オークス直後

 

2019年5月19日 オークス 芝2400m 東京競馬場

1着:ラヴズオンリーユー 牝3 (M.デムーロ)
2着:カレンブーケドール 牝3 (津村明秀)
3着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)

レースタイム:2:22.8(良)
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
今回も最大の惑星として注目されたシゲルピンクダイヤ。道中のレース運びについては何の文句もなし。ハイペースで中団追走から、桜花賞の時の様な脚を使えれば十分勝ち負け出来るイメージの流れだっただろう。しかし、4コーナーで手応えが怪しくなると、直線入り口では脚が上がった状態。そこから幾ら追っても伸びる事は無く、まさかの12着大敗となった。馬体的には中距離もこなせそうな雰囲気だったが、結果としてダイワメジャー産駒で距離が長過ぎたという事に尽きるのだろう。
 

オークス直前

 
軽快に坂路を駆け上がるシゲルピンクダイヤ

軽快に坂路を駆け上がるシゲルピンクダイヤ

via google imghp
 
単なる血統的見地だけで判断するには余りに早計と言えるダイワメジャー。母父ハイシャパラルはサドラーズウェルズ系のスタミナが売りの種牡馬であるし、馬体を見てもスラッとした立ち姿はむしろ2000m以上でこそ。桜花賞のレースも4コーナーから追っつけ通しだった事を考えれば、間違いなく距離延長は好材料と捉えるべき。もし大きく敗れる事があるならば、それは距離では無くレースを追う毎に増して来ているテンションの高さから来るものだろう。道中は後方でじっくり進めれば終いは確実に突っ込んで来る筈。
 

桜花賞直後

 

2019年4月6日 桜花賞 芝1600m 阪神競馬場

1着:グランアレグリア 牝3 (C.ルメール)
2着:シゲルピンクダイヤ 牝3 (和田竜二)
3着:クロノジェネシス 牝3 (北村友一)

レースタイム:1:32.7(良)
レース上がり3ハロン:33.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
8枠スタートから1馬身ほどの遅れを見せたシゲルピンクダイヤ。無理せず後方からの競馬に徹して、末脚を活かす作戦に。前がスローペースで展開的には不利な流れだったが、それでも折り合いピッタリで脚は溜まっていた。直線外に出さず馬群に突っ込んで行った同馬だが、グングン駆け上がって行くとゴール前でダノンファンタジーを捉えて2着に入る好走。グランアレグリアには離されたものの、上がり32秒7は最速。今後は上がりつつあるテンションをキープする事が重要となって来るだろう。
 

シゲルピンクダイヤ

 
シゲルピンクダイヤ(ムーンライトベイ2016)

シゲルピンクダイヤ(ムーンライトベイ2016)

牝馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:ムーンライトベイ
母父:High Chaparral
所属:渡辺薫彦厩舎(栗東)
生産:天羽牧場
馬主:森中蕃

通算成績:5戦1勝(1-2-1-1)
主な戦績:桜花賞2着など
via google imghp
 
折り返しの未勝利戦を快勝すると、続くチューリップ賞では非凡な能力を見せ2着に好走。まだまだ荒削りな部分は見せつつも、最後は迫力ある末脚で突っ込んで来ており成長次第では大きなタイトルを狙えそうな1頭。祖母ムーンライトダンスは海外の重賞勝ち馬で、その近親には香港でGⅠ6勝を達成したデザインズオンロームなどがいる底力の高い牝系でもある。母父High Chaparralから見てもスタミナ豊富な母系で、ダイワメジャー産駒なれどマイルまでで終わる馬では無さそう。
 

血統背景

 
ダイワメジャー サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットブーケ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida
ムーンライトベイ High Chaparral Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Kasora Darshaan
Kozana
ムーンライトダンス Sinndar Grand Lodge
Sinntara
Style of Life The Minstrel
Bubinka


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ムーンリットレイク(ムーンライトダンス2008)

ムーンリットレイク(ムーンライトダンス2008)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ムーンライトダンス
母父:Sinndar
所属:加藤征弘厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:19戦6勝(6-2-2-9)
主な戦績:福島テレビオープンなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
SinndarにHigh ChaparralとパワータイプにダイワメジャーでSS系随一のパワータイプで〆ておりいい方向に出た産駒だろう。一族に日本実績馬はおらず兄弟も走っていないので血統的な安定感はないので強調材料はない。
 

前評判

 
当歳のセレクションセールにおいて、約1700万円以上の高値で取引きされたシゲルピンクダイヤ。しかし母系が優秀とは言え、母はこれまで5頭の産駒がいて全て未勝利のまま終わっている。それを鑑みると、幾らダイワメジャー産駒と言えどもこの価格は馬自身のデキが素晴らしかったという事他ならないのである。実際、牝馬ながら馬っぷりは抜群。森中蕃氏の記念すべき平地の芝重賞初タイトル獲得をもたらす可能性は高い。
 

馬名の意味

 

冠名+宝石名『ピンクダイヤ』

 
シゲルでお馴染みのシリーズネーミング、2016年産駒は宝石。

関連記事

関連タグ

著者