陣営『アーモンドアイより前で』

 
CWコースを単走で追い切るサラキア

CWコースを単走で追い切るサラキア

via google imghp
 
軽めの追い切りもラストの動きで体調の良さが手に取って分かる。絶好調で本番を迎えるサラキアだが、潜在能力的にはまだ未知の部分が多い。クラシックでアーモンドアイと対決していない分、敗戦組よりも妙味があり逆転の目まであるのではないだろうか。そのためには、レースで前目の位置に付けなくてはならない。出遅れ癖のある当馬にとってスタートが最も重要な関門だろう。そういう意味では初騎乗予定だったモレイラ騎手の騎乗停止により、乗り慣れた池添騎手で参戦するのは怪我の功名と言える。
 

俄然追い込むも時すでに遅し

 

2018年09月16日 ローズステークス 芝1800m 阪神競馬場

1着:カンタービレ 牝3 (C.ルメール)
2着:サラキア 牝3 (池添謙一)
3着:ラテュロス 牝3 (秋山真一郎)

レースタイム:1:45.7(良)
レース上がり3ハロン:33.6
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
何時も通りスタートは上手く行かず立ち遅れの前半。とは言え、すぐに前に取り付く脚の速さもあり中団にまではスムーズに上がって行く形で道中は追走となった。直線コースに向いて外に持ち出すと猛烈な追い込みで単独2番手に上がるものの、更に前を行くカンタービレには届かず2着には敗戦。しかし地力のあるパフォーマンスで秋華賞への出走権を獲得し最後の一冠へ臨むを繋いだ。スタートさえ決めれば良い勝負が期待出来そうだが、果たして。
 

キレ味鋭い動きで好調をアピール

 
最終追いはラスト重点で良い動きだったサラキア

最終追いはラスト重点で良い動きだったサラキア

via google imghp
 
シルクホースクラブから打倒アーモンドアイの有力候補が出現。古馬と初対戦だった小倉の青島特別では、一切を寄せ付けない走りでレコードV。絶対的な格の違いを見せ付け、さすがに血統馬のポテンシャルを示した1戦だった。元より、新馬戦を勝ち上がった段階で桜花賞まで視野に入っていた同馬。ようやく体に芯が入り、パフォーマンスが伴って来たのだろう。その春に悔しい想いをした分、秋の前哨戦では有力馬たちを相手に大いにその高い能力を奮ってもらいたい。
 

相変わらずのゲート難も何のその

 

2018年08月05日 青島特別 芝1700m 小倉競馬場

1着:サラキア 牝3 (北村友一)
2着:アバルラータ 牝4 (M.デムーロ)
3着:ムーンザムーン 牝4 (松山弘平)

レースタイム:1:39.5R(良)
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
お決まりの出遅れで最後方からの競馬となったサラキア。それでも自信があったのか鞍上の北村友一騎手も促さずじっくりと構えてレースを運んだ。さすがに向正面から外々を回って好位へ上がって行ったが、これも無理にでは無く手応えの違いでという押し上げ方だった。結果、直線に入っても前を並ぶ間もなく突き放し最後は抑えながらも2着に3馬身半差の勝利。芝1700mのレコードタイムで秋のトライアルへ良い形の試走となった。
 

400m延びる事でロスが帳消し

 
追い切りで絶好の動きを披露したサラキア

追い切りで絶好の動きを披露したサラキア

via google imghp
 
間違いなく素材はトップクラスの見立てで良いサラキア。気性的なものか、スタートの扱いが難しく出遅れは想定内として考えておいた方が良いだろう。短距離では取り返しが付かないが、中長距離線となればまだそのロスを挽回出来る時間はある。3戦目となる池添謙一騎手もある程度は手の内に入れている筈、仮にスタートが上手く出さえすれば勝機は目の前。後は直線で末脚を伸ばすだけ、そうなれば2着以上の可能性は大いに上がると考えたい。レース前では上位人気の想定だ。
 

スタートで2~3馬身のロス

 

2018年03月03日 チューリップ賞 芝1600m 阪神競馬場

1着:ラッキーライラック 牝3 (石橋脩)
2着:マウレア 牝3 (武豊)
3着:リリーノーブル 牝3 (川田将雅)

