サトノルークス

 
サトノルークス(リッスン2016)

サトノルークス(リッスン2016)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
ローズステークス勝ち馬タッチングスピーチ、ムーヴザワールドを上に持つサトノルークス。2017年のセレクトセールでは2億7000万円もの高値で取り引きされた話題の馬で、里見氏も相当な期待を掛けていると言う。実際、見栄えのする馬体とオーラはやはり一流の血統馬のそれ。事実、同配合から重賞勝ち馬が出ているという点でこの馬にも同等の活躍を見込みたい所だが、如何せん大物気質とは裏腹に大成しない一族でもある。オーナーの勝負運がそこを払拭出来れば面白い。馬体重は春の段階で455kg。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
リッスン Sadler's Wells Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Brigid Irish River Riverman
Irish Star
Luv Luvin' Raise a Native
Ringing Bells


 

兄弟馬

 
タッチングスピーチ(リッスン2012)

タッチングスピーチ(リッスン2012)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:18戦3勝 (3-1-2-12)
主な戦績:ローズステークスなど
via google imghp
 
ムーヴザワールド(リッスン2014)

ムーヴザワールド(リッスン2014)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦3勝(3-0-2-2)
主な戦績:琵琶湖特別など
via google imghp
 

近親馬

 
Henrythenavigater(Sequoya2005)

Henrythenavigater(Sequoya2005)

牡馬

父馬:Kingmambo
母馬:Sequoya
母父:Sadler's Wells
所属:Aidan Patrick O'Brien厩舎(愛)
生産:Westrn Bloodstock(米)
馬主:Mrs.John Magnier

通算成績:11戦6勝 (6-3-1-1)
主な戦績:英、愛2000ギニー、St.ジェームズパレスステークス、サセックスステークスなど
via google imghp
 
Dolphin Street(Or Vision1990)

Dolphin Street(Or Vision1990)

牡馬

父馬:Bluebird
母馬:Or Vision
母父:Irish River
所属:John E.Hammond厩舎(英)
生産:Stavros Spyros Niarchos(仏)
馬主:Stavros Spyros Niarchos

通算成績:12戦5勝 (5-1-4-2)
主な戦績:フォレ賞など
via google imghp
 

血統評価:2.6pt

 
一族にG1馬多数で多岐にわたって繁栄しているがマイル実績馬がほとんど。その中で、母父サドラーズウェルズだが日本の中長距離で結果を出している母は少し異色かもしれない。兄弟は好馬体の馬が多くずっとディープインパクトを付け続けているあたり期待の証だろう。今一歩の産駒が多いがここで悲願のG1制覇となればよいが期待は出来るが安定感としてはやや弱い。
 

前評判

 
育成を担当したスタッフは『少し体が弱い部分もあるので強めの稽古をビシビシ出来る訳では無いですが、それでもディープインパクトらしい素軽い走りを見せていますね。勿論乗り味は抜群です。距離は上同様に長めでこその馬だと思います』とコメントしている。少し時間は掛かるかも知れないが、長期的視野で考えれば走って来るだろう。春のクラシックに間に合うかどうかは疑問。
 

馬名の意味

 

冠名+光(ラテン語)

 
もはや、サトノの冠名馬は何を付けてもそのブランド力で走りそうな気がしてならない。

関連記事

関連タグ

著者