄も海外で走っているが結果は出していない。ただ血統背景としては、祖母ミエスク×ストームキャットの母の産駒には期待しか持てないので当馬の活躍にも納得。
 

前評判

 
2012年産駒に全兄のTale Of Lifeがおり、こちらもフランスデビューで初戦から素質の高い走りを見せてはいた。元より、この一族にディープインパクト産駒はリアルスティール始め相性も良く、それに加えてStorm Catとのニックス関係もあり走らない訳が無い。ただ、海外の洋芝でどこまでパフォーマンスが出せるかと言うと実戦に行かないと分からないが、スタディオブマンの走りを見る限りは十分に対応出来ているのではないだろうか。
 

馬名の意味

 

男の研究

 
直訳するとこの意味になるが、恐らく馬主の意図はもう少し違うものだろう。

関連記事

関連タグ

著者