飛ぶ鳥を落とす勢いのクラブと言えばこのシルクレーシング。元のシルクホースクラブ単独経営から、社台グループ傘下に入った事で募集馬の質が圧倒的に上昇した。“シルク”の冠名も廃してクラブイメージを一掃する革新的な試みが成功し今の活躍に至るのである。まだ出走頭数などの規模は上位2クラブに引けを取るが、勝ち馬率などの実質的な数値だけで見ればむしろ上回っているデータも残しているだけに、POGで勝ち上がりたいなら避けて通れない存在だろう。
 

シルクレーシング所属高額馬一覧

 

サラミス|サロミナ2016

 
サラミス(サロミナ2016)

サラミス(サロミナ2016)

牡馬

価格1億円

父馬:ディープインパクト
母馬:サロミナ
母父:Lomitas
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:サロニカ、サラキア
via google imghp
 
全姉のサロニカ、サラキアはクラシック出走こそ出来なかったもののそれ相応のパフォーマンスでいずれも注目を集めていた素質馬。そう考えると、このサラミスも同等の活躍が期待出来るのではないだろうか。但し、今回は牡馬に出た点がどういう作用を見せるのか…もしかすると大物に化ける可能性もあるかもしれない。その評価額含めて唯一の1億円ホースという事ではないだろうか。ある意味で一か八かという要素は強いが、個人的には期待値が高いと思われる。
 

リアオリヴィア|リアアントニア2016

 
リアオリヴィア(リアアントニア2016)

リアオリヴィア(リアアントニア2016)

牝馬

価格7000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:リアアントニア
母父:Rockport Harbor
所属:中竹和也厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:初仔
via google imghp
 
母リアアントニアは2013年の米2歳牝馬チャンピオン。その初仔で能力自体の判定は難しいが、ディープインパクト×ダート血統というのは成功例が多いだけにそこそこの期待をしても良いのではないだろうか。それこそNHKマイルカップを勝ったケイアイノーテックがその良い例であり、父の柔らかさと母系のパワーが上手く噛み合えば重賞級が出ても何らおかしくはない。シルクの強気な価格設定がより一層真実味を感じさせる。
 

パラダイスリーフ|シルキーラグーン2016

 
パラダイスリーフ(シルキーラグーン2016)

パラダイスリーフ(シルキーラグーン2016)

牡馬

価格7000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:シルキーラグーン
母父:ブライアンズタイム
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:ゼーヴィント、ザイディックメア
via google imghp
 
母シルキーラグーンはデビューさえすれば割と仔出しの良いタイプの繁殖牝馬。実際、全兄のゼーヴィントは重賞2勝で尚も活躍が期待出来る1頭。ディープインパクトは母父ブライアンズタイムとも好相性であり、恐らく駄馬レベルの競走馬は出ないと判断して良い。兄同様、使い出しが遅れるとまずいが今回は馬自身の作りが良さそうで、木村哲也厩舎としても軌道に乗せたい所だろう。
 

セリユーズ|ミュージカルロマンス2016

 
セリユーズ(ミュージカルロマンス2016)

セリユーズ(ミュージカルロマンス2016)

牝馬

価格6000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:ミュージカルロマンス
母父:Concorde's Tune
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:特になし
via google imghp
 
全兄キラーコンテンツは一昨年のシルクレーシングで1億円もの募集額をかけられた程。期待された走りは出来なかったが、やはり見た目だけで言えばトップクラスの馬体を誇っていた。今回は牝馬に変わってまた違った出方をしているが、それでも雰囲気は上々。さしたる実績は無いものの、6000万円の評価額となるのも致し方ないだろう。今年の桜花賞を制したアーモンドアイを管理する国枝栄厩舎というのは非常に心強い。牝馬クラシック戦線も狙える素材か。
 

ボニーゴールド|キューティゴールド2016

 
ボニーゴールド(キューティゴールド2016)

ボニーゴールド(キューティゴールド2016)

牝馬

価格6000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:ボニーゴールド
母父:フレンチデピュティ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:ショウナンパンドラ
via google imghp
 
母キューティゴールドは2年目にジャパンカップを制したショウナンパンドラを輩出。何故かその後、マンハッタンカフェ、ネオユニヴァース、ヴィクトワールピサ、ダイワメジャーと社台のA級種牡馬を立て続けに付けられてそこそこの成績。そしてようやく全妹にあたるボニーゴールドがお目見えという流れだ。母父フレンチデピュティとの相性は既に証明済み、同性という事も含めて普通に考えれば活躍する流れだろう。ある意味でお買い得かもしれない1頭。
 

ルデュック|ヒッピー2016

 
ルデュック(ヒッピー2016)

ルデュック(ヒッピー2016)

牡馬

価格5000万円

父馬:ハーツクライ
母馬:ヒッピー
母父:Muhtathir
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:初仔
via google imghp
 
母ヒッピーはフランスで重賞を制するなど6勝をあげた活躍馬。母父ムータティールもイギリスなどで活躍しており、スピード感のある母系にハーツクライを付けた興味深い配合の1頭だ。初仔で未知数な面は多いが、強気の募集額と共に預託先が天下の池江泰寿厩舎。これだけでも指名の余地は十分。ただ、気になるのは立ち姿の時点でやや体が硬そうな作りという点だろう。首も高く恐らく走りはそこまで柔らかく無さそうな雰囲気をヒシヒシと感じる。
 

シハーブ|サマーハ2016

 
シハーブ(サマーハ2016)

シハーブ(サマーハ2016)

牡馬

価格5000万円

父馬:ゴールドアリュール
母馬:サマーハ
母父:Singspiel
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:シャケトラ
via google imghp
 
兄シャケトラはご存知、雄大な馬体で現役でもトップクラスの能力を誇る活躍馬。母サマーハが平均的に見栄えのする馬を出す事が多く、そこにダート血統のゴールドアリュールを付けた事から更に筋骨隆々なのがこのシハーブ。加えて黒に近い青鹿毛が更に光の凹凸を強く演出し、想像以上にインパクトの強い見た目が完成。恐らくモロにダート馬だろうが、藤沢和雄厩舎という事もありケンタッキーダービーなどの米クラシックを狙える器かもしれない。
 

クーダルジャン|ルシルク2016

 
クーダルジャン(ルシルク2016)

クーダルジャン(ルシルク2016)

牡馬

価格4000万円

父馬:オルフェーヴル
母馬:ルシルク
母父:Dynaformer
所属:戸田博文厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:シルクレーシング

兄弟:グランシルク
via google imghp
 
グランシルクを筆頭に種牡馬が変わっても安定して走る産駒を出すルシルク。祖母キューからはブレイクランアウトなど多数の素質馬が出ており、この母系は実績に関わらず走りそうな馬を輩出する事が多く見受けられる。とは言え、グランシルクがステイゴールド産駒でこの血統との相性は証明済み。オルフェーヴルはそのステイゴールドの後継種牡馬という事もあり、ここで結果を出しておかなければいけないだろう。一族安定の戸田博文厩舎管理、ある程度は早めに使い出すイメージ。
 

まとめ

 
以上、シルクレーシングの2016年産駒募集馬の4000万円までを上位掲載。

今後もその他有力クラブの同ランキングを掲載予定となっております。どうぞお楽しみに。

尚、これらの記事は随時更新予定ですので引き続き御覧下さい。

関連記事

関連タグ

著者