展開など考慮しても価値ある2着

 

2019年1月20日 3歳新馬 芝1600m 京都競馬場

1着:アンドラステ 牝3 (中井裕二)
2着:シルヴァーソニック 牡3 (松山弘平)
3着:クインオブザシーズ 牝3 (M.デムーロ)

レースタイム:1:36.9(稍重)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:35.6
 
強めの降雨で稍重馬場になったデビュー戦、前半はアンドラステが作るスローペースに各馬が付いて行く流れで明らかに前有利の展開。勝負どころでややペースは上がるものの、そこまで激しい緩急でもなくその時点で腕が動き出したシルヴァーソニックは脚を使うのに時間がかかるタイプと判断する。直線では外のクインオブザシーズに被される形となるも、ラストまで懸命に走り切って差し返しの2着入線。普通なら馬があそこで止めてしまうものの、同馬は精神面でかなりタフな1頭だろう。叩いて距離延長の今回は更に動けると判断、勝ち負けに近い。
 

ラスト1F11秒台を楽々と計時

 
シルヴァーソニック(エアトゥーレ2016)

シルヴァーソニック(エアトゥーレ2016)

牡馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:エアトゥーレ
母父:トニービン
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
稽古の動きも評判で、とにかくその走りにセンスを感じるシルヴァーソニック。バネのあるフォームで如何にも芝で良さそうな1頭だろう。トニービンの肌にオルフェーヴル、まさにホームランか空振りかという様な配合だが、それを補うに余りある母エアトゥーレの実績。さすがに全く想定外の駄馬という事は無い。マイルのデビュー戦で度肝を抜く様なパフォーマンスを披露してもらいたいものだ。
 

シルヴァーソニック

 
非常に骨格のしっかりした頑丈そうな馬体。思えば母エアトゥーレも新馬から7歳(現馬齢6歳)引退時までほぼ休み無く23戦走り続けたタフウーマンだった。そこへこれまた偉丈夫のオルフェーヴルが配合されたとなると、納得の馬格でもある。特に後肢の発達が優れており強いバネのある走りが期待出来そう。全体的に胴の詰まったコンパクトな造りで持っても中距離までか。馬体重は春の段階で460kg。
 

血統背景

 
オルフェーヴル ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
オリエンタルアート メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート ノーザンテースト
グランマスティーヴンス
エアトゥーレ トニービン カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
スキーパラダイス Lyphard Northern Dancer
Goofed
Ski Goggle ロイヤルスキー
Mississippi Siren


 

兄弟馬

 
アルティマトゥーレ(エアトゥーレ2004)

アルティマトゥーレ(エアトゥーレ2004)

牝馬

父馬:フジキセキ
母馬:エアトゥーレ
母父:トニービン
所属:奥平雅士厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:14戦7勝(7-1-1-5)
主な戦績:シルクロードステークス、セントウルステークスなど
via google imghp
 
キャプテントゥーレ(エアトゥーレ2005)

キャプテントゥーレ(エアトゥーレ2005)

牡馬

父馬:アグネスタキオン
母馬:エアトゥーレ
母父:トニービン
所属:森秀行厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:20戦5勝(5-2-3-10)
主な戦績:皐月賞など
via google imghp
 

近親馬

 
ロワジャルダン(アグネスショコラ2011)

ロワジャルダン(アグネスショコラ2011)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:アグネスショコラ
母父:サンデーサイレンス
所属:荒山勝徳厩舎(大井)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:28戦6勝(6-4-5-13)
主な戦績:みやこステークスなど
via google imghp
 

血統評価:4.1pt

 
Ski Goggleの一族でスキーパラダイスのファミリーの本線エアトゥーレの産駒。母の姉アグネスショコラは繁殖牝馬として母父SSで重賞馬もだしているが逆にSSを内包していなく現役能力の高かったエアトゥーレが繁殖牝馬としてはSS系を配合できて結果をだした格好。やや当たり外れはあるもののG1馬含めて重賞未勝利馬に関してもG1上位馬など素質馬をだしているので父オルフェーヴルとなればさらに当たればデカイという感じになるのでややギャンブル要素はあるが期待出来る1頭だろう。
 

前評判

 
調整自体は順調そのもの。若干の煩さはあるものの、手が掛かるまでの程度では無い。成長力のある血統で、現時点でも動きに良さが見られここからどう変わって行くのか非常に楽しみである。“オルフェーヴル×トニービン”という組み合わせは如何にも大物が産まれそうな配合であり、芦毛のオルフェ産駒がターフで大暴れする日は近いかもしれない。いずれにせよ、管理厩舎含めて期待以上の活躍をして欲しい。
 

馬名の意味

 

銀色+音速の

 
芦毛の馬体が音速の如くターフを颯爽と駆け抜ける姿をイメージしてネーミング。

関連記事

関連タグ

著者