平安ステークス直後

 

2019年5月18日 平安ステークス ダート1900m 京都競馬場

1着:チュウワウィザード 牡4 (川田将雅)
2着:モズアトラクション 牡5 (藤岡康太)
3着:オメガパフューム 牡4 (M.デムーロ)

レースタイム:1:58.1(良)
レース上がり3ハロン:37.4
勝ち馬上がり3ハロン:36.5
 
道中はインの中団後方でしっかりとレースの戦局を見つめるジョーダンキング。外からオメガパフュームが上がって行く時も、ジワッと押し上げる程度で我慢をしつつ直線コースへ。実力が足りない分を補う為、無理に外へ出さず馬群の中に突っ込んで行くポジショニングは岩田康誠騎手ならではか。最後はしっかりと抜け出して脚を使っており、6着に敗れたものの決して悲観する内容では無い。いずれは重賞でも戦える素材には違いない。
 

甲南ステークス直後

 

2019年3月10日 甲南ステークス ダート2000m 阪神競馬場

1着:ジョーダンキング 牡6 (岩田康誠)
2着:タガノグルナ 牡5 (菱田裕二)
3着:テイエムジョウネツ 牝7 (富田暁)

レースタイム:2:04.2(稍重)
レース上がり3ハロン:38.4
勝ち馬上がり3ハロン:37.7
 
スタートはまずまず、道中はかなり縦長の展開となり中団から後方に位置したジョーダンキング。ペースが速く慌てず徐々に外目を上がって行く形で前との差を詰めて行った。4コーナーで先行集団に並びかけると、直線では一気に前をかわして独走状態に。更にグングン加速、最後は逃げ粘った2着タガノグルナに5馬身差を付ける内容であっさりとオープン入りを達成した。岩田康誠騎手も同馬のポテンシャルがまだ全開でない事を示唆しており、今後の成長次第では重賞戦線の常連になる可能性は非常に高い。
 

ジョーダンキング

 
ジョーダンキング(フューチャサンデー2013)

ジョーダンキング(フューチャサンデー2013)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:フューチャサンデー
母父:サンデーサイレンス
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:藤原牧場
馬主:廣崎利洋HD

通算成績:15戦6勝(6-6-0-3)
主な戦績:甲南ステークスなど
via google imghp
 
現役時代クイーンカップを制覇したフューチャサンデー産駒のジョーダンキング。これまでの複数勝利をあげる活躍馬はいたが、重賞タイトルを狙えるという意味では同馬が最も期待出来る1頭なのは違いない。芝の新馬戦で大敗以降、ダート路線に転校してからというもの12戦して2着以下なしという抜群の安定感。クラスがあがる毎にパフォーマンスも向上しており、今一番成長曲線のきついカーブに差し掛かっているところではないだろうか。
 

血統背景

 
キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
フューチャサンデー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
cosmah
Wishing well Understandings
Mountain Flower
アスクローザ リアルシャダイ Roberto
Desert Vixen
オオミーアキノ ノーザンテースト
オオミシャダイ


 

兄弟馬

 
サンキューアスク(フューチャサンデー1997)

サンキューアスク(フューチャサンデー1997)

牝馬

父馬:シンボリクリスエス
母馬:フューチャサンデー
母父:サンデーサイレンス
所属:伊藤正徳厩舎(美浦)
生産:藤原牧場
馬主:廣崎利洋

通算成績:15戦3勝(3-1-3-8)
主な戦績:フラワーカップ3着など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
母父SSの重賞馬という母、産駒は成績は平凡でファミリーにも実績馬はいないので血統背景からの強調材料はない。
 

前評判

 
特にデビュー前で目立った記事も無く、あくまで廣崎利洋氏所有の1頭というくらいの位置づけだっただろう。とは言え、以外にも数ある母の産駒でキングカメハメハが付けられたのは同馬とあともう1頭。完全なニックス効果が期待出来る同配合としては、今の活躍は想定内レベルの走りと言える。後は芝で走ってくれれば言うことは無いのだが。
 

馬名の意味

 

人名より+父名の一部

 
廣崎氏らしい響きの良いネーミング。

関連記事

関連タグ

著者