2歳新馬直後

 

2019年8月17日 2歳新馬 芝1200m 小倉競馬場

1着:ジュビリーヘッド 牡2 (北村友一)
2着:サヴァイヴ 牡2 (福永祐一)
3着:ファストボウラー 牡2 (幸英明)

レースタイム:1:09.5(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
 
最内枠からスカッと発馬を決め一気に前のポジションを取りに行ったジュビリーヘッド。勢い良く、そのままま楽に先手を切るものの、勢い余って前半3ハロンは34秒0というやや速めのペースになってしまった。それでも周りとのスピード力は歴然で、最後の直線もサヴァイヴにこそ詰め寄られたものの1分9秒5の好時計でフィニッシュし、今後の注目馬として自ら候補に名を連ねた模様である。
 

ジュビリーヘッド

 
ジュビリーヘッド(ローズノーブル2017)

ジュビリーヘッド(ローズノーブル2017)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:ローズノーブル
母父:ディープインパクト
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
祖母ラヴィアンローズはフランスの重賞馬、持ち込まれて最も活躍したのがディープインパクト産駒の母ローズノーブルだった。そこにロードカナロアという現在考え得る最高の掛け合わせであり、これが走らなければどれが走るんだという様な血統構成である。アウトブリードの配合で、フィジカル・メンタル共に良好な傾向にある1頭。早期デビューからしっかりと使って行けるだけに、徐々に完成して行くタイプか。
 

血統構成

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
ローズノーブル ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
ヴィアンローズ Sevres Rose Caerleon
Indian Rose
Princesse de Viane Kaldoun
Life On the Road


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
アジュールローズ(ラヴィアンローズ2013)

アジュールローズ(ラヴィアンローズ2013)

牡馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:ラヴィアンローズ
母父:Sevres Rose
所属:古賀慎明厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:13戦3勝(3-2-1-7)
主な戦績:プリンシパルステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリー兄弟に日本実績はほぼない、母父ディープインパクト×父ロードカナロア。現在実現できる配合の日本最高峰の配合。ファミリー実績や母の競走実績がないこの配合を安く購入するというのが1つの選択肢だろう。強調材料としてはそれくらい。
 

前評判

 
ロードカナロア産駒で安田隆行厩舎に預託、この流れから見てもクラブ側の期待値は他の同産駒より遥かに高い事が見て取れる。強気の価格設定からもそこは汲み取れるだけに、逆を言えばこの産駒が走らなければキャロットの見る目を疑われるレベルの1頭とも言えるのだ。そうなれば、故障や何かしらのアクシデントが無い限り言い訳が立たない。この手は大体結果を出すと見て良いだろう。
 

馬名の意味

 

19世紀に英国で発行された祝祭記念の金貨

 
母名から連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者