ローズステークス直前

 
体も一回り大きくなって成長が感じられるシャドウディーヴァ

体も一回り大きくなって成長が感じられるシャドウディーヴァ

via google imghp
 
元より古馬になってからが本当の意味で一線級との勝負と思われていたシャドウディーヴァ。それでも持ち前のポテンシャルで春から重賞戦線を賑わせたのはさすがの実力馬だ。夏を越してここからが試金石となって来るだろうが、ローズステークスでもダノンファンタジー以下とそうヒケは取らない。オークスでの走りを考えれば、ここは最有力候補に扱われてもおかしくないレベルだが、実際のレースではどこまで食らいつけるか注目である。
 

オークス直後

 

2019年5月19日 オークス 芝2400m 東京競馬場

1着:ラヴズオンリーユー 牝3 (M.デムーロ)
2着:カレンブーケドール 牝3 (津村明秀)
3着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)

レースタイム:2:22.8(良)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
スタート直後、すぐにインコースへ進路を進め、人気馬クロノジェネシスの後方に付けたシャドウディーヴァ。道中は大きな動きもなく、淡々とレースを進めて脚を溜めに溜めた。直線で上手くスペースを見つけいざ追い出すと一瞬グンと加速しそうなシーンを見せる。しかし、そこからフローラステークスの時の様な加速は無く、ダノンファンタジーなどと同じ脚色となり、最後は掲示板争いに敗れて6着敗退。それでも、人気以上の走りで大健闘の部類ではないだろうか。
 

オークス直前

 
過去イチの仕上げで臨むシャドウディーヴァ

過去イチの仕上げで臨むシャドウディーヴァ

via google imghp
 
岩田康誠騎手を背に絶好の動きでピークの仕上がりを見せるシャドウディーヴァ。前走のフローラステークスも勝ったと言っても良いレース内容で、ウィクトーリアとは双璧と見て展望するのが良いだろう。血統的な見地からすればこちらの方が距離延長では分がありそうで、加えてオークスの勝ち方を知っている鞍上なら鬼に金棒である。陣営も今回が春の最大目標だけに究極の仕上がりに持って来ている、これは狙い目の1頭。
 

フローラステークス直後

 

2019年4月21日 フローラステークス 芝2000m 東京競馬場

1着:ウィクトーリア 牝3 (戸崎圭太)
2着:シャドウディーヴァ 牝3 (岩田康誠)
3着:ジョディー 牝3 (武藤雅)

レースタイム:1:59.5(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
 
内枠を利して中団のインを追走していたシャドウディーヴァ。ペースも流れて理想的な展開だったが、直線暫くは前が開かないまま進路を探るシーンがあった。ようやく最内をこじ開ける様にして抜け出すと、完全に勝ちパターンで終われるかに見えたゴール前。大外からウィクトーリアが一気に決め手を発揮してわずかにかわされて2着に惜敗を喫してしまった。とは言え、これでオークスへの出走権利を獲得。距離が延びて良くなるハーツクライ産駒だけに本番への期待はより高まるパフォーマンスだった。
 

フローラステークス直前

 
広いコースでもう一度見直したいシャドウディーヴァ

広いコースでもう一度見直したいシャドウディーヴァ

via google imghp
 
スピードの乗りに時間がかかるのか、やはり東京の様な長くて広いコースの方が実力は発揮しやすいシャドウディーヴァ。フラワーカップでもモタモタする走りで伸びて来た頃には既に大勢が決していた。今回は4戦している東京が舞台。距離も延びて前走の様な走りにはならないだろう。最後まで脚を使えたら自ずと結果は付いて来ている筈だ。鞍上は豪腕・岩田康誠騎手。
 

2歳未勝利直後

 

2018年11月10日 2歳未勝利 芝2000m 東京競馬場

1着:シャドウディーヴァ 牝2 (C.ルメール)
2着:イサク 牡2 (戸崎圭太)
3着:グレイジャックマン 牡2 (内田博幸)

レースタイム:2:01.1(稍重)
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.4
 
道中は先行集団の一角でレースを進め、直線入り口で前を射程圏内に収めたシャドウディーヴァ。しかし、前2頭がスペースを詰め出られないシーンがあったものの、そこを強引に割ってこじ開けあっさりと突き抜ける走り。最後までステッキを使わず、楽々と4馬身差を付ける内容はオープンクラスだろう。ハーツクライ産駒だけに更に距離が長くなれば良さそう、桜花賞よりもオークスで見てみたい1頭。
 

プロフィール

 
シャドウディーヴァ(ダイヤモンドディーバ2016)

シャドウディーヴァ(ダイヤモンドディーバ2016)

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ダイヤモンドディーバ
母父:Dansili
所属:斎藤誠厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:Shadow

通算成績:7戦1勝(1-3-1-2)
主な戦績:フローラステークス2着など
via google imghp
 
初戦、2戦目と目の引く伸びを見せながら相手が悪く勝てなかったシャドウディーヴァ。とは言え、潜在能力的にはこちらの方が上でやや不器用なレースぶりがネックと言える。レース慣れしてくれば融通も効きそうなタイプで、特に3戦目の未勝利戦は馬群にも怯まず牡馬をあっさりと弾き飛ばして勝利する程の強さ。現時点でこの競馬が出来るなら、来年の春にはある程度完成された形で上のクラスを賑わせる存在になっているだろう。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ダイヤモンドディーバ Dansili デインヒル Danzig
Razyana
Hasill Kahyasi
Kerali
Vivianna Indian Ridge Ahonoora
Hillbrow
Kundalini El Gran Senor
Hatton Gardens


 

兄弟馬

 
ハウメア(ダイヤモンドディーバ2014)

ハウメア(ダイヤモンドディーバ2014)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ダイヤモンドディーバ
母父:Dansili
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:15戦4勝(4-3-2-6)
主な戦績:STV杯など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.3pt

 
G1牝馬にA級種牡馬を重ねてハーツクライで〆ているのでずっとソコソコで構成された印象。ある程度走る可能性もあるがファミリーに日本実績馬がいないので強調材料はない。
 

前評判

 
2017年の1歳セリで7000万円超えの高額取引をされたダイヤモンドディーバ。血統的な見地で言えば、母が海外重賞馬というだけで姉ハウメアもそこまで活躍出来ていない現実を考えると、相場としては高めの設定だったのではないだろうか。それでも、これだけの評価を与えられたという事自体が当時の馬の完成度の差という事か。今後、この価格が結果的に安くなる程の活躍を期待したい。
 

馬名の意味

 

影+神がかり的(ラテン語)

 
ほぼほぼ冠名+母名、という考え方で良いだろう。抜群の響き。

関連記事

関連タグ

著者