不完全燃焼も素質の片鱗は見せた

 

2018年10月08日 2歳新馬 芝1800m 京都競馬場

1着:クリノガウディー 牡2 (森裕太朗)
2着:ミッキーバディーラ 牝2 (松山弘平)
3着:シャルムダムール 牝2 (幸英明)

レースタイム:1:50.0(良)
レース上がり3ハロン:34.8
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
 
道中は先行集団のインを追走、理想的な形で直線を迎えたシャルムダムール。しかし、そこから外へ出そうとするもアスクフラッシュに蓋をされ内目に進路を取る不利。そして、またもゴール前で挟まれ追えないシーンがあり最後はグンと加速し3着まで上がるも完全に騎乗ミスと言って良いだろう。能力は高そうなだけに、上位騎手への乗り替わりを加えて次での勝ち上がりを期待したい1頭だ。中内田厩舎だけに川田将雅騎手などが有力だろう。
 

シャルムダムール

 
シャルムダムール(メダリアダムール2016)

シャルムダムール(メダリアダムール2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:メダリアダムール
母父:Medaglia d'Oro
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:吉田晴哉

通算成績:1戦0勝 (0-0-1-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
母父メダグリアドーロはフィドゥーシアやエーシンメンフィスなどの産駒がいるものの基本的に活躍の主戦場はダート。遡ればサドラーズウェルズ系であり、そこにディープインパクトを掛け合わせても余程の親和性が無ければトップクラスの馬は産まれない。その証拠に上の全兄弟2頭はさっぱりの成績で、急にこれが爆発する可能性はほぼゼロに等しいと言っても過言ではないだろう。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
メダリアダムール Medaglia d’Oro El Plado Sadler's Wells
Lady Capulet
Cappucino Bay Bailjumper
Dubbed In
Izara ブラッシングジョン Blushing Groom
La Griffe
Zalataia ディクタス
Tapioquerie


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
血統構成、兄弟実績など血統構成からの強調材料は全くない。
 

前評判

 
追分ファーム代表の吉田晴哉氏が所有しているという事は基本的に売れ残りという判断の方が概ね正しい。とは言え、動き自体は良いフットワークをしており重賞級までは行かずともディープインパクトのそ子力でそこそこ走って来る産駒にはなるか。後は繁殖用として早めに引退させる算段ではないだろうか。
 

馬名の意味

 

素敵な愛(フランス語)

 
兄ブラゾンダムールに続き母名からの連想でネーミング。

関連記事

関連タグ

著者