レースタイム:1:33.4(良)
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.3
 
不安的中の出遅れで発馬から手痛いビハインド。大外という事もあり余計にロスを食らってしまい前半は集団に取り付く事で精一杯だった。しかし持ち前の高いポテンシャルを発揮して4コーナーでは中団の良い位置まで上がるサラキア。そこから前3頭を捉える事は出来なかったが、4着争いは地力で制して3強以外では最上位入線を果たす。本来なら3着内に入り桜花賞へのチケットを手にしたかったが、これが今のベストなパフォーマンスだろう。能力は高く今後の成長に注目したい。
 

叩いた上積み大、調教も抜群

 
軽快なフットワークで稽古を消化するサラキア

軽快なフットワークで稽古を消化するサラキア

via google imghp
 
新馬戦時よりも更に素軽く、動きにメリハリが出て来たサラキア。追い切りに跨った池添騎手も納得の表情を浮かべる。『後は出遅れだけですね』と、唯一のネックを不安視はしていたがそれでも目の奥は闘志に満ち溢れていた様子だ。メンバーが揃った今回も、チューリップ賞に関しては昨年のミスパンテールの様に素質だけでいきなりの好走も見せるだけにキャリアの部分は目をつむって良いレース。ラッキーライラックやリリーノーブルなどの強敵を相手にどんな競馬を見せるか大いに注目したい。
 

出遅れるも巻き返し楽々と抜け出す

 

2018年1月21日 3歳新馬 芝1600m 中京競馬場

1着:サロニカ 牝3 (池添謙一)
2着:ナリタハーデス 牡3 (松山弘平)
3着:フライハイト 牝3 (川須栄彦)

レースタイム:1:37.2(良)
レース上がり3ハロン:35.2
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
発馬で立ち遅れたサラキア。しかしその後の行き脚が速く、すぐにロスを取り返す好センスの走り。そこから内目をジワジワと上がり先行勢の直後に付け追走。直線コースに入るとサッと前をかわして単独先頭に立ち、追い上げるナリタハーデスらの追撃を楽々と振り切って新馬戦を完勝した。鞍上の池添謙一騎手もレース後に納得した表情でコメントしている様に、先ずは初戦で期待通りの内容となった。
 

姉サロニカの雪辱を晴らしに桜花賞を目指す

 
サロニカの妹として期待されるサラキア

サロニカの妹として期待されるサラキア

via google imghp
 
昨年の桜花賞で出走登録されたものの取り消しになってしまったサロニカの妹として、早くから注目を集めていたディープ産駒のサラキア。ゲート試験に何度か落ち遅れを取ったが、ようやくデビュー戦に辿り着いた。ゲート難はあるものの、練習では速い時計を何度も叩き出しており、その素質は確かなもの。姉サロニカの雪辱を晴らすため、桜花賞を目指す。鞍上は池添騎手。
 

サラキア

 
サラキア(サロミナ2015)

サラキア(サロミナ2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サロミナ
母父:Lomitas
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:6戦2勝(2-2-0-2)
主な戦績:ローズステークス2着など
via google imghp
 
見るからにディープインパクト産駒の牝馬といった体つき。柔らかい筋肉に丸みのある均整の取れたシルエット。フットワークにブレが無さそうで瞬発力タイプの1頭だろう。姉のサロニカがいきなりオープン勝ちをしてクラシック戦線に名を連ねた事からも、体質などが強化される2番仔の同馬は更に期待が出来る。血統的にも距離はマイル前後が適正か。馬体重は春の取材時点で458kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
サロミナ Lomitas Niniski Nijinsky
Virginia Hills
La Colorada Surumu
La Dorada
Saldentigerin タイガーヒル デインヒル
The Filly
Salde Alkalde
Saite


 

兄弟馬

 
サロニカ

サロニカ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サロミナ
母父:Lomitas
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:11戦2勝(2-1-1-7)
主な戦績:エルフィンステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
姉がPOG期間で結果を出しているので当馬にも期待しても良さそうだがまだ1頭しか実績がないので不確定要素が多い。ファミリーには日本実績馬がいないので強調材料は特にない。
 

馬名の意味

 

ローマ神話の海水の女神

 
母名、姉名の響きから命名。これが走って来れば晴れて『サロミナ一族』繁栄の狼煙が上がる事になるが…さて、2頭目のオープン馬を出す事は出来るか注目である。

関連記事

関連タグ

著者